HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【MediaPad T5と比較】

HUAWEIの2019年の売れ筋タブレットMediaPad M5 lite 8のスペックと価格情報をまとめて紹介。今売れている理由を検証する。さらに2018年に発売されてから長年売れ続けている同じくHUAWEIのMediaPad T5と比較してどっちが買いなのかも検討。どちらも2万5千円以下で購入できるお手頃価格だが十分使えるスペックの注目タブレットだ。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8 スペック情報

HUAWEIのAndroidタブレットMediaPad M5 lite 8のスペックを一覧で見てみよう。

 

液晶 8インチ
解像度 1920×1200
液晶方式 IPS
OS Android9.0
CPU HUAWEI Kirin710
メモリ 3GB
記憶容量 32GB
バッテリー 5100mAh
背面カメラ 1300万画素
全面カメラ 800万画素
重量 310g
サイズ 122.2×8.2×4.2mm
価格 2万4千円

スペックの中で注目すべきポイントをいくつか取り上げてみてみよう。

処理性能 Kirin710、メモリ3GB

処理性能に直接関係のあるCPUはHUAWEI Kirin710。MediaPad M5 liteと同じ構成なのがHUAWEIのスマホnova lite 3だ。2019年2月1日に発売されたスマホだが処理性能はミドルレンジ。Antutuスコアは128000で、Snapdragon660搭載機とほぼ同じスコアとのこと。

ということで処理性能に関しては最新のミドルレンジスマホと同等ということになる。メモリ3GBということを考えても重めのゲームをガシガシ楽しむというタブレットではない。ただネットサーフィンやSNS、動画鑑賞、簡単な文書作成であれば楽々こなせる処理性能だ。

液晶 8インチ WUXGA

液晶、解像度は優秀。Youtubeを見たりといった動画鑑賞目的で購入を検討している方多いかと思うが、そういった方も十分満足して使えるレベルのものだ。正直デジタルペイントや画像編集が用途でない限りこれ以上のスペックは必要ないと思う。タブレットで動画を見るのにそれほど高画質である必要もないからだ。

音質 デュアルスピーカー + デュアルパワーアンプ

当サイトでは3番目に紹介しているがメーカーとしての一押しポイントはこれらしい。メーカーHPでは一番上に掲載されている。「臨場感のあるサウンド」!と銘打っている。具体的にいうと、

Harman Kardonが施したチューニングで、低音のひずみの少ないサウンドを提供しているとのこと。またスピーカーが2個搭載されており、コンサートホールの臨場感を再現するとのこと。タブレットでコンサートホールの臨場感を再現するという荒業をやってのけたらしい。

さすがに言い過ぎた感はあるが、メーカーが一番目に押すくらいなのでほかのタブレットと差別化できるくらいのレベルにはなっているはずだ。こちらも動画鑑賞を楽しみたい方にとっては嬉しいポイントだ。

顔認証に対応

メーカーHPの説明では顔認証に対応していると記載がある。今自分もiPad Proで体験中だがタブレットでつかう顔認証はかなり使い勝手が良いのでおすすめ。

このスペックで2万4千円!

こちらも外せないポイント。8インチのタブレットが2万4千円で購入できる。しかもHUAWEIメーカー製という安心感。ライトユーザーが満足できる程よいスペック、サイズ感で人気のようだ。これはしばらく8インチのAndroidタブレットの売れ筋としてランキングされそうなのでご紹介した。

 

最後に2018年9月に発売されてから今なお売れ続けているHUAWEIタブレット、MediaPad T5からの進歩点、スペックの違いをみてみよう。

HUAWEI MediaPad M5 lite 8とMediaPad T5を比較

まず根本的に異なるのが液晶サイズ。M5 lite 8は8インチだがT5は10.1インチだ。ただ解像度はどちらも1920×1200。

処理性能はM5 liteが圧倒的に優秀。T5はメモリ2GBでCPUがKirin 659。記憶容量も16GBとかなり心もとないスペック。この辺りはM5 lite担ってかなりスペックアップしている。

さらにカメラ解像度もT5はかなり控えめ。背面500万画素、前面200万画素と申し訳程度の付いている印象だったがM5では倍以上の1300万画素、800万画素なので大きくスペックアップしている。

ということで液晶サイズ以外は最新モデルのM5 lite 8になって大幅にスペックアップしている。現時点での価格差は約5000円。T5は1万9千円程度で販売中だ。今だにタブレットの売れ筋ランキングで見る大人気機種だが、最新モデルのM5 lite 8も十分検討に値するタブレット。現在のAmazonなどでの販売価格はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. xiaomi mi6梱包箱

    【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

  2. HUAWEI P10LITE

    HUAWEI P10実機レビュー|スペックをiPhoneと比較|価格・発売日最新情報

  3. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカバー情報

  4. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のSurfaceタイプタ…

  5. Acer Switch 7 Black Editionを発表|13.5型ワコムペン対応タブレット|日…

  6. ASUS ZenFone 5日本から購入できるぞ!【4.9万円】詳細スペックをチェック

  7. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっちが買いか検証

  8. 【HP x2 210 G2】10.1型2in1タブレットレビューまとめ|売れ筋だが満足度4.4の高評…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  2. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  3. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  5. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  6. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  8. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  9. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  10. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…

人気の記事 TOP5

  1. 登録されている記事はございません。

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP