【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか

HUIONから新型のペンタブレットが販売開始。筆圧8192レベル対応の最高スペックペンタブレットだ。ワコム以外のペンタブメーカーとして最注目のHUIONからの2017年新製品の開封レビューをご紹介する。ペンの沈み込み、反応速度を動画で紹介。

HUION筆圧8192対応ペンタブレビュー

HUIONから遂に筆圧8192レベル対応のペンタブが販売開始されている。現時点でワコムIntuos Pro以外で筆圧8192レベル対応のものはまだ出ていない。これから他メーカーでも出てきそうだが一番手はやはり自社で開発製造しているHUIONからとなった。

HUION Insupiroy Q11K販売開始

HUION Q11K 外箱

現時点でのAmazonでの販売価格がこちら。

現時点では12000円前後だ。Wacom Intuos Proの同サイズが40,000円を超すことを考えるとかなり格安の価格設定となっている。今回こちらのHUION Insupiroy Q11Kを実際にセットアップしての開封レビューをご紹介する。

HUIONペンタブQ11K開封レビュー

ペンタブQ11K梱包開封

まずは箱を開けるとペンタブ本体が入っており、それを外したのがこちら。

HUION Q11K 箱

板の下にオプション品が入っているがそれぞれが化粧箱に入っている。かなり精錬された印象。HUIONのペンタブをいくつか開封レビューしてきたがどれもかなり凝っている。中身を全部出したのがこちら。

HUION Q11K 梱包箱

HUIONの梱包はペンタブ、液タブ問わずどれも美しくデザインされており好印象だ。

HUION Insupiroy Q11K梱包物

HUION Q11K 梱包物

梱包物がこちら。

  • ペンタブレット本体
  • ペン
  • USBケーブル
  • ペン充電USBケーブル
  • ワイヤレス接続パソコン側受信機
  • ペン立て(芯抜き機能付き)
  • ペン芯8本
  • ドライバCD
  • スタートアップガイド(英語)

付属ペン|筆圧8192レベル

HUION Q11K 付属ペン

筆圧レベル 8192レベル
サイドスイッチ 2個
重量 17g

ペン仕様で最も注目なのはやはり筆圧レベルだろう。ワコムIntuos Pro以外では初の8192レベル対応だ。ペンは充電式で、テールスイッチ側からUSBケーブルを接続して行うようになる。実際の様子がこちら。

HUION Q11K ペン充電

充電式というと重さが気になるところだが計測すると17gだった。持った印象は非常に軽い。充電式だから電池が内蔵されているはず。ただ重さがネックになることはないだろう。海外製ペンタブレットはペンの作りに甘さが出ることがあるがこちらのHUION Q11Kは造りが非常に精巧だ。サイドスイッチの収まりもよくグラグラなることもない。

HUIONとUGEEペンの比較

HUION Q11K ペン比較

HUIONのペンとUGEEのペンを比較してみる。ちなみにUGEEとXP-PENのペンは全く同じなのでそちらの比較ともなる。重量はともに同じ17g。筆圧はHUION Q11K付属のペンが8192レベル、UGEE付属ペンが2048レベルだ。

UGEEペンで気になるのはサイドスイッチボタン。少しグラグラするしボタン部分のでっぱりが大きいので描いていると誤動作を生みやすい。この点HUIONのペンは収まりもよく、ボタン部分のでっぱりも非常に浅く作られていて良い

そしてよく言われる話だがHUIONのペンは沈み込みが深く、UGEEのペンは浅いという感想。実際に使ってみると確かにHUIONのペンは深く感じる。両方のペンを同時に沈み込ませている動画がこちら。

こうしてみるとかなりわずかだがHUIONの方がわずかに沈み込みが深く見える。さらに実際に使ってみるとこの差は見た目よりも深く感じる。

ペンの沈み込み深い=悪か

ペンタブの評価でよく言われるペン先の沈み込み。一般的には沈み込みが浅いことが正義とされている。ペンの沈み込みが深いペンはダメという評価を下すユーザーが多い。

ただ実際はそういうわけではない。ペンの沈み込みのが深いからといってすべてのユーザーが描きにくいと感じるわけではない。実際沈み込みが浅いといわれているワコムからもわざと深く感じられるストローク芯というペン芯も販売されているのだ。沈み込みの深いペンの描き心地にも一定のニーズがあるということ。

つまり沈み込みが深いペンが性能が低いわけではなく、そういう特徴のペンということになる。実際使いだすと大半のユーザーは数時間で感覚を会得できる。

HUION Q11K本体のレビュー

HUION Q11K ペンタブレット

本体のサイズがこちら。ワコムと比較するとMediumサイズとほぼ同じサイズ感だ。

本体外形 390*223*11mm
反応範囲 279.4*174.6mm
反応速度 233PPS
ペン反応高さ 12mm

実際に描いてみるとこういうサイズ感となる。

HUION Q11K ペンタブ

かなり広々と使える印象。腕を使って広くキャンパスを使う方でも十分使用できるだろう。大きすぎるとな感じてもプロパティの画面で反応が出る範囲を調整できる。大は小を兼ねるのだ。

サイドスイッチは片方側に8個付属している。中央に見える小さな穴はステータスランプだ。通電しているかどうかをここで確認するようになる。

HUION Q11K ファンクションキー

本体のファンクションキーがついている側に電源ボタンと充電のUSBケーブル差し込み口が付属している。

HUION Q11K 差し込み口

Amazonの製品説明欄には人間工学にもとづいたデザインとなっている。本体四隅の丸みを帯びており、表側の肌が触れる部分にはドット柄の加工が施されている。触りごこともなかなか上質だ。

こちらはもともと無線のワイヤレス機能が付属している。パソコン側へ接続する受信機がこちら。約1cm四方で接続すると若干の存在感があるのが少し残念。

HUION Q11K ワイヤレス

実際に描いてみての描き心地レビュー

Q11Kはワイヤレス接続となるが気になるのはペン動作の遅延だ。ただ実際に使ってみると遅延は感じなかった。環境はintel Core i3、Windows8という残念なスペックのパソコンだが全く遅延がなかったことを考えるとどのパソコンでも問題なく使用できそうだ。

といっても感覚的なものなので実際の描いている様子の動画がこちらだ。

見て分かる通り遅延はほぼ感じない。ワイヤレスだから遅延が生じるということはなく安心して使用できる。

ペンの描き心地|摩擦係数は低め

ペンを板の上で走らせると摩擦係数は若干低め。キュッキュッという感じではなくスルスルという感覚だ。

HUION|筆圧8192レベルのペンタブレットは買いか

現時点でペンタブレットの最高筆圧レベルのスペックは8192レベル。冒頭でも記載したがこれまではワコムからのみの販売だった。これまでペンタブレット業界をけん引してきたワコムからの筆圧8192レベルペン新製品にかなり沸き立った。

ということでワコム以外の海外メーカーHUIONからも販売開始されたQ11Kは当然かなり注目だ。注目点はまずは筆圧8192レベル対応という点。そしてこの高スペックながら1万円前後という価格の安さがポイントだ。ワコムと比べても引けを取らないスペックながらこの価格設定は大きな魅力だ。

ペンタブレットを新しく購入、或いは高スペックなものに買い替えたいという方にはぜひおすすめしたい。現時点でワコム以外で筆圧8192レベル対応のものはこの機種のみなので、最新スペックのペンタブを購入したい場合選択肢はこちら一択となる。

現在のAmazon,楽天市場の最安値はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外にいいぞ!

  2. Dell Canvas 27の日本発売日・価格に期待|Cintiq27とSurfaceStudioの…

  3. 【4.3万円 21.5型液タブ開封レビュー】業界最安価格の大型液タブ徹底検証!(Acepen AP-…

  4. HUION液晶タブレットGT-190|ワコム以外で一押しの製品SALE速報

  5. ペンタブ初心者がintuosを選ぶ理由に納得!ソフト無料付属ってホント?

  6. HUION H610 Pro review

    【HUIONペンタブH610PRO V2開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴

  7. 【BOOX Note徹底検証】ワコムペン搭載の電子ペーパーディスプレイ搭載タブレット

  8. ワコム Intuos Pro

    ワコム Intuos Pro 2017年モデル開封レビュー|筆圧8192レベル最高スペックペンタブの…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. iPad OSでSplit View(画面分割)ができない ← 1分で解決する画…
  2. Amazonブラックフライデーでお得に液タブを購入しようぜ
  3. Surface Pro X とSurface Pro 7の違い|選んで得する人と…
  4. artisul d16pro review 【ARTISUL 液タブD16Pro/ペンタブM0610Pro 実機レビュー】筆…
  5. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  6. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  7. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  8. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  9. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  10. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムや海外製液タブ新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP