GAOMON 21.5インチ液タブ PD2200 実機レビュー|広い色域とシンプルデザインが特徴

GAOMONの21.5インチ液タブ、PD2200を実機レビューでご紹介。人気の21.5インチ液タブの中でも広い色域が特徴のGAOMON PD2200。実際使ってみると美しいデザイン性にテンションが上がった。筆圧感知ペンの描き味、追従性能などを動画でもチェックする。

GAOMON PD2200 実機レビューで紹介

GAOMON

GAOMONから発売されている21.5インチ液タブ。特徴を簡単にまとめるとこうなる。

  • 液晶21.5インチ、解像度フルHD1920*1080
  • 色域92%NTSC
  • 筆圧8192レベルペン、傾き検知あり

ペンの描画性能は他HUIONXP-PENと同じスペック数値。現時点での液タブ業界で最高の数値となっている。

その中で特徴となっているのがディスプレイの色域。92%NTSCとはアメリカの国家テレビ標準化委員会の基準でAdobe RGBとほぼ同じ色域となっている。他XP-PEN Artist 22Proは82%RGB、HUION GT-221Proが72% NTSCなので同サイズ他メーカーよりも高い数値だ。

早速実機レビューで描き味やスペックをチェックしていこう。

GAOMON 液タブ PD2200 梱包箱

GAOMON 液タブ PD2200

しっかりした梱包で安心感がある。サイズは21.5インチだけあってかなりの存在感。ただ液タブ本体はシンプル驚くほど軽い。

GAOMON PD2200 ディスプレイ

他メーカーの液タブと比べてもデザインは一番シンプルで美しい。ファンクションキーがボタンタイプではなくタッチタイプなので変な出っ張りもなく、大きいタブレットという印象だ。

本体の裏側がこちら。

GAOMON PD2200 スタンド

裏側から横に伸びる形でインターフェイスが配置されている。HDMI、USB-A、電源ポートの三つだ。スタンドは15度から85度で調整可能。

GAOMON PD2200 付属ペン

GAOMON PD2200 ペン

GAOMON 液タブ PD2200 ペン

グリップ部分にサイドスイッチが2つ。ちなみにペン立てに替え芯が8本内蔵されている。

実際に持ってみてのサイズ感がこちら。

GAOMON 液タブ ペン

持ってみると、軽っ!という印象。これまでWacom、HUION、XP-PENなど使ってきたが、それらと比べるとGAOMON PD2200は細めの設計。ペン先の沈み込みは深め。沈み込みに関してはこの後の動画でも確認いただける。

GAOMON液タブPD2200の描き心地レビュー

GAOMON 液タブ PD2200 レビュー 描き味

実際に描いて描き心地をチェックしていこう。描画性能であるペン追従性能や筆圧感知は後ほどの動画で見ていただける。描いてみると描画性能の高さはスペック通りで素晴らしい。

GAOMON 液タブ ペン 書き味

液タブを選ぶときにポイントになるのがペン先と描画位置の視差。上部画像はかなり角度をつけて横から見た画像。それでも画面中央部分では視差はほぼゼロ。液晶の端まで行くとやはり視差が確認できた。数値で言うと1mmから2mm程度だ。

PD2200のファンクションキー

GAOMON ショートカットキー

ファンクションキーはボタンではなく、タッチタイプでフラットなディスプレイは大きな特徴。使ってみると画面端にデコボコがないので引っ掛かりがなくて良い感じ。そしてファンクションキーがありながらもベゼルを狭くできるのでデザインが美しい。

ただ実際に押した感触がないので、ボタンタイプよりも操作感は低くなる。上から何番目という形で位置を覚えているので操作スピードはやはり落ちてしまった。ということでデザイン重視なのでファンクションキーは必須!というユーザーにはおすすめできない。

PD2200 アンチグレア液晶

GAOMON 液タブ 液晶

液晶にはあらかじめアンチグレアのフィルムが貼り付けられている。ということで無駄な映り込みはゼロ。またアンチグレアフィルムによって摩擦係数が高めになるのでペンの滑りが程よく制御される。

実際に描いている様子の動画がこちら。

GAOMON PD2200レビュー動画

 

GAOMON PD2200 レビューまとめ

GAOMON 液タブ PD2200 レビュー

ということでGAOMONの21.5インチ液晶ペンタブレットをレビューでご紹介した。

美しい液晶と高い描画性能、そして価格4万円代で購入できるコスパの良さは最高だ。他メーカーと比べて差別化できるポイントがこちら。その他の筆圧など描画性能などは他メーカーと変わらない。

  • 色域92%NTSCの美しい液晶
  • タッチタイプのファンクションキーでの美しいデザイン

デスクにおいてテンションが上がるデザインというのは嬉しいポイント。しかも高い描画性能と21.5インチ液晶と価格4万円台というコスパの良さ、これは買い!と思える要素がたくさんだ。

ただファンクションキーはタッチタイプで美しくはあるが操作性はあまり良くないのでファンクションキー重視の方は他モデルがおすすめ。

現在のAmazonでの価格はこちらからご覧いただける。


関連記事

  1. XP-PEN24インチ液タブ(Artist 24Pro)が10万円切ってるぞ!スペック徹底検証

  2. GAOMON 液タブ

    【GAOMON 液タブPD1560徹底検証】3.8万円業界最安15.6型液タブの実力

  3. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

  4. Artist 22 second review

    XP-PEN Artist 22 セカンドのレビュー|安いのはアレが無いから

  5. XP-PEN Artist15.6 レビュー評価まとめ|星4つの理由をプロが検証

  6. 【開封レビューHUIONペンタブH640P】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパクトペンタブ

  7. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底検証

  8. SurfaceStudioスペック・価格|日本での発売日決定!ワコムCintiq27とプロが比較

最新記事

  1. HUION MiniKeydial KD 100 Review HUION Mini Keydial KD100実機レビュー|ペンタブ専用の左手…
  2. HUION Kamvas Pro16 review HUION Kamvas Pro 16 Plus(4K) 実機レビュー|4Kの液…
  3. PCP M3 Pro 5G対応のミッドレンジスマホだけど1.7万円|とにかく安い…
  4. 絶対おすすめの安い液タブ|30台レビューしての結果は?【2021年版】
  5. Qbell アイリス 使い方 Qbell『アイリス』音声でショートカットを操れる!?お絵描き専用音声認識ソフト…
  6. Apple Pencil グリップ おすすめ Apple Pencil おすすめのグリップ決定版!お絵描きで使うなら絶対必要な…
  7. XP-PEN Deco Funとは XP-PENのペンタブ新シリーズDeco Funはどんな人におすすめ?

人気の記事 TOP10

  1. HUION Kamvas Pro16 review
  2. Qbell アイリス 使い方
  3. HUION MiniKeydial KD 100 Review
PAGE TOP