【初心者へおすすめ】安いペンタブランキング|実際に使ってみての評価【2020年版】

初心者がまず買うべきペンタブレット(ペンタブ)をランキングでご紹介。2020年販売中のペンタブの中でおすすめがこれ!イラストで定番のワコム、HUION、XP-PENの中から実際に使ってみて良かったものを厳選してご紹介する。スマホで使えるおすすめペンタブもご紹介!

ペンタブレットの選び方

ペンタブレット(ペンタブ)とは

ペンタブレットとは、パソコンと接続してマウスの代わりに操作するためのガジェット。液晶ペンタブレットと違って映像は映らないので手はペン、目線はパソコンの画面を見ながら操作する。マウスと違って普段紙に描いている姿勢で線が引けるので細かい作業が簡単にできるのがメリットだ。

intuos review

さらにペンに筆圧を感知する機能がある。弱く押し付けると細く、強く押し付けると太くなるので筆で描いているようにパソコンで描画ができる。デジタルペイントをしたいならペンタブは必須アイテムだ。

ペンタブはスマホでも使える?

HUION HS64 使い心地

今まではペンタブを使うためにはパソコンが必須だった。ただ今はスマホと接続して使えるペンタブも多く発売されている。(上部画像はAndroidタブレットと接続)といっても注意点がいくつかある。

  • Android端末のみでiPhone、iPadはダメ
  • 動作が早いかはスマホの能力次第

最大の注意点はApple製品はダメだということ。これはかなり残念。AppleとしてはApple Pencilを使ってくださいねということだろう。

そして動作のキビキビ度はスマホ側の処理性能にかかっている。高機能なイラストソフトは結構な処理性能が必要なので接続予定のスマホのスペックをチェックしてから選ぼう。ランキングの中にもスマホ対応可の情報も含めているので参考にしていただきたい。

 

【2020年版】初心者へおすすめのペンタブランキング

こちらでは特に初心者の方が安くペンタブを購入するための情報をまとめている。価格は1万円程度のもののみとした。自分の用途に合ったペンタブを見つけられれば幸いだ。価格にこだわらずプロ向けのものが良いという方はワコムのIntuos Proがおすすめ。この製品についてはページ最後に簡単に説明している。

第1位:ワコム Intuos Small ベーシック

wacom intuos basic

ワコムIntuos Drawおすすめの理由

価格 9,180円
読取可能サイズ 152×95mm
筆圧レベル 4096レベル
スマホ対応 対応
  • 最大手メーカーワコムの安心感。ワコムはペンタブメーカ―の中で定番ともいえる最大手。メーカーとしての歴史、評判など安定感がある。
  • 筆圧4096レベルとスペックアップ。前期種よりも筆圧感知が上がりより描き味が滑らかに。
  • Intuosシリーズの中では最も安い。Intuosシリーズは付属するソフトによって値段が異なる。Intuos DrawはArtRage Liteが付属している。

Amazonや楽天で購入しても保証はワコムストア購入と同じ1年間無償保証だ。値段は割高感があるが安定の大手メーカー品が良い方にはこちらIntuosがおすすめ。もちろん専用のペン、替え芯などもAmazonで販売中だ。ワコムストアではメーカー1年保証が付属される。

➡️【ワコム公式ストア】Intuosの価格を見る!

第2位:XP-PEN Deco02

Deco02 レビュー

XP-PEN Deco02おすすめの理由

価格 8,999円
読取可能サイズ 254×143mm
筆圧レベル 8192レベル
スマホ対応 非対応
  • XP-PENペンタブの完成形。現時点で販売されているXP-PENの中で一番の完成度。スペック、デザイン全てで。
  • ペン性能がいい。ワコム以外で筆圧8192レベル、消しゴム機能搭載のペン付属はこの機種だけ。

パット見てわかるデザインもそうだが、現時点でXP-PENが一番力を入れて発売されたペンタブ。リングホイールのデザイン、使い心地も良いし、ペンの筆圧感知、書き味もグッド。販売時はTwitter出刃ずるほど話題になった製品。実際使ってみたけど非常にいいです。

現在の最安値はこちらからご覧いただける。

第3位:HUION HS610

HUION HS610 梱包内容

HUIONペンタブHS610 おすすめの理由

価格 8,000円前後
読取可能サイズ 25.4*15.8mm
筆圧 8192レベル
スマホ対応 対応
  • 高い描画能力。ワコムと比べると値段は同じで筆圧は2倍。反応速度や読取精度の仕様数値も非常に高い。
  • サイズが大きい。紹介する中では最大サイズで広くキャンパスを使いたい方におすすめ。
  • 1年間保証。海外メーカーだが日本に代理店があり、日本語での保証を受けられる。

こちら実際に使ってみたが、この価格帯で、この書き味には正直驚いた。HUIONの製品はペンの沈み込みが気になるとの評価が多いが初めて使う方であれば少し使えば対応できるレベル。何よりも筆圧レベル8192レベルに対応。現時点でワコム以外でこのレベルに達しているのはこのHUIONの機種のみ。

実際に使ってのサイズ感がこちら。余裕のある大きさ。1万円程度で大きめのサイズのペンタブが欲しい方はこちらHUION HS610がおすすめ。

実際に使ってのレビュー記事、Amazonの最安値はこちらから。

第4位:HUION H950P

HUION ペンタブ H950P

HUION H950P おすすめの理由

値段 6,000円
読取可能サイズ 221×138mm
筆圧レベル 8192レベル
スマホ対応 対応
  • 最高の筆圧レベル。現時点で最高の筆圧8192レベルの確かな描き味。
  • 程よいサイズ感。1位のSでは小さすぎ、3位のLサイズでは大きすぎると感じる方におすすめ。
  • 電池レスペン。2位の製品との違いはペン。電池レスで充電不要の最新モデルを搭載している。

こちらは第3位と同じHUIONの製品。筆圧レベル等は同じなので描き味は同じだが異なるのはサイズ。一番汎用性の高いMサイズだ。実際に使用してのサイズ感がこちら。
HUION H950P 設置

実際に使用してみてのレビューと現在の最安値はこちらからご覧いただける。

 

第5位:XP-PEN Deco01

xppen deco01

価格 5,999円
読取可能サイズ 254×15.8mm
筆圧レベル 8192レベル
スマホ対応 非対応
  • 人気No.1モデルの安心感。Amazon販売のペンタブの中で人気No.1を取得している人気機種。
  • 筆圧8192レベルの最高位スペック。現時点でのペンタブ筆圧機能の最高位スペックを収めている良機。
  • すべてのユーザーに愛される程よいサイズ感。ノートパソコンでもデスクトップパソコンにも対応できる程よいサイズ感でユーザビリティの高い仕様は大きな魅力。

Amazonでベストセラー第1位に選ばれていた売れ筋のペンタブ。5,999円ながら筆圧8192レベルバッテリーレスペン搭載薄さ8mmの本体サイズで多くのユーザーから高い評価を得ている。現在Amazon136件のレビューで星4.5という満足度は安心の指標となる。

いろいろと比較するのが面倒だけどとにかく安く、大勢のユーザーに選ばれている人気機種を探している方におすすめしたい製品だ。

 

プロ向け最高スペックペンタブ|ワコムIntuos Pro

Intuos Pro 梱包物

現時点で最高スペック、最高の描き味を実現しておりプロも実際に使用している機種がワコムから販売されているIntuos Proだ。こちらの製品は今年に入ってから販売された最新モデルだ。仕様数値がこちら。

Intuos Pro おすすめの理由

価格 42,000円
読取可能サイズ 224 x 148 mm
筆圧レベル 8192レベル
  • 最大手メーカーワコムの安心感。ワコムから販売されている現時点で最高スペックのペンタブレット。こだわって選ぶなら手に入れておきたい機種だ。。
  • 筆圧8192レベル。筆圧レベルも現行機種で最高レベル。今機種から一気に4倍の8192レベル対応となった。
  • 最高機種ならではの上質な描き心地。仕様数値では表せない部分になるが実際にペン先を板につけた瞬間の描き心地が非常に上質。プラスチック同士が当たったカチカチという感触ではなく、より紙に直接描いた感覚に近づいている。

 

簡単にご説明したが詳しい使い心地やセットアップ方法についてはレビュー記事をご覧あれ。

こだわって最高品質のものが欲しいという方であれば選択肢は実質こちらのみとなる。ライバル機種がないのは残念ではあるがそれだけ製品品質として抜きんでているということだ。現在のAmazonでの価格はこちらからご覧いただける。ワコムストアでも販売中。1年のメーカー保証付きだ。

➡️【ワコム公式ストア】Intuos Proの価格を見る!

以上を確認して選べば自分にあったペンタブを選べるはずだ。快適なデジタルペイントライフを!


関連記事

  1. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  2. IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

  3. 初心者におすすめのペンタブレットのサイズ

  4. デジタルイラスト完全ガイド|初心者が始めるまでの3ステップ詳しく紹介

  5. Windows10対応のワコムペンタブレット一覧

  6. 【#GratefulForTheHeroes絵】全国の絵師が感謝を伝える活動に参加中

  7. 【ワコムペンタブのサイズ】SとMどちらがおすすめ?両方1年使ってみての感想

  8. 液タブとは|ペンタブとどっちが良い?迷っている方に見て欲しい情報

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. お絵かきタブレットPC|2020年におすすめしたい厳選6機種
  2. Live2Dの無料版と有料版の違い|Live2Dは初心者におすすめ?に答えるペー…
  3. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色…
  4. 【比較】Surface Go 2とiPad miniはどっちが買い?二台持ちのメ…
  5. AirPods Studio(Appleヘッドホン)の発売日・価格最新情報
  6. 【2020年版】iPhone対応スマートリングのおすすめベスト4|Suicaも使…
  7. Lenovo Yoga Smart Tab レビュー評価をまとめて大人気の理由を…
  8. おすすめヘッドセット2020年版|最高のノイズキャンセリングで会議を快適に!
  9. Chuwi Aerobook CHUWI AeroBook 30%OFF!HUAWEI,LENOVOタブレット…
  10. 【悲報?朗報?】MacBookProの充電を左側USB-Cですると右側の場合より…

人気の記事 TOP5

PAGE TOP