スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】

XP-PEN ペンタブ Deco Proを先行レビュー。発売前だがメーカーからレビューの機会を頂けたので製品スペック、ペン描き心地をご紹介。Deco Proはスマホで使えるペンタブとしても話題を呼んでいる。パソコンとAdroidスマホに接続しての使用感をレビューする。XP-PEN Deco Proの使い心地、詳細スペックを知りたい方に見ていただきたい情報。

XP-PEN ペンタブ Deco Proのスペック・価格

XP-PENから2019年7月に発売されるペンタブDeco Proの特徴を簡単にまとめるとこうなる。

  • ペン:筆圧8192、傾き検知60度
  • ダイヤル式ホイール+タッチホイール
  • Androidスマホ、タブレットと接続して使用可能
  • グッドデザイン賞受賞の美しいデザイン

この中でも特に注目を集めているポイントはやっぱりこれ。

Androidスマホ/タブレットと接続して使用できるペンタブ

スマホと接続して使えるペンタブとして大きな話題になっている。Android6.0以降の端末であれば接続してペンタブでの操作が可能だ。残念ながらiOSには対応していないのでiPhoneやiPadでは使えない模様。ただAndroidスマホがあればパソコンがなくてもペンタブが使えるようになったのは嬉しい。多くのユーザーが待ち望んでいた新しい形のペンタブ発売だ!

他に忘れてはいけないのが筆圧8192レベルという現時点のペンタブ最高スペックだということと、ワコム以外のメーカーのペンタブでは珍しくペン傾き検知に対応しているということ。最高品質の書き味を提供してくれている。

それでは実際に使ってみての感想を実機レビューでご紹介しよう。

XP-PEN  Deco Pro Sサイズ 実機レビュー

まずは梱包箱から取り出してみる。梱包内容がこちら。

  • ペンタブ本体
  • バッテリーレスペン
  • ペンケース(ペン芯8本内蔵)
  • USB A – USB Cケーブル
  • USB A – マイクロUSB変換アダプタ
  • USB A – USB C変換アダプタ
  • 二本指グローブ
  • マニュアル

Androidスマホと接続するための変換ポートが特徴的だ。

どのアイテムも非常に洗練されたデザイン。ペンタブ本体もシンプルで好きのないデザインだ厚さ7mmの極薄設計で机に置いてみてもかなりスタイリッシュだ。

本体の左側にはタッチホイールショートカットキーが配されている。ファンクションホイールには2種類の操作方法がある。ダイヤル式の回転させるタイプのダイヤルホイールと、中央部分に指を滑らせて操作するタイプのタッチホイールだ。使い心地は後ほどのレビューで詳しく取り上げる。

Deco Pro搭載バッテリーレスペン

ペンは筆圧8192レベル、傾き検知ありとワコムの最新機種にも引けを取らない高スペックとなっている。ペンの太さは通常のボールペンなどよりも太めで長時間作業しても疲れにくいデザイン。グリップ部分がゴム素材となっている。これまでペンタブを使ったことのある人にとってはある意味お馴染みの間違いのない造りだ。

Deco Proをスマホ/タブレットと接続してのレビュー

それでは早速Deco ProをAndroidのタブレットと接続して使用してみよう。接続するタブレットのAndroid OSのバージョンは8.0だ。

タブレット側に何か特別にインストールする必要はない。接続すればすぐにペンでの動きに反応してくれる。ということで使い出すまでは非常に簡単。というよりも接続するだけだ。これまでペンタブを使ったことがなくてパソコンが苦手だという方も全く問題なく使用できるはずだ。

実際に使っていると反応速度や筆圧感知はパソコンと接続して使用するペンタブと全く同じ!すごく新鮮な使い心地で面白い。これは全く新しいペンタブの使い方だ。パソコンを持っていないからこれまでペンタブに手を出せなかった方もこれなら始めやすい。

Deco ProをWinパソコンと接続してのレビュー

パソコンと接続しても使用してみよう。主にはファンクションキーとサイドについているタッチホイールとダイヤルホイールの使い心地をチェック。

使用したソフトはClipStudioPaintProだがデフォルトでキャンパスの拡大/縮小が割り当てられている。回転式のダイヤルホイールはスルスルと回るタイプ。カチカチと一段階ずつ回転するのではないのでどれくらい拡大させるかは感覚次第となる。好みが分かれそうだ。

ホイルの中央部分は指でタッチして反応があるタッチホイールとなる。これまでの製品と異なるのはタッチするとマウスカーソルが動かせるということ。ノートパソコンに手前についているタッチパッドと全く同じ使い方。左手で少しマウスカーソルを動かしたい時に使えるようだ。

実際に使ってみてのサイズ感がこちら。

Deco Proシリーズは2種類のサイズ展開となっている。

  • Sサイズ:本体外形 350.8mm×199.4mm
  •       描画可能範囲 230×130mm
  • Mサイズ:本体外形:227.1mm×399.8mm
  •       描画可能範囲 278×157mm

画像に写っているレビュー機はSサイズだ。ただワコムのペンタブシリーズのサイズと比べるとかなり大きめ。実際に購入するときは実際に寸法の紙などを使っていめーじしてみるようにおすすめする。

XP-PEN ペンタブ DecoProのレビュー動画

実際に使用している様子を動画でご覧あれ。ペンの反応速度や筆圧感知の感じ、サイズ感などをご確認いただけるかと思う。特にAndroidタブレットと接続して描きだすまでをレビューしているが、セットアップ不要の手軽さが魅力だ。

Androidタブレットやスマホと接続したときのペン反応速度はタブレット本体の処理能力に準拠する。さすがにパソコンほどサクサクは動いてくれないが十分使用できるレベルの反応速度だった。筆圧感知もしっかりとしてくれる。

パソコンと接続しての動作は全く問題ない。傾き検知も搭載しているのペン追従性能も良くて本格的にデジタルペイントを楽しみたい方にもおすすめだ。ファンクションキーとダイヤルホイールも魅力の一つ。ペイントソフトのキーボードショートカットキーを割り当てればキャンパスの回転、拡大、ペン太さの調整など使用できるシーンは山ほどある。

XP-PEN Deco Proの評価

ということでレビューでご紹介したが、現時点のXP-PEN製のペンタブレットで間違いなく最高スペックのおすすめ製品だ。特にAndroidスマホと接続して使用できるというのが大きな特徴。手軽にスマホでペンタブを使ってみたいという方から、本格的にパソコンと接続してデジタルペイントを始めたい方にもおすすめだ。現在のAmazonでの最安値はこちらからご覧いただける。

 

XP-PEN DECO PROスペック
ペン筆圧 8192レベル
傾き検知 60度
描画精度 ±1mm
ショートカットキー 8個
タッチホイール 1
インターフェイス USB Type-C
描画エリア  

Lサイズ:278×157mm

Sサイズ:230×130mm

本体厚さ 7mm

 


関連記事

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro

    【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを動画でも検証

  2. XP-PEN Artist15.6 レビュー評価まとめ|星4つの理由をプロが検証

  3. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ

    【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較

  4. XP-PEN Artist22 外観

    【XP-PEN液タブ】実力をプロが徹底検証|ワコムと比較して「買い」かどうかを考える

  5. XP-PEN Artist22E

    XP-PEN液タブArtist22E開封レビュー|美しい液晶、沈み込みの浅いペンが特徴

  6. xp-pen artist reviw

    【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地レビュー

  7. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16 Proどっちが買い…




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  2. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  3. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  4. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  5. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  6. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  8. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  9. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  10. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP