【2021年初心者におすすめの液タブ】安い価格で買えるBEST5

初心者へおすすめの液タブBEST5機種2021年版をご紹介。液晶サイズで三つ分けて初心者におすすめのものを厳選。ワコム以外の液タブメーカー、HUION,XP-PEN,GAOMONの最新機種情報も更新中。

液タブ(液晶ペンタブレット)と板タブの違い

液タブとペンタブの違い

液タブ(液晶ペンタブレット)とは付属のペンで直接画面に書き込めるディスプレイ。上部画像左側が液タブだ。それに対して画像右側の板タブ(ペンタブ)とは手元のペンタブレットに描いたものがパソコンに反映されるタイプのもの。どちらも主にデジタルペイントを効率よく進めるために使用されるガジェットだ。

よくあるスタイラスペンとの違いは筆圧感知。ペンを強く押し付けると線が太く、弱く押し付ける線が細く描画される。読み取れる段階を数値で表したのが筆圧レベルだ。昨年までの最高スペックは筆圧2048レベルだったが、現在は8192レベルにまで進歩している。

intuos review

液タブのメリットは実際にアナログで書いている姿勢でデジタルペイントができる点だ。そしてパソコン内のペイントソフトと液タブですべてそろうのでトータルで考えると安い。アナログペイントで必要になる画材やペンの買い足しが不要なのでランニングコストが安いのが理由だ。

ということでこれからデジタルペイントを始めたいという初心者の方にも液タブがおすすめ。ここ数年価格が安いものでも十分使用できる優秀な製品が増えている。

初心者の液タブの選び方ガイド

液タブのおすすめのサイズ

XP-PEN Artist15.6 Pro サイズ

液タブを選ぶときにまず悩むのが液晶サイズ。今の液タブの主なサイズラインナップがこちら。

  • 11.6インチ
  • 13.3インチ
  • 15.6インチ
  • 22インチ
  • 24インチ

ちなみに自分はすべて使ったことがあるが、まず22インチは想像よりデカい。「大は小を兼ねる」とも言えるがそれでもデカい。腕を使って大きなキャンパスで描画したい方にはおすすめ。ただ趣味でアニメやイラストを描きたいという方であれば正直デカすぎる。

残るは13インチと16インチだが、もし用途が漫画なら16インチがおすすめ。キャラクタの絵を描くときは基本的に縦長になるので、13インチでは少し手狭に感じるユーザーが多いからだ。11インチは価格が安いというのが大きなメリット。自分が普段描いている姿勢を考えてみて、手首を使って小さく描くスタイルであれば問題なく使えるサイズ感だ。

描画性能の判断材料|筆圧レベル・傾き検知

液タブでイラストに直結するのが描画性能。付属ペンの良し悪しの判断材料は主に二つ。

  • 筆圧レベル

現時点での最高筆圧レベルは8192レベルだ。そもそも筆圧レベルとは、筆圧を感知できる感度の高さを表していて数値が大きければ大きいほど細かな筆圧強度を読み取ってくれる。今回紹介する中でWacom One13が4096レベルだがそれでも十分な書き味。

  • 傾き検知の有無

傾き検知はペンを傾けた角度を読み取る機能。ペン先と実際の描画位置の追従性能が向上する。これまではワコム製品のみだったが、ここ数年で中が液タブにもこの機能が搭載され始めている。

 

では2021年おすすめの液タブをご紹介していく。

【2021年版】初心者の方へおすすめの液タブランキング

おすすめ 液タブ

おすすめする基準はいろいろあるけど、サイズ別でおすすめを紹介する。

  • 小型(11-13インチ)
  • 中型(16インチ)
  • 大型(22インチ以上)

価格は3、4万円程度のもので上限は10万円。もし予算にもっと余裕があるならワコムCintiq Proシリーズを激しくおすすめする。初めての液タブで手軽な価格で初めて見たい方はこちらをご覧あれ!

【小型液タブ】(11-13インチ)初心者におすすめ

小型液タブの特徴はコスパの良さ。一番おすすめなのが、HUION Kamvas12だ。価格も紹介する中では一番安いけれど、ディスプレイとペンは最高スペックで描き味も保証されている。

HUION KAMVAS 12

HUION Kamvas 12 レビュー 描き心地

価格 23,499円
液晶サイズ 11.6インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧・反応速度 8192レベル・傾き検知あり
  • とにかく安い!紹介する中でも最安値の液タブ。セール中なら2万円を切る。
  • ペン描画能力は高スペック。安いけどペンのスペックは最高位。
  • フルラミネーションディスプレイ。視差が大幅に改善されてiPad並みに。

特徴はなんといっても安いこと。現在の価格が23,499円で購入でき、驚きのコスパの良さだ。初めての方に激しくおすすめしたい。

しかも付属ペンの筆圧感知などは最高スペック。安くてもしっかりと描ける液タブとなっている。初めてで予算が限られている。ちょっと液タブを試して見たい、という方におすすめしたい入門機。

当サイトでも実機レビュー記事で紹介しているのでご覧あれ。

 

XP-PEN Artist 12Pro

おすすめ液タブ 小型 XP-PEN

価格 29,800円
液晶サイズ 11.6インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧・反応速度 8192レベル・傾き検知あり
  • 沈み込みが少ない筆圧感知ペン。中国製液タブの木になるポイントを改善。
  • フルラミネートディスプレイ。ペン先と描画位置の視差を改善する技術搭載。
  • タッチホイール搭載。ファンクションキーにタッチホイールを搭載。

XP-PEN最新の液タブシリーズの一番小さいディスプレイ。フルラミネートディスプレイは液晶ガラスと液晶部分を直接貼り付ける技術で、ペン先と描画位置の視差を最小限にするためのもの。

ワコム以外の液タブでこのディスプレイを搭載しているものはほとんどない。視差やペン先の沈み込みなど気にあるポイントを全ておさえていておすすめ。

 

Wacom One 13

価格 46,750円
液晶サイズ 13.3インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧・反応速度 4096レベル・傾き検知あり
  • ワコム渾身の入門液タブ。ペンタブ業界30年を超す日本メーカーの技術に勝る安心感はない。
  • ワコムとは思えない価格。5万円以下でワコム製の液タブが買える日が来るとはだれも思わなかった衝撃。
  • 最高ではないが程よいスペック。筆圧など現時点での最高レベルではないが入門機としては十分すぎるレベル。

言わずと知れたワコムの最新タブレットWacom One13も外すことはできない。製品の作りの精巧さや安心感は他にはない魅力だ。万が一故障などがあった場合も日本メーカーのサポートを受けられるのもポイント。

筆圧感知は他HUIONやXP-PENよりも低く4096レベルだ。ただほんの数年前までディズニー等プロの漫画家の方が使っていたのは筆圧2048レベル。初心者であれば4096レベルあれば十分すぎるレベルだ。液晶解像度もフルHDと十分美しい。さらに液タブ初、Androidタブレットと接続しても使用できる。

間違いのない定番製品を購入したい!という方には迷わずおすすめできる液タブだ。ワコムストアはこちらから。ちなみに今ならワコムストアからの購入で無償保証期間を2年に延長できる。

【ワコム公式】Waom One13の販売サイトで詳細をチェック

 

XP-PEN Artist 13.3 Pro

価格 34,980円
液晶サイズ 13.3インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知なし
  • XP-PEN一押しの高コスパシリーズ。人気のラインナップで最新スペックの一台。
  • フルラミネートディスプレイ搭載。安いがペンの視差を改善。
  • 沈み込みの少ない筆圧ペン。ペンの沈み込みを抑えたバッテリーレスペン。

11.6インチと同じXP-PEN Artist Proシリーズの13.3インチ版。価格が5,000円ほど高くなったが液晶が13.3インチにアップしている。用途が漫画ではなくてイラスト単体で、手首で描くタイプであれば十分なサイズ

 

【中型の液タブ】(15.6インチ)高コスパがそろうおすすめサイズ

中型の15.6インチは価格が1、2万円上がっている。おすすめは少し高くなるけれどWacom Cintiq16。長く使うなら日本製の液タブがおすすめだ。コスパを優先するならHUION,XP-PENもおすすめ。

Wacom Cintiq16

wacom cintiq 16

価格 74,580円
液晶サイズ 15.6インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知あり
  • Wacom Pro Pen2付属。ワコムの最高の書き味を楽しめる液タブ。
  • 日本のサポートが受けられる。故障や使い方が分からないときに日本のサポートが受けられる。

今売れ筋の16インチサイズの液タブ。ワコムからももちろん販売されている。価格はXP-PENやHUIOよりも3,4万円高い。ただ最大の違いはWacom Pro Pen2の最高の書き味。描画能力だけで言うと他の30万円クラスのワコム製品と同じなので絶大な安心感がある

ワコムの安心のサポートが受けられるのも魅力の一つだ。安心安定の日本メーカーの16インチ液タブということでおすすめしたい。ワコム公式サイトで販売中。

【ワコム公式】Cintiq16の販売サイトで詳細をチェック

 

HUION Kamvas 16(2021)

HUION 液タブレビュー Kamvas16

価格 40,499円
液晶サイズ 15.6インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知なし
  • 新型ペンPW517搭載。沈み込みの深さが改善された最新ペンを搭載。安定した描き味を楽しめる。
  • フルラミネーション液晶搭載。安くても最新スペックの液晶で視差を極限まで少なく。

ワコムの約半額で購入できるハイコスパな液タブ。それでもワコムには搭載していないフルラミネーション液晶でペン先の視差を改善している。

当サイトで実機レビューも実施している。2021年版の最新スペックで1、2年前の中国製液タブを使っている方は買い替えを検討しても良いレベルでスペックアップしているおすすめの液タブだ。

 

XP-PEN Innovator 16

価格 59,990円
液晶サイズ 15.6インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知なし
  • XP-PEN最新液タブシリーズ。厚さ9mmの極薄デザイン、アルミ合金デザインが特徴的。
  • フルラミネート液晶搭載。ペン描画の視差を最小限に抑えるディスプレイ。
  • 2種類のタッチホイール。実際に回すタイプのホイールと、指でなぞるタッチタイプのタッチホイールの2種類を搭載。

XP-PEN InnovatorシリーズはXP-PEN液タブシリーズのいわばフラッグシップ版。デザインとファンクションキー、そして薄い錐体が特徴。その部分価格がプラスされているので、デザインにもこだわって選びたい方におすすめ。

 

【大型液タブ(20インチ以上)】本格的にデジタルペイントを始めたい方におすすめの液タブ

20インチ以上の大型液タブで今おすすめなのはHUION Kamvas22 Plus。価格がワコムの半額という驚異のコスパ。ファンクションキーなどを省いているけれど、最新型のペンが搭載で描き味も十分だった。その他、解像度のこだわるならXP-PEN Artist Pro24がおすすめ。

HUION Kamvas 22 Plus

価格 59,999円
液晶サイズ 21.5インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知あり
  • コスパの良さ。22インチサイズながら価格が6万円とワコムの半額。これは安いです。
  • ペン先沈み込みを改善。HUIONの最新ペンPW517を搭載。沈み込みが大幅に少なく。

コスパの良さは圧巻。ワコムと比較すると半額だが描き味を左右する筆圧レベルや傾き検知機能などは全く同じスペック数値。さらにHUIONで気になると言われていたペン先の沈み込みを少なくしたペンPW517も付属している。

当サイトでも実機レビューとして投稿しているが、確かに沈み込みはほぼなし。これまでの製品からさらにレベルアップした描き味で人気の製品。

 

Wacom Cintiq 22

価格 121,000円
液晶サイズ 21.5インチ(解像度1920*1080)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知あり
  • 広々21.5インチ液晶。場所をとるが広いキャンパスが欲しい方におすすめ。
  • Wacom Pro Pen 2付属。ワコムの最高位レベルのペンが付属。

これから紹介する3機種は液晶が大きめの22インチサイズのもの。その中でWacomブランドの安定した書き味を提供してくれるのがこのWacom Cintiq 22だ。付属ペンはワコムンの最高位の液タブのものと全く同じだ!

ただ価格が12万円ほどと少し高めな設定。本格的に液タブライフを始めたい。これまでワコムを使っていたので同じ書き味のものが欲しいというユーザーにおすすめ。ワコム公式サイトで販売中だ。

【ワコム公式】Cintiq22の販売サイトで詳細をチェック

 

XP-PEN Artist 24 Pro

安い おすすめ 液タブ 24インチ

価格 99,800円
液晶サイズ 23.8インチ(解像度2560*1440)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知あり
  • 液晶23.8インチ迫力の大画面。XP-PENの最大サイズ液晶を搭載。
  • 高解像度2560*1440はワコム以外では唯一の高スペック。
  • 24インチながら10万円以下のスペックの良さ。

実はXP-PEN Artist 24Proは他のワコム以外の液タブとは一線を画している。大画面、高解像度でディスプレイの美しさは最高レベル。それでも価格を約10万円におさえている。ちなみにワコムCintiq Pro24の値段は26万円。

 

【番外編】Wacom Cintiq Pro 16

cintiq pro gaikan

価格 157,090円
液晶サイズ 15.6インチ(解像度最大4K)
ペン筆圧 8192レベル・傾き検知あり
  • 最高スペックの描き味。筆圧8192レベルPropen2を搭載。従来の4倍の描き味を実現。
  • 解像度最大4K。使用パソコンスペックにもよるが解像度は最高で4K。この機種のみで可能な液晶だ。
  • ワコムブランドの安心感。液タブといえばワコム。世界中のプロの画家に選ばれる製品だ。

番外編で紹介すのがワコムのCintiq Proシリーズ。価格は紹介した機種と比較するとグッと上がるが世界最高品質の液タブを手に入れたいならCintiq Proを選ぶべきだ。プロの画家も選ぶ間違いなく最高品質の液タブ。解像度4Kディスプレイ搭載の液タブはワコムのみだ。

 

初心者におすすめ格安液タブ まとめ

以上おすすめの液タブをご紹介した。筆圧レベルはワコムCIntiqシリーズ以外はすべて8192レベルなので描き味の滑らかさや再現性の高さは折り紙付きだ。解像度もすべての製品がフルHD1920*1080ディスプレイ搭載。

それぞれの製品の違いは液晶サイズと、ファンクションキー、そして価格だ。液タブに対して特にこだわりがなくとにかく安い製品で試してみたい方は小さいサイズ群のものがおすすめだ。自分の用途に合った製品を選ぶ助けになれば幸いだ。

最後に一覧でご紹介。製品名はAmazonでの現在の価格を見るリンクとなっている。項目を押せば並び替えも可能なのでお気に入りを見つけていただければ幸い。

メーカー製品名画像価格(円)液晶
解像度色域筆圧
レベル
傾きSC KeyStand
ワコムWacom One 1342,90013.3
1920*1080NTSC72%4096±60××
ワコムCintiq 1674,58015.61920*1080NTSC72%
sRGB96%
8192±60××
ワコムCintiq 22Cintiq 22121,00021.91920*1080NTSC72%
sRGB96%
8192±60××
ワコムCintiq Pro 16184,80015.63840*2160Adobe R GB90%8192±60××
HUIONKamvas 22 Plus59,99921.51920*1080sRGB140%8192
(PW517)
±60×付属
HUIONKamvas Pro 1337,230 13.31920*1080sRGB120%8192
(PW507)
±604個+タッチ×
XP-PENArtist 1221,99811.61920*1080NTSC72%8192×6個+タッチ×
.
XP-PENArtist 15.632,98015.61920*1080NTSC75%8192×6個×
.
XP-PENArtist 12Pro29,80011.61920*1080NTSC72%8192±608個+リング付属
XP-PENArtist 13.3Pro34,98013.31920*1080NTSC88%8192±608個+リング付属
XP-PENArtist 24 Pro99,80023.82560*1440NTSC88%8192±602個+リング付属
XP-PENInnovator 1659,99015.61920*1080NTSC88%8192±608個+リング付属


関連記事

  1. HUION液タブ GT-156HD開封レビュー|ワコムの半額だが仕様数値は同等

  2. UGEE液タブ22インチ=5.3万円|15.6インチ=3.5万円!送料込【GEARBEST SALE…

  3. 【Parblo Mast13】2020年新型13.3インチ新型液タブのスペック・価格

  4. 中古の液タブを買う時の注意点は?価格の変動・最安値をグラフでチェック!

  5. HUION KAMVAS 22

    HUION液タブKamvas 22 実機レビュー|Kamvas 22Plusとの違いは?

  6. GT-191 外観全体

    【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レベル最新機種

  7. SurfaceStudioスペック・価格|日本での発売日決定!ワコムCintiq27とプロが比較

  8. 【HUION】2020/11/11に液タブKamvas 12とKamvas 16(2021)を発表・…

最新記事

  1. HUION MiniKeydial KD 100 Review HUION Mini Keydial KD100実機レビュー|ペンタブ専用の左手…
  2. HUION Kamvas Pro16 review HUION Kamvas Pro 16 Plus(4K) 実機レビュー|4Kの液…
  3. PCP M3 Pro 5G対応のミッドレンジスマホだけど1.7万円|とにかく安い…
  4. 絶対おすすめの安い液タブ|30台レビューしての結果は?【2021年版】
  5. Qbell アイリス 使い方 Qbell『アイリス』音声でショートカットを操れる!?お絵描き専用音声認識ソフト…
  6. Apple Pencil グリップ おすすめ Apple Pencil おすすめのグリップ決定版!お絵描きで使うなら絶対必要な…
  7. XP-PEN Deco Funとは XP-PENのペンタブ新シリーズDeco Funはどんな人におすすめ?

人気の記事 TOP10

  1. HUION Kamvas Pro16 review
  2. Qbell アイリス 使い方
  3. HUION MiniKeydial KD 100 Review
PAGE TOP