【XP-PEN液タブ】実力をプロが徹底検証|ワコムと比較して「買い」かどうかを考える(Artist22E,Artist15.6,Artist10S)

XP-PENの液タブは買いかプロが徹底検証。XP-PENの液タブラインナップをまとめて検討する。XP-PEN Artist10S、Artist22Eの仕様詳細を確認。新製品のArtist15.6についても検証。ワコムの同等機種と比較してみる。液晶ペンタブレットのペン、筆圧感知は使えるレベルなのか。

XP-PENとは

XP-PENは米国カリフォルニア州で創立された液タブメーカ―。香港や韓国などのアジアをはじめ欧米でも販売されている。ペンタブレット、液晶ペンタブレット、スタイラスペン、トレース台を販売。特徴は価格の安さだ。

Amazonなどでも多く販売されている模様。価格は安いが描画能力など使えるレベルか検証してみよう。XP-PENの液晶ペンタブレットの主なラインナップであるこちらを検証する。

  • XP-PEN Artist15.6(液晶15.6インチ)←売れ筋!
  • XP-PEN Artist16Pro(液晶16インチ)
  • XP-PEN Artist22EPro(液晶22インチ)
  • XP-PEN Artist10S(液晶10.1インチ)

XP-PENの売れ筋 Artist15.6

Artist 15.6 描き心地

2017年に新発売された15.6インチ液タブをまずはご紹介。現時点で一番の売れ筋の液タブだ。この製品のXP-PEN他ラインナップとの大きな違いは、まずは液晶サイズ、そして筆圧レベルだ。

液晶15.6インチ 解像度フルHD1920*1080

液晶サイズは15.6インチと液タブの中で売れ筋になっているサイズ。10.1インチでは確かに小さすぎる。ただ22インチを置くスペースがないという方にちょうどよいサイズで人気だ。縦横比も16:9なので使いやすい。

筆圧8192レベル対応ペン・充電不要

XP-PEN Artist 15.6 ペン

付属ペンはXP-PENで唯一の筆圧8192レベルに対応だ。更に充電不要の電池レスペン。電池レスペンもXP-PENの中で15.6インチに唯一付属されている。これまでワコムの専売特許だった電池レスペンだがXP-PENでもついに搭載。筆圧レベルスペックアップしさらに自然な描き味を実現する。

接続 液タブ側はUSB Type-C一本のみ

接続ケーブルもかなりコンパクトに収まっている。液タブ側はUSB Type-C一本のみなので机回りもかなりスッキリさせられる。パソコン側に必要なのはUSB、HDMI映像ポートと汎用性が高いのもポイント。

コスパ最強!4万円を切る価格設定

そしてユーザーにとって一番気になるポイントの価格だが、なんとAmazonで37,998円という安さを実現している。これは非常にコスパが良い!ワコムの15.6インチCititq Pro16が17万円前後であることを考えると価格の割安感はかなりのものだ。

安い値段で15.6インチの液タブをお探しの方におすすめできる製品だ。現在のAmazonの最安値はこちらからご覧いただける。

2018年時点でワコム以外の格安液タブの中ではかなりの売れ筋製品となっている。とりあえず価格を抑えて液タブを始めてみたいという方には激しくおすすめしたい機種だ!

当サイトで既に実機検証済み。実際に開封して使ってみての描き心地、サイズ感のレビューはこちらからご覧いただける。

 

さらに現在同じ15.6インチラインナップでプロ向けの製品、Aritit 16Proが発売中。

Artist 16 Pro 液タブ 描き心地

こちらも当サイトにてレビュー紹介しているのでご覧あれ。製品の特長がこちら。

  • 筆圧8192レベル
  • 液晶16インチフルHD
  • Adobe色域92%カバー

製品の詳細、現在の最安値ははこちらの記事からご覧いただける。

 

他に選択肢として挙がるのは22インチ。15.6インチサイズでは物足りないという方へおすすめの製品だ。

XP-PEN液タブArtist22EProの実力

Artist22E ProはXP-PENの中で液晶サイズが一番大きいサイズの液タブ。特徴をご紹介する。液タブでチェック必須な項目を見てみよう。液晶、解像度、筆圧、ペン、ショートカットキー、スタンドだ。

モニター・解像度:22インチIPS形式ワイドモニター・フルHD

液晶はIPS形式。IPSとは現時点でモニターの中でもっともデジタルペイントに適している形式だ。視野角の広さと、長時間使用しても疲れにくいという特徴がある。他形式と比べると価格が高くなるが、長く使用する液タブの場合IPS形式が必須だ。

解像度はフルHD1920×1080のワイドモニター。現在最もスタンダードな解像度だ。

ペン:筆圧8192レベル・充電式

付属のペンは筆圧8192レベル。現時点での最高スペックの筆圧レベルを実現している。より自然な書き味を実現しており仕様数値だけを見るとプロも十分使用できるレベルだ。

ペンは充電式。ちなみに上部の画像は充電中の画像。ペンテール部分にケーブルを接続して充電するタイプだ。公式ページによると1回充電で60日間使用できる。さらに2本のペンが付属されるので充電を待つために作業がストップ、ということはなさそうだ。

ペンサイドスイッチが2か所割り当て可能。ワコムのプロペンのようにペンテール部分は反応しない。サイドスイッチを押して消しゴムと切り替えて使用する仕様のようだ。

本体ショートカットキー:16個

XP-PEN Artist22

液タブ使用にあたってショートカットキーは必須だ。右手でペン、左手で割り当てたショートカットキーで拡大縮小、ペンブラシの変更などをワンタッチでできれば作業効率が飛躍的にアップする。

XP-PEN Artist22EProには左右にそれぞれショートカットキーが左右8個ずつ、計16個だ。左利きの方でも対応ということだ。

映像ケーブルインターフェイス

XP-PEN 液タブ接続

液タブはパソコンと接続して使用するようになるので映像ケーブルのインターフェースが自分のパソコンとあっているかのチェックは必須だ。

Artist22EProは上部の画像にあるように、HDMI、DVI、VGAの三種類。最新のUSB Type-Cはない。ただこれまで広く使われているケーブルはすべて対応しているので安心だ。

スタンド:角度可変スタンドが付属

22インチになるとサイズも大きい。

外形寸法 567×326×30mm
発送重量 8KG

このサイズになるとスタンドは必須。さらに作業時間が長くなると角度が非常に重要なので可変のスタンドが付属しているのはうれしいポイントだ。ワンタッチで角度が変えられるので快適な作業空間を実現してくれる。

XP-PEN Artist22E Proの価格

重要なのがやはり価格だろう。ちなみにワコムのCintiq22インチの価格は20万3千円。XP-PEN Artist22EProのAmazonでの現時点での最安値がAmazonで6万円程度となっている。

ワコム製品の約半値以下で購入できる。価格の安さは大きなポイントの一つだろう。

XP-PEN Artist22E Proは買い?

主な仕様の特徴を説明したがまとめるとこうなる。

  • モニターIPS液晶、解像度フルHD
  • 筆圧8192レベル
  • 映像インターフェース:HDMI、DVI、VGA

これらの仕様はワコムのものと比較しても引けを取らない。価格は半値だが使用の数値は非常に優秀だ。

もちろん製品は仕様数値だけでは判断できない。これまでワコムの液タブを使ってきた方がこれに移行すると初めは違和感を感じるだろう。ただ初めて液タブを購入したいが、初めから20万円はハードルが高い、とお悩みの方にはかなりオススメの液タブだ。

ただワコムのCintiq22と比べると書き味、つくりの精巧さでは劣る。ただ半値でこのスペック、特にIPS液晶を搭載し、筆圧2048レベルを実現していることは評価できる。22インチと液タブの中でも最大サイズクラスのものがこの価格で購入できるのは驚きだ。

Amazon,楽天での現在の最安値はこちらからご覧いただける。

ちなみにAritst22E Proの一つ前の製品であるArtist22Eを使ったレビュー記事がこちら。筆圧レベルが8192ではなく2048だが製品のデザイン、サイズは全く同じなので参考になるはずだ。

 

XP-PEN液タブをワコムと比較|まとめ

もし予算に余裕があってプロ向けの製品をこだわって選びたい!という方にはワコムの液タブがおすすめ。つくりの精巧さ、描画能力、安定感など価格は高いが高品質な液タブを提供してくれるのはやはりワコム一択になってくる。

ただ今回ご紹介した通りXP-PEN液タブ製品の仕様の数値も非常に優秀だ。何よりコスパの高さは必見初めて液タブを購入する方が始めるのに十分な仕様を実現しているおすすめのメーカーだ。まとめるとこうなる。

  • コスパ最重視 ➡ Artist15.6
  • 機能にこだわった16インチモデル ➡ Artist16Pro
  • 大きい液晶を選びたい ➡ Artist22

それぞれ自分の用途に合わせて選べばベストチョイスができる。それぞれの製品のAmazon,楽天の最安値はこちらからご覧いただける。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. amazon fire hd 8

最新記事 Choice10

  1. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  2. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  3. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  4. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  5. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  6. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…
  7. HUION KAMVAS Pro13 pen HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】
  8. LG Display sale お絵描きで使えそうなモニターがセール中【Amazonタイムセール祭り】
  9. Teclast F7 Notebook 【Teclast F7 Notebook レビュー】 激安中華ノートパソコンの実…
  10. 外付けSSDの選び方・おすすめBEST8|2018年に価格が安くなっている理由

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP