【Galaxy S9/S9Plus 価格情報更新】デュアル口径レンズ高性能カメラに期待

Galaxy S9/S9PlusがSamsungから発表された。価格情報を随時更新してご紹介する。Galaxy S9の最新スペックのポイントを2分でチェックできるようにまとめた。Galaxy S9を買うべき人と買うべきではない人を検証。デュアル口径レンズ高性能カメラにも期待だ。新しいカメラの機能についてもまとめてご紹介する。

Galaxy S9/S9Plus 価格情報更新中

Galaxy S9 desighn

Galaxy S9の価格情報を随時更新してご紹介する。MWC2018の新製品発表会「Unpacked 2018」で発表されたが現在の価格情報がこちら。

残念ながら日本での発売日、価格についてはいまだ未発表だがユーロでの定価は発表されている。

  • Galaxy S9 (SIMフリー版):849ユーロ(約11万1,520円)
  • Galaxy S9Plus(SIMフリー版):949ユーロ(約12万4,655円)

iPhone Xと同様軽く10万円オーバーだ。最近のハイエンドモデルスマホは10万円オーバーでも驚かなくなった。がやはり高い。ただキャリアを通して購入するSIMフリー版ではないモデルは多少安くなるはずだ。今後も情報が更新され次第アップデートしていく予定だ。

Galaxy S9/S9Plus注目のスペック カメラ機能

Galaxy S9 haimencamera

Galaxy S9/S9Plusの一押しポイントはカメラ機能だ。メーカーホームページでも一番上で紹介されている。性能を見てもiPhone Xにはない機能がてんこ盛りで期待できそうだ。

デュアル口径レンズ|人間の目のように適応する革新的なカメラ

とメーカーホームページで紹介されている。背面カメラはデュアルレンズ。更にデュアル口径レンズとなっている。デュアル口径レンズとはF値が1.5と2.4の二種類に切り替えられる機能。撮影場所の光量に合わせて移動的に最も適したF値のレンズに切り替えられる。

Galaxy S9 camera

このように暗い場面では左側画像のようにF値1.5口径モードに切り替わり、より光を集めた明るく鮮明な写真撮影ができる。明るい場面では右側画面のようにF値2.4に切り替わりシャープな写真を撮影できる。

常に持ち歩くスマホは日常のふとした瞬間にさっと取り出して撮影することが目的。どんな明るさでも美しい写真を撮影できるのは多くのユーザーが求めていたポイントのはずだ。

スーパースローモーション動画撮影機能

Galaxy S9 camera Slaw

超加速センサーを搭載しており1秒間に960フレームでの撮影が可能。これまでのカメラでは考えられないレベルの動画撮影を楽しめそうだ。更にスローモーション撮影した写真をロック画面に設定したり、切り取ってループ再生したりと超加速センサーを活かすための機能も搭載している。実際使用するかどうかといわれると微妙だがとにかくカメラ性能が向上している。

光学手ぶれ補機能搭載

光学手ぶれ補正も搭載されているので揺れのひどい場所でも美しい撮影が可能。スマホでの撮影はなかなかホールドしにくいのでうれしい機能だ。

このようにGalaxy S9のカメラ性能の高さは他スマホと比較しても随一の高さ。もはや高性能コンパクトデジタルカメラよりも高い撮影性能と処理性能を備えている。前機種のGalaxy S8のカメラ機能の評価も非常に高かった。iPhone Xもカメラ性能に力を入れていたがGalaxy S9/S9Plusも負けてないぞ!

充実したロック解除方法|顔認証 + 虹彩認証 + α

Galaxy S9 kao

Galaxy S9/S9Plusには顔認証と虹彩認証両方が備わっている。iPhone Xは顔認証のみだったのでマスクをつけると認証されない!といった弊害が出ていた。この点Galaxy S9は虹彩認証も搭載されているので安心だ。マスクで顔の大半が隠れても大丈夫。

他にも指紋認証もついている。一度に顔認証一本に絞ったAppleと比較すると合理的でユーザービリティが高い。

AR絵文字スタンプがGalaxy S9/S9Plusにも搭載

iPhone Xの発表である意味一番印象に残っているAR絵文字スタンプ。うんちのキャラクターと自分の表情を同期させて送付できるぞ!と意気込んでプレゼンしていたが今どのくらいのユーザーが使っているのだろう。とは思いつつも一度はやってみたいなと思わせる機能だ。

Galaxy S9/S9Plusにももれなく同じような機能が搭載されている。iPhone Xと異なるのは自撮り写真をAR絵文字スタンプに変換してメッセージを送れるというもの。

Galaxy S9 emoji

自分に似たキャラクターを作り、そのキャラクターと表情を同期させてAR絵文字スタンプを送付できる。AR絵文字を使って話せば18個のスタンプが自動で作成されて様々な感情を表現できる。「言葉でいえないことも絵文字なら言える」というのがキャッチコピーだ。

この機能があるからGalaxy S9買おう!と思わせるものではないが今のトレンドであるAR技術をしっかりと抑えてきたのはさすが。

Galaxy S9とGalaxy S9Plusの違い

2シリーズの違いを簡単にまとめるとこうなる。

Galaxy S9 spec

Galaxy S9 Galaxy S9+
OS Android 8.0 Android 8.0
液晶サイズ 5.8インチ 6.2インチ
外形サイズ 147.7 x 68.7 x 8.5mm 158.1 x 73.m x 8.5mm
背面カメラ シングルカメラ デュアルカメラ
カメラ解像度 12メガピクセル 12メガピクセル
光学手ぶれ補正
フロントカメラ 8メガピクセル 8メガピクセル
CPU Snapdragon 845 Snapdragon 845
メモリ 4GB 6GB
保存容量 64/128/256GB 64/128/256GB
バッテリー 3,000mAh 3,500mAh

Galaxy S9/S9Plusは買い?

Galaxy S9/S9Plusのスペックの特徴をご紹介した。価格的にもスペック的にもAndroid OSで最高峰のスマホだ。特にカメラ機能はGalaxy S8に引き続き高いレベルを保っている。多くのユーザーがカメラ撮影機能はGalaxy S8の方が高いと感じているのも事実。

Galaxy OSスマホでがしがしカメラ撮影を楽しみたいという方にとってはこれ以上ないほど最高なスペックではないだろうか。

今回は取り上げていないがベゼルレスデザインの液晶の美しさにも期待だ。Galaxy S8から順当なスペックアップを図り満を持して発表されたGalaxy S9/S9Plus。多くのユーザーに選ばれることは間違いなさそうだ。

ソース:http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s9


関連記事

  1. 【ONE NETBOOK One Mix 実機レビュー】どこよりも早く実機触ってきての実感

  2. ZenPad Z8s 解像度

    【ZenPad Z8s】2KオクタコアLTE対応タブレット|日本での価格・発売日に期待

  3. raytrektab DG-D10IWP design

    【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレットが7万円!

  4. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2万円!コスパ良し

  5. SONYデジタルペーパー【DPT-RP1】読みやすさと書きやすさを追求した13.3型電子ペーパー

  6. お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 by Amazon

  7. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【MediaPad T5と比…

  8. huawei mediapad t3 8インチ 錐体

    【HUAWEI】ファーウェイMediaPad T3 8インチの発売日・価格情報|サクッと使えるエント…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  2. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  3. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  5. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  6. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  8. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  9. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  10. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…

人気の記事 TOP5

  1. 登録されている記事はございません。

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP