Surface Pro 5の発売日・価格情報|スペックをSurface Pro4と比較

Surface Proの最新製品Surface Pro 5のスペックや発売日、価格情報などがそろってきたのでまとめてご紹介する。製品名は数値がつかないSuraface Proとなったがスペックの進歩点を見るとただのマイナーチェンジではない模様。Microsoftが特に力を入れているラインナップだけに注目度は高い。

Surface Pro 5ならぬ新型の発売日 6月15日に決定

Surface Pro 5の発売日は2017年の春ごろと予想されていた。Softpediaからの情報だが、MicrosoftデザイナーのToby Fitch氏がSurface Pro 5について言及しているのだ。同氏はSurface Pro 5に加えてXboxなどの音声モデルの研究開発に携わっている模様。

ただふたを開けてみると製品名はSuraface Pro 5出はなく、単なるSuraface Proというネーミングだ。日本での発売日は、マイクロソフトストアで6月15日に決定した模様。ストアの文言では「出荷期限」となっている。意味としては販売は開始されているが出荷が6月15日前後になるということだと思われる。

Amazonですでに注文受付開始

Amazonではすでに注文が可能だ。下記から現在の最安値、在庫状況をご確認いただける。

Surface Pro2017年新型の価格情報

なみに前機種のSurface Pro 4の価格だが、一番安いモデルで12万円だった。最高スペックのCore i7 Intel Iris Graphics540,メモリー16G、SSD512Gで25万円。

価格もマイクロソフトストアでアップデートされている。価格の一覧がこちら。

CPU 記憶容量 メモリ 参考税別価格
第7世代インテルCore m3 128GB 4GB 105,800円
第7世代インテルCore i5 128GB 4GB 126,800円
256GB 8GB 146,800円
第7世代インテルCore i7 256GB 8GB 190,800円
512GB 16GB 259,800円
1TB 16GB 315,800円

Surface Pro 4と比較するとスペックが同じCorei7、メモリ16GB,SSD512GBで25万円とほぼ同じ価格設定となっている。安いタイプではメモリ4GBのタイプがあるが正直不安になるスペックだ。確かに価格は安いが動作のもっさり感が否めないだろう。

おすすめとしてはメモリが8GB以上のもの。Core i5かi7に関しては作業内容によって決められるだろう。ペイントソフトを入れてガシガシデジタルペイントを楽しみたいならCore i7がおすすめだ。

Surface Pro 4と比較|新型Surface Pro スペック進歩点

CPU性能の向上

Surface Pro 4は第6世代Coreを採用していた。新型Surface Pro ではKabylakeを搭載している。Core m3/i5モデルではファンレスとなり究極の静けさを実現。Core i7モデルも静寂性が大幅にアップしているとのこと。

ペン描画能力の進歩 筆圧4096レベル 傾き検出対応

正直Surface Proのスタイラスに満足できなかったが、スタイラスの仕様も進歩する模様だ。筆圧は前機種は1024レベルと初心者向け感が強かったが一気に4倍へ進歩し4096レベル。ちなみにこれまでワコムのプロ向けとして販売されていたペンタブレットの筆圧が2048レベル。筆圧レベル的にはプロ向けといってよい数値だ。

さらに注目なのが傾き検出も対応しているということ。実は傾き検出に対応している詠唱ペンタブレットはそう多くない。プロ向けのワコムはもちろん対応しているがそのほかの海外製ペンタブレットはほぼすべて未対応の技術なのだ。より自然な書き心地、多彩な描画能力を備えている。

Surface Dial対応

SurfaceStudio発売とともに発表された話題の左手デバイスにも対応している。詳しくはこちらで説明されている。画面につければそれに対応してダイヤルが画面に出てくるという近未来的なガジェットが使えるのもうれしいポイントだ。

タイプカバー(別売)もあり

Suraface Proおなじみのタイプカバーキーボードにももちろん対応。別売だがSurface Proを使うならぜひ一緒に使いたい。

新型Surface Pro|注目の進歩点

期待されていたSuraface Pro 5とはならなかったが製品としては新製品にふさわしい進歩を遂げている。CPU処理速度の向上はユーザーが肌で感じられる変化となるのでうれしいポイントだ。さらにこれまで心許なかったペンの性能も大幅にレベルアップしている。筆圧はもちろん傾き検出に対応しているタブレットは多くないだけに注目ポイントだ。

iOSとは違いWindowsOSであれば使用できるペイントソフトの幅もかなり広いだけにデジタルペイントを本格的に楽しめそうなタブレットだ。

Amazonで注文受付開始

Amazonではすでに注文が可能だ。下記から現在の最安値、在庫状況はこちらからどうぞ。

 


関連記事

  1. HUION液タブ Kamvas 12 開封レビュー|視差が大幅に改善!

  2. HUION KAMVAS 22Plus

    HUION Kamvas 22Plus 実機レビュー|使ってみてわかった製品の特徴

  3. 【HUION液タブGT-221開封レビュー】待望の筆圧8192対応の最高スペック機種徹底検証

  4. SurfaceStudioスペック・価格|日本での発売日決定!ワコムCintiq27とプロが比較

  5. HUION LOGO

    液タブメーカ―HUION(フイオン)深セン製造現場視察して感じた品質管理の高さ

  6. ACEPEN (AP906)ペンタブ開封レビュー|Google Pixel 4aで使ってみた

  7. XP-PEN Artist15.6 Pro

    【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを動画でも検証

  8. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP