【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレットと接続してみてのレビュー

スマホと接続して使えるペンタブ、HUIONペンタブHS610とHS64を実機レビューでご紹介する。2019年5月の時点でHUION最新のペンタブだ。筆圧感知や実際の描き味をご紹介。そして初のスマホと接続して使えるペンタブとしての機能も必見だ。実際にAndroidタブレットと接続して使用しているレビュー動画もご紹介。

HUION ペンタブ HS610 / HS64 スペック特徴・価格情報

HUION HS64 スペック情報

HUION HS64 ペンタブ サイズ感

HS64 スペック・価格
作業領域 102×63.8mm
本体サイズ 200×166×8mm
筆圧レベル 8192レベル
重量 232g
ファンクションキー 4個
反応速度 266PPS
傾き検知 なし
 スマホ対応 あり
価格 4299円

 

HUION HS610 スペック情報

HUION HS610 サイズ感

HS610 スペック・価格
作業領域 10×6.25インチ
本体サイズ 350×211×8mm
筆圧レベル 8192レベル
重量 600g
ファンクションキー 16個
反応速度 266PPS
傾き検知 ±60°
 スマホ対応 あり
価格 7999円

 

HUION HS610 HS64の特徴を比較

最新機種と同様の書き味 筆圧8192対応

現時点でのペンタブ筆圧感知の最高スペックである8192レベルに対応している。反応速度も同様で266PPSと描き味に関してはどちらも同様だ。

ただ一点異なるのが傾き検知の対応。対応しているのはサイズの大きいHS610のみとなっている。ペン追従性能に関してはHS610が上だ。

初のスマホ対応のペンタブ(Android6.0以上)

こちらが今回紹介する2機種の最大の特徴だ。メーカーの紹介ではOTG機能となっている。On-The-Goの略称。スマホと接続してペンタブで操作できる機能だ。ただし対応OSはAndroid6.0以上。残念ながらApple製品には対応していない。

スマホの画面でペンタブが使いたい!というニーズにがっつり応えた機能だ。どれほどのユーザーにこのニーズがあるのかは分からないが。ただAndroid6.0以上のAndroidタブレットでも使えるはずなのでそうなれば用途が一気に増えそうだ。

では実際にこの2機種を接続して使用してみる。

HUION HS64 実機レビュー

まずは梱包からご紹介。かなりコンパクトサイズだ。

HUION HS64 ペンタブ

梱包内容一覧がこちら。

HUION HS64 ペンタブ 梱包内容

  • ペンタブ本体
  • バッテリーレスペン
  • ペン替え芯8本
  • MicroUSB ー USB TypeAケーブル
  • OTG変換ケーブル
  • マニュアル

こちらもパソコンさえあればすぐに始められるようになっている。ペンたては付属されていない。

実際使っている画像がこちら。本体は非常に軽くて、持ってみると軽っ!と驚くくらいの重量だ。持ち運びは全く問題ない。本体厚さも8mmなのでカバンの中でもかさばらずに便利に持ち運べるサイズ感だ。

HUION HS64 ペンタブ レビュー

実際に書いてみると筆圧感知や反応速度は現時点での最高スペックのペンタブと全く同じ。ただ描画可能範囲が狭いので、ペン先の反応はかなりシビア。簡単なお絵かきであれば問題ないが、本格的にデジタルペイントを楽しみたいなら物足りなく感じるサイズ感だ。

ただ付属ペンは持ち運び用の簡易版のペンというよりも本格派仕様のペン。コンパクトサイズのペンタブには細いチープなペンが付属している製品が多い中で、しっかりとしたデザインと握り心地のペンを付属しているのは評価できる。ということでサイズは小さいが描き味は本格派のペンタブとなっている。

ペンタブをAndroidタブレットと接続して使ってみる

HUION HS64 使い心地

せっかくなのでHUION ペンタブ HS64の最大の特徴であるAndroidタブレットと接続して使用してみる。接続は簡単で端子を使っているタブレットの差し込み口に合わせてつなぐのみ。ケーブル自体はUSB-Aだが変換ポートが付属されている。こんな感じで2種類に対応。

HUION HS64 ペンタブ 接続

ということでメーカーの説明書では本来スマホに接続することを想定しているようだが、Androidタブレットに接続して使用してみた。設定に関してはタブレット側にインストールするものは何もなくただ接続するだけでペンで操作できるようになった。

HUION HS64 ペンタブレット

実際に使ってみた様子の動画がこちら。

反応速度や筆圧がしっかりと反映されていることをお分かりいただけるかと思う。反応速度は使っているタブレットの処理能力によるが、検証機のCHUWI Hi9 Airでは全くもたつくこともなくサクサクと描画できた。しかも動画でも検証しているがペンを離すとタブレットとしてタッチに対応しているのでキャンパスのズームや回転もお手の物だ。ペンタブを使いながら画面を左手で操作するという新しい感覚を楽しめる。

ただ、問題点がひとつ。

タブレット側にドライバを入れていないのでペンタブとタブレット側画面の比率の調整ができない。縦横比の調整がうまくできないのがウィークポイントだ。つまりペンタブ上では真円を描いているので画面上では楕円形に描かれてしまう状態。これを改善できるソフトもありそうだがまだ見つけれていない。。。

ただペンタブをスマホやタブレットに接続するだけですぐに使用できる手軽さは好印象。しかも筆圧感知、反応速度共に問題ない。正直この新機能の説明を見た時は、こんな機能使うかな?と疑問に思ったが実際に使ってみるとこれはすごい!と素直に思えた。とくにペンを板から離して、タッチでキャンパスを回転させたり色を変えたりという操作ができるのは新感覚だ。

これイイです。

 

続いてHUION HS610の実機レビューがこちら。

HUION HS610 実機レビュー

まずは梱包がこちら。シンプルなデザインだ。

HUION HS610

梱包内容がこちら。

HUION HS610 梱包内容

  • ペンタブ本体
  • 充電不要ペン
  • ペンスタンド
  • 替え芯8本
  • MicroUSBーUSB A ケーブル
  • マニュアル
  • OTG接続端子2種類

パソコンさえあればすぐに使えるようになっている。この機種にもAndroidスマホと接続して使うための変換ケーブルも梱包されている。パソコンにインストールする必要のあるドライバCDはなくダウンロードして手に入れる仕様。

付属のペンがこちら。筆圧8192レベル、傾き検知対応のバッテリーフリーペンだ。

HUION HS610 ペン

グリップ部分にショートカットキーが2つ付属。グリップ部分がゴム素材で滑りにくくなっている。普通のボールペンよりも少し太めの設計。大抵ペンタブのペンは太めに設計されている。太めの方が疲れにくくて長時間使用に適しているからだ。

実際描いている様子がこちら。ペンタブ描画可能範囲のサイズ感を大体つかめるかと思う。

HUION HS610 レビュー

実際の描き味は先ほどのHS64よりも摩擦係数が高めで描き心地はこちらが圧倒的に良い。

本体左側にはファンクションキーが設置されている。中央にあるのは指を円状に滑らせて使用できるファンクションキー。キャンパスの拡大/縮小や上下スクロールを割り当てて操作できる。より直感的に操作できるのは嬉しいポイントだ。

HUION HS610 タッチホイール

こちらもHS64と同様にタブレット接続しても使用できる。

 

 

HUION ペンタブ HS610/HS64 まとめ

HUION HS64

以上実機レビューでHUION最新の2機種をご紹介した。描き味はどちらも8192レベル筆圧感知、そして反応速度も申し分ない最高レベルだ

2機種の違いの最大の違いは描画範囲のサイズだ。簡単にお絵かきを楽しんでみたい、毎日持ち運んでスマホを使ってペイントしたいという方は小さいサイズのHS64がおすすめ。価格も4000円程度と手に取りやすい価格設定だ。Androidタブレットと接続して外出先でちょっとお絵描きという使い方もできる。ペンタブの新しい使い方を提案している。

ただ家でがっつりパソコンに接続して本格的にデジタルペイントを始めたいなら大きいサイズのHS610がオススメだ。ファンクションキーの数や種類も豊富なので作業効率はHS610が圧倒的に良い。価格を比較するとおよそ2倍の8000円だが、サイズ、傾き検知対応、ファンクションキーの数など妥当なスペック差がある。

自分の用途に合わせて選べば後悔のないベストバイができるはずだ。現在のAmazon、楽天、Yahooでの最安値はこちらからご覧いただける。価格は販売開始価格なので結構変動するのでこちらからチェックを。

 


関連記事

  1. GT-191 外観全体

    【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レベル最新機種

  2. HUION液タブ GT-156HD開封レビュー|ワコムの半額だが仕様数値は同等

  3. HUION液晶タブレットGT-190|ワコム以外で一押しの製品SALE速報

  4. huion-driver

    【HUIONドライバインストール方法解説】ペンタブ、液タブの設定方法

  5. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  6. HUION H610 Pro review

    【HUIONペンタブH610PRO V2開封レビュー】ショートカットキー24個が特徴

  7. HUION Q11K 外梱包箱

    【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか…

  8. HUION ペンタブ H950P

    【HUIONペンタブH950P開封レビュー】遂に電池レス筆圧8192ペン登場!




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. iPad OSでSplit View(画面分割)ができない ← 1分で解決する画…
  2. Amazonブラックフライデーでお得に液タブを購入しようぜ
  3. Surface Pro X とSurface Pro 7の違い|選んで得する人と…
  4. artisul d16pro review 【ARTISUL 液タブD16Pro/ペンタブM0610Pro 実機レビュー】筆…
  5. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  6. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  7. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  8. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  9. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  10. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムや海外製液タブ新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP