XP-PEN Artist15.6 レビュー評価まとめ|星4つの理由をプロが検証

XP-PEN液タブArtist15.6のレビュー評価がそろってきたのでまとめてご紹介。XP-PEN Artist15.6は価格37,998円という安い値段ながら筆圧8192ということで話題の液タブ。実際に使ってみてのレビュー評価が気になるところだ。安い液タブは使えるのか。液タブを接続してのセットアップ方法、詳細仕様数値も合わせて検証する。

XP-PEN Artist15.6 レビュー評価を検証

XP-PEN Artist15.6が発売されてから約1か月経過しAmazonでのレビュー評価の数もそろってきた。現時点での使用者の評価どうか。Amazonでのレビュ評価の結果がこちら。上部のAmazonへのリンクからも詳細をご覧いただける。

XP-PEN Artist15.6 Amazonカスタマーレビュー

全体平均 ★★★★☆(レビュー数:39件)

  • ★★★★★ 59%
  • ★★★★☆ 23%
  • ★★★☆☆ 0%
  • ★★☆☆☆ 8%
  • ★☆☆☆☆ 10%

39件の平均で星4つとなかなかの高評価なようだ。高評価でよくみられる意見としては、

  • ワコムの半額以下の値段でこのパフォーマンスは驚き
  • 初めての液タブ使用には十分な能力で満足
  • 筆圧8192レベルでわずかな力の変化も読み取ってくれる
  • サポートが親切だった

といったものが多い。一番多いのはやはりコストパフォーマンスの良さに対する好反応。確かに価格が4万円を切る価格で15.6インチの液タブを購入できるというのはポイントだ。レビューの内容を見ると初めての液タブ購入者に多く選ばれているようだ。

逆に低評価を下しているユーザーで多く見られる意見がこちら。

  • ワコムと比べるとやっぱり性能が劣る
  • 画面に傷があり初期不良だった
  • Mac OSで正しく動作しない

こういった意見が見られた。初期不良に関しては日本にあるサポートセンターで対応してくれたようだ。ただ面倒であることは確か。そしてMacOSの件だが、新しくドライバが更新され対応している模様だ。

ワコムと比べて性能が劣るという意見は確かにそうだろう。価格帯(Cintiq Pro16価格:17万円)を見ても対象としているユーザー層が異なることは明らかだ。価格が4倍以上の製品と性能を比べるのは理にかなっていない。プロの方あるいは潤沢な資金がある方はワコムCintiq Proを選ぶべき。

正当な評価は4分の1のコストでこれだけのパフォーマンスを出せる製品を購入できるのは素晴らしい!だろう。ではXP-PEN Artist15.6の詳細スペックを見てみよう。

XP-PEN Artist15.6 詳細スペックを徹底検証

バッテリーレス筆圧81922レベル対応ペン

筆圧レベル 8192レベル
反応速度 266RPS
サイドスイッチ 2個

液タブ描画能力の指標になる筆圧レベルは8192レベル。現時点での液タブ業界で最高スペックだ。反応速度が266RPSと前機種よりもスペックアップしている。ホームページでも取り上げられているのでメーカーとして力を入れているポイントのようだ。さらに電池レスなので充電の必要もない。

より素早いレスポンス、より繊細なペンのタッチを読み取れるNEWペンを搭載。これは魅力的だ。

ディスプレイ解像度フルHD IPS液晶

液晶サイズ 15.6インチ
ペン読み取り範囲 344.16 × 193.59mm
解像度 フルHD 1920×1080
最大表示色 16万7千色
液晶方式 IPS
視野角 178度

解像度フルHD、最大表示色16万7千色と本格的なデジタルペイントでも十分使用できるスペック。XP-PENだけに限らないがワコム以外の液タブメーカー製品に搭載しているディスプレイレベルはどれも高い。レビューを見ても液晶表示に対する不満の声上がっていない。

シンプルな錐体デザインも好印象

錐体デザインはシンプルで余計なロゴやデザインがない点が好印象。Apple製品のような洗練されたデザインというわけでもないが。

そして本体の厚さが11mmという点にも注目だ。デスクにおいても邪魔にならない厚さで使用できるのはうれしい。膝の上に置いて作業する場合でも負担にならない。ちなみにスタンドは別売。

XP-PEN Artist15.6の使い方・接続方法

XP-PEN Artist15.6のセットアップを簡単にご説明。

  1. 接続するパソコンにドライバをインストール
  2. Artist15.6に付属ケーブルのUSB Type-Cを接続
  3. パソコン側のUSB、映像HDMIポート、電源へUSBを接続

上部の図を見ればわかりやすい。注意点としては赤色のUSBをパソコンのUSBポートに接続しないようにすること。ドライバは最新VerのものをXP-PENホームページからダウンロードすること。特にMacユーザーの方は最新Verのドライバが必須だ。

XP-PEN 液タブ Artist15.6 は買い?

XP-PEN Artist15.6の仕様をチェックした。液晶15.6インチフルHD解像度、筆圧8192レベル電池レスペンと2018年時点での最新液タブの仕様を全て押さえている。そして4万円を切る激安価格設定と非常に魅力的な液タブだ。XP-PENということで日本でのサポート、保証を受けられることも大きなポイント。

発売から約1か月が経過したが、寄せられているレビュー評価も非常に良い。比較的安定して動作しているようなので初めて液タブセットアップする方も安心して始められそうだ。ただこれまでワコムの液タブを使用してきた方は使い初めに違和感を感じるだろう。

ということで初めての液タブ購入、あるいはこれまで小さいサイズの液タブを使用していて15.6インチに買い替えたい!という方に激しくお勧めしたい液タブだ!

実際に当サイトPentablet.Clubを通して購入されている15.6インチの液タブの中でも一番人気なのがこのXP-PEN Artist15.6。現在の最安値はこちらからチェックしていただける。是非ご覧あれ。

 


関連記事

  1. HUION GT-220内容物一覧

    HUION液タブGT-220開封レビュー|価格7万円以下に下がり買い時到来

  2. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

  3. 海外液タブをAmazonより安い値段で購入する方法|TomTopの販売価格を比較検証

  4. HUION GT-156HD V2

    HUION新型液タブ GT-156HD V2 発売決定|詳細スペックを先行発表!

  5. UGEE液タブ22インチ=5.3万円|15.6インチ=3.5万円!送料込【GEARBEST SALE…

  6. XP-PEN Artist22 外観

    【XP-PEN液タブ】実力をプロが徹底検証|ワコムと比較して「買い」かどうかを考える

  7. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド

  8. HUION LOGO

    液タブメーカ―HUION(フイオン)深セン製造現場視察して感じた品質管理の高さ




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen
  2. easeus

最新記事 Choice10

  1. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen Lenovo Yoga Book C930 価格・発売日情報|筆圧ペン搭載デュア…
  2. easeus 【無料で使える復元ソフト EaseUS】評判の良さをレビューして徹底検証
  3. Lenovo TAB P10 価格は妥当?前機種との比較検証|おすすめケース情報…
  4. XP-PEN液タブArtist12 開封レビュー|初心者へおすすめ最安モデルだが…
  5. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  6. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  7. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  8. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  9. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  10. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP