【amazonタブレットnewモデル】fire 7インチとfire hd 8徹底比較してどっちが買いか検証

amazonのnewモデルタブレットが2017年6月7日に販売開始決定。7インチと8インチの同時発売開始だが、比較してどっちが買いかを検証してみる。amazonタブレットでできること。どんなユーザーにお勧めかも考える。価格1万円前後と安いがどっちが買いか検証!

amazonタブレットnewモデル|fire 7インチ・fire hd8

amazon.co.jpからnewモデルのタブレット端末が販売開始2017年6月7日より開始される。newモデルとして出されるのは7インチのamazon fire 7、8インチのamazon fire HD 8の2機種だ。

amazonタブレットの購入を検討している方がまず悩むのはどちらが自分にあっているか、ということだろう。価格は2機種でそれほど大きな差はない。

機種 価格
Fire 7 8,980円
Fire HD 8 11,980円

その差3,000円だ。この差をどう見るかになるが、まずこの二機種を比較して検討してみよう。

fire7 と fire hd 8 を比較

Fire 7 Fire HD 8
ディスプレイサイズ 7インチ 8インチ
解像度 1024*600 1280*800
プロセッサ クアッドコア1.3GHz クアッドコア1.3GHz
ストレージ 8/16GB 16/32G
OS Fire OS
Wifi デュアルバンド a/b/g/n
バッテリー時間 8時間 12時間
外形サイズ 192 x 115 x 9.6mm 214 x 128 x 9.7mm
本体重量 295g 369g

分かりやすい差としては液晶サイズ。わずか1インチだがモバイル端末でこの1インチの差は大きいだろう。また解像度も25%ほど大きくなっている。

さらにRAMFire HD 8が約1.5倍の差が出ている。この差を数値だけで見ると肌で実感できる差ではなさそうだ。価格帯から分かるようにシビアな処理速度を求める機種ではないだけに処理速度の差はそれほど気にしなくてもよさそうだ。処理速度の速さを求めるならAmazonタブレットを選ぶべきではないだろう。

ストレージに差が出ているが気にする必要はない。というのも両機種に外部ストレージでmicroSDカードスロットがあり256GBまで対応している。どちらも容量を気にする必要はないので差はほぼない。

本体サイズ、重量に大きな差は出ていない。重さでいうと100gも差が出ていない。更に比べると重い方のFire HD 8でも369g。十分片手で持って使えるサイズだ。

ということでfire7とfire hd 8を比較してどちらにするかの決め手は液晶サイズになりそうだ。液晶タイプも8インチの方はHDディスプレイ高解像度。画面サイズ感、表示の美しさを求める方はfire HD 8を選ぶと良いだろう。用途がそれほど画面サイズや美しさにこだわらない簡単なネットサーフィンや小説閲覧であれば7インチで十分だ。

Amazonタブレット旧型と新型の違い

ストレージ増強が可能に

newモデルはmicroSDカードを使用すればストレージを256GBまで拡張できるようになった。これまで写真や音楽、動画、雑誌などの容量を気にしていた部分もあったかもしれないが、今回のnewモデルでは問題ない。容量を気にすることなく使用できるだろう。

強度の増強

7インチ8インチともに落下テストで耐久性が増強されている。落下テストではiPad miniの2倍の耐久性が確認されているとのこと。ランダム落下試験による結果とのことだが、iPadminiよりは雑な使い方をしてもよさそうだ。

重量|7インチは軽く、8インチは重く変化

重量 本体サイズ
7インチ 旧モデル 313g 191 x 115 x 10.6mm
新モデル 295g 192 x 115 x 9.6mm
8インチ 旧モデル 341g 214 x 128 x 9.2mm
新モデル 369g 214 x 128 x 9.7mm

7インチはさらに軽く変化している。ただ8インチは重くなっている。バッテリーが7インチが8時間に対して8インチが12時間なので、その差からくる重さの差だろうか。軽さを求めるユーザーは7インチを選ぶはずなので、7インチがさらに軽くなっているのはうれしいポイントだ。

amazon新タブレット|fire 7インチとfire hd 8徹底比較してどっちが買いか検証

それぞれの差を検討してきたが価格の差はわずか3000円であるのに対し、ディスプレイサイズ、画面解像度、バッテリー駆動時間で大きな差が出ている8インチのfire hd 8 がねらい目にはなる。

ただ、大きさを求めない使用用途もある。持ち運んで外出先で使用、電車で片手で持つのでできるだけ軽いタイプが良いというユーザーも多いはずだ。製品の軽さを求めている方は7インチを選ぶとよさそうだ。

amazon 新タブレットを安く手に入れる方法

Amaonプライム会員ならクーポン使用で4,000円OFFで購入できる。それに加えて6/23まででビデオ用クーポン990円も手に入れられる。もし入っていないならこの機会にプライム会員への入会を検討してみてもよいかもしれない。
➡ Amazonプライム詳細はこちら
Amazonの販売ページへのリンクがこちらだ。

amazon Fire 7 価格

amazon HD 8 価格

Amazonプライム(初回30日無料)への入会はこちらのリンクからしていただける。もちろんすぐに退会も可能。➡ Amazonプライム詳細はこちら


関連記事

  1. 【ONE NETBOOK One Mix 実機レビュー】どこよりも早く実機触ってきての実感

  2. ASUS ZenFone 5日本から購入できるぞ!【4.9万円】詳細スペックをチェック

  3. transbook mini t103

    ASUS TransBook Mini T103HAF|お絵かきでの使用は可能か検証

  4. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評な理由

  5. ZTE AXON 7SIMフリースマホ格安セール情報2.5万円と半額 by Gearbest

  6. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっちが買いか検証

  7. Xiaomi最新スマホ MIX2 ディスプレイ占有率95%詳細スペック検証|iPhone 8対抗機と…

  8. 【スマートウォッチ開封レビュー】1.5万円 コスパ最強丸形フォーマルデザイン|X5 Plus Sma…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  2. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  3. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  4. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  5. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…
  6. 【ワコム液タブ 2018年末特別セール情報】Cintiq Pro13が64,80…
  7. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種
  8. KAMVAS PRO20 HUION GT−192 KAMVAS PRO 20 スペック徹底検証!傾き検知…
  9. 【2018年版iPad Pro 12.9とSurface Pro 6】徹底比較し…
  10. iPad Pro 12.9 第3世代・2018年モデル おすすめケース厳選5モデ…

人気の記事 TOP5

  1. 登録されている記事はございません。

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP