【Wacom Intuos Pro Paper Editionは買い?】使い方徹底調査|最新価格情報

Wacom Intuos Pro Paper Editionの使い方がメーカーページを何度見てもわからない方のための情報。Wacom Intuos Pro Paper Editionの使い方を徹底調査。どんな使い方になるのかをチェックして買いかどうかを徹底検証。最新価格情報もご紹介。

Wacom Intuos Pro Paper Editionの使い方

ワコムメーカーページではこういう説明になっている。

● Wacom Intuos Pro Paper Editionはアイデアスケッチから仕上げまで、作品の制作フロー全体に活用できます。

● PCに接続し、ペンタブレットとして。また、Wacom Intuos Pro Paper Editionだけでもペーパーモードとして製品単体で利用できます。

Wacom Intuos Pro Paper Editionでは、紙に描いたスケッチをレイヤー分けして保存することができ、ソフトウェアWacom Inkspace APP(64bitOS対応、32bitOSは今後対応予定)で ラスター形式またはベクター形式に変換、編集、エクスポートができます。

クリエイターが行いたい作業をWacom Intuos Pro Paper Editionひとつで行うことが可能です。

ポイントになるのは、ペーパーモードとして製品単体でアイデアスケッチができるということ。

わかるようでわからない説明だ。実際の利用シーンが動画で紹介されているのでその部分を切り取って見てみよう。

Wacom Intuos Pro Paper Edition実際の使用シーン:Andrew Rae氏の場合

ワコム公式のYoutubeチャンネルで実際の使用シーンが動画で説明されていたのでご紹介。

単体、コードレスで使用可能

intuos pro paper editionをソファーで使う

Wacom Intuos Pro Paper Editionは単体で利用できる。なのでソファーに座ってコードなしで使えるわけだ。サイズはMとLだがどちらも膝の上に置いて作業ができる。薄さは8mmと薄く重量もMサイズで700g。軽々持ち運べるサイズだ。

まずはintuos pro paper editionに紙をセット

intuos pro paper editionに紙をセット

本体上部にクリップがついているので紙をセットする。紙は専用のものである必要はない。紙の大きさはMediumサイズの場合はA5Largeサイズの場合はA4だ。

専用のペンで紙にスケッチ

本体の電源を入れて、専用のペンでそのままスケッチしていく。ペンは二種類あるが付属しているのはWacom Finetip Pen。ペンで紙に描くわけなので書き味はもちろん良い。ペンは二種類。ペン先0.4mmのゲルインクペン、ペン先1.0mmのボールペンだ。

intuos pro オプションボールペン

もともと付属しているのはゲルインクペン。オプション品としてボールペンタイプのものを購入できる。

intuos pro paper editionに描画

そして本体のボタンを押せばレイヤーが分けられてデジタル保存される。最大で200ページまで保存可能だ。ペンは電池レスなので充電を気にするのは本体のみ。本体の充電はUSBを通してされる。連続駆動時間は10時間なのでしっかり充電しておけばストレスなく一日利用できそうだ。

書いた後は本体をパソコンと接続

intuos pro paper editionを移動

書いた後はそのまま本体をパソコンまで持って行って接続すればデータが移行される。本体は薄く軽いのでバインダーを持っていくような感じだ。

Wacom Intuos Pro Paper Editionからクリップを外せば通常のIntuos Proペンタブレットとして利用できる

intuos pro paper editionをはずす

これは非常に面白い機能だ。Wacom Intuos Pro Paper Editionはただ単に単体でスケッチを保存できるだけではなく、パソコンと接続すればペンタブレットとして利用できるのだ。使い方は板についている紙を止めるためのクリップを外して、パソコンと接続するだけだ。

これまでワコムからInkLink、BambooPaperなど単純にスケッチした線データをパソコンへ移行できる製品が発売されていたが、その機能がIntuos Proに付属した形だ。

パソコンに線データを移行した後にペイントソフトで編集

intuos pro paper editionをパソコンと同期

移行した線データの大きさを変更したり、レイヤーを変えておけばレイヤーごとに場所を移動することもできる。全体のレイアウトも簡単に変更できるわけだ。

intuos pro paper editionで色付け

もちろんペイントソフト上で色付けも可能。

Wacom Intuos Pro Paper Edition単体で使用の場合は線データのみなので色付けはできない。だが線データをパソコンに移行した後にペンタブレットを使って色付けができるのだ。

Wacom Intuos Pro Paper Editionの使い方|まとめ

ワコムメーカーの説明を再び見てみよう。

● Wacom Intuos Pro Paper Editionはアイデアスケッチから仕上げまで、作品の制作フロー全体に活用できます。

上記の実際の利用シーンを見ればこの説明がよくわかる。つまり

  1. intuos pro paper edition単体で線画のスケッチ
  2. パソコンへそのデータを移動
  3. 同じintuos pro paper editionでペイントソフト内で色付けして仕上げ

という風に、この一台で作品を完成できるのだ。これはイイ!

こんな方に特におすすめだ

  • スケッチは実際にペンで手元で書きたい方

ペンタブはすぐに消去したり大きさを変えたりと便利。ただやっぱり実際にペンで書いたほうがイマジネーションがわきやすい。という方も多いはずだ。さらに描き味も実際に紙にペンで書くわけなので自然に取り組むことができる。

  • 外でスケッチを描くことが多い方

外でスケッチしてそれをもとに家で本格的に描画していく、というスタイルの方も多い。Wacom Intuos Pro Paper Editionは連続駆動時間が10時間可能なのでもちろん外へ持ち運んで作業も楽々とできる。スケッチを描いたものをパソコンへの移行がワンタッチでできるのは魅力的だ。

この用途でイラストをすることが多い方はこの製品は間違いなく「買い」だ。

これまでのイラストのスタイルを変えてくれる革新的な製品。さらに筆圧は現時点で最高レベルの8192レベルと申し分ない。これまでの発売周期で考えるとこれから数年間はデジタルペイントの最新スペックとして活躍してくれるだろう。

Wacom Intuos Pro Paper Editionの価格情報

Wacom Intuos Pro Paper Editionの価格

Wacom Intuos Pro Paper Edition Medium :48,384円

Wacom Intuos Pro Paper Edition Large     :59,184円

Amazonや楽天の最安価格はこちらからご覧いただける。ワコムストアより数千円安くなっている場合が多いので要チェックだ。保証もワコムストア購入時と同じだ。

Intuos Pro Paper Editionの仕様一覧表

最後に製品の仕様を見てみよう。チェックするべきなのは筆圧レベル、接続方法、連続駆動時間、付属品だ。

ペン機能|プロペン2

ペン入力 ペン Wacom Pro Pen 2
読取方式 電磁誘導方式
筆圧レベル 8192レベル
サイドスイッチ 2つ
傾き検出レベル ±60レベル
読取分解能 最高0.005mm
読取可能高さ Wacom Pro Pen 2:10mm
Wacom Finetip Pen:5mm
読取速度 最高200ポイント/秒
読取精度 ±0.25mm
読取可能範囲 224 x 148 mm
タッチ入力 読取方式 静電結合方式
マルチタッチ機能
マルチタッチ認識数 10点
マルチタッチ機能ON/OFFスイッチ

接続インターフェース

インターフェース 接続 USB 2.0
ワイヤレス接続*3 ● ペンタブレット接続・ペーパーモードコンピュータ接続:クラシックBluetooth

● ペーパーモードモバイルデバイス接続:Bluetooth 4.2以降

電源|連続駆動時間

電源 バッテリ搭載
電池 リチウムイオン電池
連続駆動時間 最大10時間
充電時間 高速充電:約2.5時間、通常充電:約5時間
電源電圧/消費電流 5V/500mA

付属品

構成 ● Wacom Intuos Pro 本体
● Wacom Pro Pen 2(消しゴム付き筆圧ペン)
● ペンスタンド(替え芯(標準芯6本、フェルト芯4本)付属)
Wacom Finetip Pen
● ペーパークリップ
● A5用紙10枚
● アクセサリーケース
● カラーリング
● Wacom Finetip Pen用替え芯3本
● オーバーレイシートサンプル
● USBケーブル(USB Type-C – USB)
● クイックスタートガイド
● レギュレーションシート
● 保証書
● オンラインマニュアル
● 重要な製品情報(IPI)

参照:ワコムストア(http://store.wacom.jp/detail/3270)

ちなみに上部写真はワコム公式Youtubeからの抜粋だ。他液タブの選び方ワコム最新液タブ情報はこちらから。


関連記事

  1. Wacom MobileStudio Proは買い?価格は?前製品と比較してみた

  2. Wacom MobileStudio Pro

    【パソコン不要で使える液タブ】おすすめ機種をプロが厳選紹介!

  3. ワコムCintiq Pro13,16インチ新型液タブは買い?【4K接続レビューのまとめ】

  4. 2017年ペンタブレット新製品大予想|Intuos Pro2出るか?!

  5. ペンタブ初心者に見てもらいたい基礎講座

  6. Cintiq ProとMobileStudio Proの違い|分かりにくいワコムのラインナップを一覧…

  7. ペンタブレットの選び方

    【初心者へおすすめ】安いペンタブランキング|実際に使ってみての評価【2018年版】

  8. GAOMON ペンタブ 箱

    【開封レビュー】GAOMONペンタブM106K|28個のショートカットキーが特徴




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  2. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  3. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  4. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  5. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  6. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  7. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  9. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  10. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP