【Artisul D13】液タブの実力・レビューをプロが検証|セットアップ方法は簡単か

液タブメーカ―AritsulのAritsul D13の仕様、レビューをプロが検証。メーカーとしての特徴、どんなユーザーに選ばれ、どんな評価なのかを徹底調査する。セットアップ方法も確認し初心者が簡単に始められるかも検証。初めて液タブを購入検討している方にお勧めの情報。

Artisul(アーティスル)とは

Artisulは台湾のデジタルペンタブレット企業。HPではスケッチパッドと表記されているペンタブレット、10.1型、13.3型の液晶ペンタブレットを販売してる。所謂中華系のペンタブレットメーカー。日本語のHPマニュアルメールによるサポートを備えていること。日本に代理店もあるのが特徴だ。

価格帯も他の中華系ペンタブレットメーカーと同様に非常に安いのが特徴。AmazonでのArtisul D13(13インチ液晶ペンタブレット)の価格がこちら。

現時点で6万円を切っている。ちなみに同価格帯、同サイズ13インチ、16インチ液タブで選ばれているのがこちら。おすすめ機種を3つに絞って紹介しているのでご覧あれ。

16インチ液タブで今話題のものがXP-PEN,GAOMONの液タブ。当サイトとしてもオススメしておりかなりの台数が販売されている人気機種だ。

ではArtisul D13の詳細スペックについてみてみよう。

Artisul D13液晶ペンタブレットの特徴

13.3インチ液晶 フルHD解像度ながらコンパクトなサイズ

Artisul D13 液晶

液晶サイズ 13.3インチ 293.76mm x 165.24mm
解像度 フルHD 1920*1080
液晶形式 IPS液晶
本体サイズ 幅389.0×奥行250.7×高さ14mm
本体重量 約1.1kg
表示可能色 1677万色

液晶サイズは持ち運べるサイズの液タブ13.3インチ。ワコムCitiq Pro13と同じサイズだ。解像度はフルHD、液晶形式IPS液晶と十分使えるレベルの液晶を備えている。そして本体の薄さが14mm、重さ1.1kgと非常にコンパクトに収まっている。

筆圧2048レベル ペン

筆圧レベル 2048レベル
方式 電磁誘導方式
サイドスイッチ 2個
読取精度 ±1.00mm
読取可能高さ 10mm

ペンは現時点でのスタンダードなレベル。筆圧レベル2048と他中華系液晶ペンタブレットと同様のレベルだ。

角度可変式スタンド付属

付属しているスタンドは非常に評判が良い。背面のスタンド部分を180度回転して角度可変となっている。他メーカーは似た造りになっているスタンドだが、Artisulのものは特徴的な設計でしっかりとしている。

接続ケーブル USB & HDMI

パソコンとの接続はUSB(3.0)とHDMI(Ver1.3)の二本。HDMIがない場合は変換ケーブルの準備が別途必要となる。液タブ側はMicro-USB,Mini-HDMIで接続する。本体側のMicro-USBには誤って接続が外れることを防ぐロックがついているタイプだ。

日本語マニュアル

海外メーカー製だが日本語のマニュアルをネットからDLできる。本体にもクイックスタートガイドが付属しているので安心だ。

Artisul D13セットアップ方法

本体のセットアップはシンプルで、上部画像で出ているケーブル2本をパソコンへ、そして電源供給の電源ケーブルをコンセントへ接続すればOKだ。

パソコンへはArtisulのホームページで提供されているドライバをインストールする。中華タブレットメーカーには珍しく(現時点ではこのArtisulのみ)日本語のページとなっているので初めての方でも戸惑うことなくセットアップできるだろう。

ただ、すでにパソコンに液タブ、ペンタブのドライバをインストールしている場合はそちらをあらかじめ削除してからのインストールがベターだ。液タブ系のドライバは他社のものと干渉する場合が非常に多い。

13インチ液タブD13レビューまとめ

残念ながら現時点でAmazonに寄せられているレビューは多くない。合計4件カスタマーレビューが寄せられており、★5つが3件、★4つが1件となっている。あまり多くないので参考程度にはなるがレビューによる評価は悪くない。

Twitterで寄せられている液晶表示に関するレビュー

こちらのレビューによると色相が全体的に黒が濃く映る印象とのこと。Aritsul本体に色相、明るさなどを調整する機能が付属していないので少し残念なポイント。ただサブモニターがあればそちらで確認し最終的に調整できる。この価格帯としてはIPS液晶を搭載している時点で合格点だろう。

Artisul D13は買いか

Amazonのレビューを見ても分かるように、主に始めて液タブを購入しようとするライトユーザーに多く選ばれている。もしこれから本格的にプロとしてやっていきたい!という方には正直お勧めできない。やはりワコムのCintiq Proを選ぶべきだろう。

ただ今回初めて液タブを購入してみる、趣味としてデジタルペイントを楽しみたいという方にとってはCintiqProはややオーバースペックだし、価格も10万円を超えるのでなかなか手が出ないだろう。そんな方にArtisul D13は6万を切る半額の価格ながら十分なレベルの筆圧美しいIPS液晶を搭載しているAritsul D13は非常にオススメだ。

日本語でのサポートマニュアルがそろっていることも初めて液タブを触る方にとってはうれしいポイント。初めての液タブデビューにぴったりのエントリーモデルだ。

Artisul D13の価格

現在のAmazon、楽天の最新価格がこちら。記事執筆時点では59,800円(31%OFF)。ただ価格の推移を見ていると値段がさらに下がる時期もあるようなのでチェックしてみることをお勧めする。

 

簡単に液タブメーカ―Artisulの13インチ液晶ペンタブレットD13をご紹介した。ワコム以外のペンタブメーカーもここ数年でかなり評価が高まっている。今後にも期待したい。他にもワコム以外で健闘しているのはHUIONやGAOMON,XP-PENだ。

 

16インチ液タブで今話題になっている。当サイトとしてもオススメしておりかなりの台数が販売されている人気機種なので、またご覧あれ。

 

 


関連記事

  1. 【開封レビューHUIONペンタブH640P】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパクトペンタブ

  2. ノングレア液晶

    液晶タブレットとは?

  3. ARTISUL D16

    【ARTISUL D16】15.6型液タブの実力をプロが検証|価格に注目

  4. XP-PEN Artist15.6 レビュー評価まとめ|星4つの理由をプロが検証

  5. 液タブとは|ペンタブとどっちが良い?迷っている方に見て欲しい情報

  6. HUION液晶タブレットGT-190|ワコム以外で一押しの製品SALE速報

  7. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16 Proどっちが買い…

  8. huion-gt-156hd

    【HUION液晶ペンタブレットGT-156HD徹底検証】気になる仕様一覧をメーカーが送ってくれた。あ…




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. HUION H610 Pro review 【HUIONペンタブH610PRO開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴
  2. 【Amazonプライムデー2018】お買い得なタブレットまとめ(Huawei,K…
  3. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  4. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  5. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  6. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  7. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  8. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  9. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  10. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP