YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

YOGA BOOK with Windowsの実際の使用感はどうか。レビューの情報がそろってきたのでまとめてご紹介する。YOGA BOOKの現在の価格、仕様を見て買いかどうかも検証。おすすめのケース情報も。

YOGA BOOK with Windows by LENOVO

lenovo yoga book外観

YOGA BOOK with WindowsはLENOVOから販売された2in1タブレット。WindowsOSのタブレットだがペン入力、ライトアップキーボード、ペンタブレットとしての使用と盛りだくさんな機能だが、価格は5万円程度と抑えられており発売開始から注目を集めていた。

現在の価格情報がこちらだ。

YOGA BOOK with Windowsの特徴

ペンタブレット機能付属

lenovo yoga book

本体にペンが付属されている。ペンの仕様がこちら。

筆圧 2048レベル
長さ 145mm
太さ 10.5mm

筆圧が2048レベルとかなりのレベルの高さだ。入力感知は100度から可能。さらに電池搭載タイプではない。使用しない時はBOOK PADと呼ばれるノートにマグネットで装着できる。

ペン入力内容をYOGA BOOKへ保存

lenovo yoga bookペンタブ

本体画面ではない側に付属のBOOK PADを置き専用のペンで文字を描けばその線を画像ファイルとしてYOGA BOOKへ保存できる。ワコムのIntuos Pro PaperEditionと同じ要領だ。実際にペンで描けるわけなので描きごこちは非常に良いはずだ。

Windowsタブレットとして使用

lenovo yoga book折り畳み

基本にはなるがWindowsタブレットとしてももちろん使用可能。ExcelやPower Pointを使ったプレゼンテーションなどタブレットの形態を変えて用いることができる。ヒンジは360度開くので用途に合わせて一番使いやすい形態で使用できるのもポイントだ。

lenovo yoga bookスタイル

ノートパソコンのように立てたり、タブレットにスタンドを使っているように立てたりと形態はさまざまだ。180度フラットにできるのはYOGA BOOKならではだろう。

コストパフォーマンスの良さ

記事冒頭でも伝えているが価格が5万円程度に抑えられているのも大きな特徴といえるだろう。Windowsタブレットとしても価格はかなりやすめの5万円程度だ。この価格で様々な用途が抑えられるのはうれしい。

YOGA BOOKレビューでみる使用感

ペンタブとしての実力

ペンタブとしても利用できるが実際に使用感はどうだろうか。

実際にYOGA BOOKで書いているようだが使用感はなかなか快適な様子。もちろんサイズ的に本格的なデジタルペイントが用途ではなさそうだが、スケッチや簡単なデザインなどには十分使用できそうだ。

本体寸法がこちら。

本体寸法 (W×D×H)mm  閉合状態の寸法: 約 256.6×170.8×9.6mm
ディスプレイ部の厚さ: 約 4.05mm
クリエイトパッド部の厚さ: 約 5.55 mm
重量 690g

ライトアップキーボードの機能

もう一つの見どころはライトアップキーボードだ。キーボードを打った感じがしないので使用感は全く異なりそうだ。ただユーザーの使用状況をフィードバックしてより使いやすい配置に進歩していく模様。

これはよさそうだ。ただ外出先の太陽光などの環境下では難しいとの声もある。

正直外でキーボードを打つ機会もそうそうないとは思うが。。。

YOGA BOOKは買いか

この多機能で5万円程度はかなりコスパが良いのは事実だ。この一台でネットでサーフィン、簡単な文章作成、授業あるいは会議の手書きノート、簡単なデザインスケッチ、動画鑑賞と用途はかなりありそうだ。ガジェット好きにはたまらない要素だ。

ただネックはPCとしてのスペックの弱さ

プロセッサー 名称 インテル® Atom™ x5-Z8550 プロセッサー
動作周波数 1.44GHz(インテル® バースト・テクノロジー対応、バースト周波数:2.40GHz)
コア数 4
メインメモリー 容量 4GB
仕様 LPDDR3
フラッシュメモリー 64GB

メインメモリー、フラッシュメモリーと価格なりのスペックだ。ノートパソコンのような形態にはなるが複雑な作業は期待できない。あくまでモバイル端末として外出先でのちょっとした作業での使用におすすめだ。

本格的なデジタルンペイントをしたいと思っている方は他製品をお勧めする。YOGA BOOKに高スペックを要求するデジタルペイントソフトは負担が重すぎるからだ。モバイルとして使用したいならWacom MobileStudio Pro、持ち出す必要がないならCintiq Proなどがデジタルペイントに特化した液タブだ。

ただ外出先で広い用途で使えるモバイル端末をお探しの方にはおすすめ。ペンタブレット機能、ノートパソコン等独特の機能を備えているYOGA BOOK。これまでの作業で難しかったことが簡単に実現できそうな広範囲用途に対応するタブレットPCだ。

最後にオススメのカバーをいくつかご紹介。

YOGA BOOKでおすすめのカバー


関連記事

  1. Su-pen(スーペン)VS Bamboo Omniどっちが買い?徹底比較検証してみた

  2. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  3. osusumemonitors

    【2018年版おすすめモニタ】イラストに絶対おすすめの2機種|液晶ディスプレイの選び方紹介

  4. HUION LOGO

    【HUION KAMVAS GT-191】筆圧8192対応液タブ|注目スペックまとめて紹介

  5. 【XP-PEN左手デバイスレビューまとめ】ショートカットリモートキーの使い方

  6. Surface Pro 5の発売日・価格情報|スペックをSurface Pro4と比較

  7. 【ワコムCintiq27インチ】解像度と重さのレビュー|スタンドは一人で持てる?

  8. 【Parbloペンタブドライバダウンロード】セットアップ設定方法徹底紹介




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  2. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  3. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  4. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  5. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  6. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  7. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  9. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  10. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP