【パソコン不要】Androidスマホで使えるおすすめのペンタブ5機種

パソコン不要のAndroidスマホで使えるペンタブのおすすめ5機種をご紹介。これまでパソコンが必須だったペンタブレットだがAndroidスマホでも使えるということで一気に導入のハードルが低くなった。安い価格で購入できるAndroidスマホ対応のペンタブ情報。 

パソコン不要|Androidスマホで使えるペンタブレットが続々発売

パソコン不要でペンタブがスマホで使えるという朗報だ。これまでペンタブレットを導入するためにはパソコンとイラストが必須だった。初心者にとっては少し高いハードル。ただ今各メーカーからAndroidスマホに対応したペンタブが発売されている。

ペンタブとAndroidスマホの接続方法

XP-Pen_ペンタブレット

接続方法は至ってシンプル。これまでパソコンに接続していたUSB-Aに変換ポートを挟んでスマホやタブレットに接続するだけだ。

製品にもよるが変換ポートが付属されているペンタブも多い。

ペンタブレットをAndroid端末で使えるようにファームウェアを更新

これはワコム製のIntuosの場合。ペンタブレットをパソコンに接続してWacom Intuosペンタブ本体をAndroid端末で使えるように更新する作業が必要になる。更新用のファームウェアなどはダウンロードできる。ということでもしワコム製のペンタブを導入するなら初期設定のためにパソコンが必須。

一方でXP-PENなどであればそれらの作業は不要。直接Android端末に接続するだけでOKだ。

Androidスマホで使えるペンタブ おすすめ5機種

XP-PEN StarG640S

XP-PEN StarGG64S

価格 4260円
読取可能範囲 16.5×10.1cm
ペン筆圧 8192レベル
ペン充電 不要

XP-PENのペンタブ。サイズはSmall。Androidスマホと接続して使用するとなると液晶も小さくなるのでこのくらいのサイズで十分だ。ペンの形状が下で紹介したXP-PEN Deco01よりも本格的。安っぽさを感じさせないデザインでコスパも良くおすすめの製品だ。

 

XP-PEN Deco01

XP-Pen Deco01

価格 5999円
読取可能範囲 25.4×15.8cm
ペン筆圧 8192レベル
ペン充電 不要

こちらもXP-PEN製だがサイズが一回り位大きいMサイズ。Androidスマホと接続して使うけどパソコンとも接続して併用したいというユーザーにおすすめしたいサイズ感だ。ペンの形状が三角形という独特なものなので好みがわかれるが個人的には好き。

 

HUION HS64

HUION HS64

価格 4259円
読取可能範囲 16.0×10.2cm
ペン筆圧 8192レベル
ペン充電 不要

HUIONも中国のペンタブレットメーカー。上で説明したXP-PENと並んで日本のユーザーにも多く選ばれている。アジア、ヨーロッパを主な市場としていてこちらも信頼できるメーカーだ。当サイトでもレビュー記事で紹介している。

Sサイズにあたるサイズ感でAndroidスマホと接続して使うのに適したサイズだ。価格も安くて手が出しやすいのも嬉しいポイントだ。

 

HUION HS610

HUION HS610 梱包内容

価格 7199円
読取可能範囲 25.4×15.2cm
ペン筆圧 8192レベル
ペン充電 不要

こちらもHUION製でMサイズに当たる。こちらも当サイトでレビューしているがペンの使い心地、ペン先が板に触れた時の書き味がとても良かった。長時間ペンタブを使ってのデジタルペイントを楽しみたい方におすすめ。

 

Wacom Intuos Small

ワコム イントス

価格 9680円
読取可能範囲 15.2×9.5cm
ペン筆圧 4096レベル
ペン充電 不要

最後に紹介するのがWacom製のIntuos Small。紹介する中では唯一の日本メーカーのペンタブレット。日本メーカーの安定感と受けられるサポートの充実度、安心感は高い。

 

Androidスマホで使えるペンタブレットのおすすめ まとめ

以上いくつかのメーカーからピックアップしておすすめのペンタブレットをご紹介した。

予算に余裕があって、日本メーカー製の安定感を重視するならワコムのIntuosをおすすめしたい。Intuosの商品リンクを見ればわかるが現時点で動作確認できているスマホの一覧がメーカーから公式で発表されているので自分のスマホが対象となっているかを確認してからの購入をおすすめする。

そのほかのHUION、XP-PENはどちらも中国のメーカー。どちらも質の高いペンタブレットを提供している。ペンの描画性能や追従性は正直どちらもそれほど変わりがない。

あえて違いを指摘するとHUION製のペンはペン先を押し当てた時の沈み込みが深い。コンマ何ミリの世界だが書き味への影響は大きい。これまでワコム製のペンタブを使っていた方は使い出しに違和感を感じるかもしれない。ということで元ワコムユーザーの方にはXP-PEN製のものがおすすめ。

 

 


関連記事

  1. IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

  2. HUAWEI MatePad ProとiPad Pro 11インチを比較!ハイスペックタブレットのお…

  3. 子どもへのプレゼント

    中高校生へのプレゼントにおすすめのワコムペンタブ・液タブはどれ?

  4. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW

    XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiPhoneでも使える!…

  5. Pentablet.Club|Youtube始めました。

  6. 初心者におすすめのペンタブレットのサイズ

  7. ペンタブとは?ペン型のマウスです。マウスとの違いは...

  8. Intuosの仕様を見てみよう!値段は安い?

最新記事

  1. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  2. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  3. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  4. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…
  5. XP-PEN Artist Pro 16(2021年モデル) 液タブレビュー|動…
  6. ペンタブで使える最強左手デバイスTourBox Eliteの新世代を発表!
  7. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP