【HUION売れ筋ペンタブ】仕様一覧にしてまとめました【H610,1060Plus,H420,WH1409,G10T】

HUIONから発売されているペンタブは買い?今売れているHUIONペンタブの仕様を一覧にしてまとめてご紹介。自分に合ったペンタブを選ぶ他の情報まとめ。【H610,1060Plus,H420,WH1409】G10Tがかなりよさそうでおすすめ!

HUIONのペンタブを買おうと思うけど製品仕様の比較表がない。。。と思って選びにくかったので今売れ筋のペンタブの仕様を一覧表にしてまとめてあります。


ここで紹介しているのはこちらの5機種

  • H610PRO
  • New1060Plus
  • H420
  • 420
  • WH1409
  • G10T

それぞれペンタブのサイズ別で分けて仕様を比較してみよう。

 

HUION H610PRO、New1060Plus仕様比較表

H610PRO

 

New 1060Plus

 

テクノロジー 電磁デジタイザ 電磁デジタイザ
有効範囲 10 ×6.25inch 10 ×6.25inch
ショットカットキ- 8個 12個
ファンクションキー 16 個 16 個
反応率 233RPS (回毎秒) 233RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル 2048 レベル
読み取り高さ 0.6″ 10mm
電源電圧 DC 5V DC 5V
消費電力 0.35W 0.35W
解像度 5080LPI 5080LPI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降 Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証 1年間保証
寸法 432 mm x 264mm x 14.8mm 360 mm x 240mm x 10mm
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン 充電式ペン

 

HUION  H610PRO、New1060Plusの価格は?

 

価格を見て思うこと

やっぱ安い!さすがです。筆圧両方とも2048レベル。有効範囲が10 ×6.25inchと十分な大きさでこの価格を実現しているのはすごいとしか言いようがない。

 

 

HUION H420,420仕様比較表

H420

 

420

 

テクノロジー 電磁デジタイザ 電磁デジタイザ
有効範囲 4×2.23inch 4×2.23inch
ショットカットキ- 3個 なし
ファンクションキー なし なし
反応率 200RPS (回毎秒) 200RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル 2048 レベル
読み取り高さ 0.6″ 0.4″
電源電圧 DC 5V DC 5V
消費電力 0.35W 0.35W
解像度 4000LPI 4000LPI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降 Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証 1年間保証
寸法 176.6 mm x 115mm x 7.5mm 177 mm x 112mm x 8mm
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 電池式ペン 電池式ペン

 

HUION  H420,420の価格はどう?

 

おすすめポイント 筆圧

上で比較しているH610PROより有効範囲が4×2.23inchと小さめになっているシリーズ。ただ筆圧は2014レベルだ。ワコムだとこのサイズでこの価格だと筆圧が半分の1048レベルだが、HUIONの場合はココでも2048レベルをもってきている。しかも価格が3000円台。コスパはかなりイイのは間違いない。

 

WH1409仕様一覧表

WH1409
テクノロジー 電磁デジタイザ
有効範囲 13.8×8.6inch
ショットカットキ- 12個
ファンクションキー なし
反応率 230RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル
読み取り高さ 0.6″
電源電圧 DC 5V
消費電力 0.35W
解像度 5080LPI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証
寸法 455 mm x 266mm x 16mm
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン

 

HUION  WH1409 の価格は?

 

HUION最大サイズのペンタブ

こちらは有効範囲が13.8×8.6inchで売れ筋の中で最大サイズのもの。

G10Tのスペック仕様一覧

HUION

寸法 374*177*9ミリメートル
純重 0.7キロ
解像度 5080 LPI
反応率 233 RPS
読取り高さ 12ミリメートル
インターフェース Type C
ショートカットキー 6個
ワイヤレス 2.4GHz
バッテリー容量 2500mAh
作業消費電力 约48mA

HUION 写真

写真にあるように接続にUSB-Cを採用している最新機種。左側にショートカットキーが6個、そしてタッチパッドもついているので右手でペンを、左手でタッチパッドでマウス操作が可能だ。

さらにタブレット本体に充電できる仕様で単体で40時間の連続使用も可能なので外出先でも作業が可能!正直のこのスペック、操作性で価格が15000円を切っているのは驚きだ。PentabletClub編集部でHUIONで一番注目しているのがこの機種。最新の格安価格がこちら↓さらに詳しい仕様もこちらから見られるのでご参考までに。

 

中国製のペンタブメーカーHUIONの今の売れ筋製品の一覧をご紹介した。コスパはどれもかなりイイ!初めてペンタブを使ってみようと検討中の方におすすめのラインナップだ。一昔前の中華タブレットは安かろう悪かろう。ただHUIONは世界的に販売を増やしている今注目のメーカー。第二のシャオミーとなれのか。PentabletClubでも引き続き動向を追っていきたいと思う。


関連記事

  1. ペンタブ初心者がintuosを選ぶ理由に納得!ソフト無料付属ってホント?

  2. 初心者におすすめのペンタブレットのサイズ

  3. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  4. デジタルイラスト完全ガイド|初心者が始めるまでの3ステップ詳しく紹介

  5. HUION LOGO

    液タブメーカ―HUION(フイオン)深セン製造現場視察して感じた品質管理の高さ

  6. HUION液晶タブレットGT-190|ワコム以外で一押しの製品SALE速報

  7. 【開封レビューHUIONペンタブH640】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパクトペンタブ

  8. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外にいいぞ!




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. iOS11 スプリットビュー 画面設定

最新記事 Choice10

  1. 【HP ZBook x2 G4】ワコムペン採用|本気の絵描き仕様液タブを発表
  2. 【Parbloペンタブドライバダウンロード】セットアップ設定方法徹底紹介
  3. 【開封レビューParbloペンタブA610s】ワコム以外ペンタブ筆圧8192レベ…
  4. 【開封レビューHUIONペンタブH640】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパ…
  5. お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 b…
  6. Chuwiノートパソコン・タブレットセール開催中|14.1インチ最安値37,00…
  7. メカニカルキーボードおすすめ3機種|赤軸・青軸・黒軸の違いをレビューして紹介
  8. iOS11 スプリットビュー 画面設定 iOS11でスプリットビューができない?! ←30秒で解決|方法を画像説明。
  9. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカ…
  10. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurf…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP