ビジネスで使えるスマートウォッチのおすすめ【2020年版】

ビジネスシーンで違和感なく活躍できるスマートウォッチも増えてきた。スマートウォッチの中から、ビジネス向けのユーザが購入時にチェックすべきポイントをご紹介。さらに編集部おすすめのビジネス向けスマートウォッチを厳選してランキングでご紹介する。

ビジネス向けスマートウォッチのメリット4つ

①通知を簡単に確認

スマートウォッチを持つ最大のメリットはズバリ”時間の節約になる”という事。ビジネスなどで毎日大量のメールやSNSでのやり取りをする方は、その都度携帯をポケットやカバンから取り出しては確認し返信している。そして気づかないうちに、一日のうちかなりの時間をこの作業に取られている。

ただビジネス向けのスマートウォッチであればその手間が一切かからない。メールや電話、SNSのメッセージを腕につけたスマートウォッチ上で確認し、しかもそのままイヤホンをつけて通話したり簡単な返信もできてしまうのだ。

②作業高効率化アップ

スマートウォッチの基本的機能に加えて、最近のビジネス向けスマートウォッチはビジネスシーンにあるとより効率的がアップする機能が搭載されている。スケジュール管理、ボイスレコーダー機能、エコノミークラス症候群防止のため一定時間座り続けているとアラートてくれるものなどなど。

さらにスマートウォッチ上でリアルタイムでデータ管理ができるものもある。自分のビジネスシーンにしっかりとマッチしたスマートウォッチを選べば、作業効率も格段にアップする事間違いなし!

③他の機能でビジネスライフをサポート

ビジネス向きスマートウォッチとはいえ、様々な生活シーンを”スマートにこなせる”ようにサポートしてくれるのもポイント。例えばおサイフケータイ対応のスマートウォッチであれば、通勤時の急ぎながらの買い物でもさっと腕をかざすだけで支払いができてしまうのだ。

その他万歩計としての機能や心拍数なども計測できるので、日常生活で陥りがちな運動不足を解消するヘルスケア役としてもおすすめだ。

④優れたデザイン性

ビジネスでは身繕い、つまりルックスも非常に重要なファクターだ。中でも腕時計はいわばステータスの一つとして、着けている人の人となりを物語る。最近のビジネス向けスマートウォッチは他のビジネスアイテムとマッチするようなデザインのものが増えてきている。

これまでカジュアルなデザインが多くビジネス向けとしては少し敬遠されてきたスマートウォッチだが。今となっては高いデザイン性も相まって頼もしいビジネスパートナーなのだ。

ビジネス向けスマートウォッチの選び方

① 対応OS|選択肢が多いのはAndroid系

スマートウォッチを購入する際、まず確認しておきたいのがOSだ。これによってリンクできる端末が異なってくる。Apple Watchに搭載されている”Watch OS”は、Apple系端末でしか使えない。一方、Android系に搭載されている”Wear OS by Google”はAndroid系だけでなくApple系端末にも対応しているものが多い

ここ数年でWear OS by Google搭載のスマートウォッチが大幅に増加し、市場全体が急成長している。そのためビジネス向けで考えるとOSやデザイン性の面から後者がおすすめ

他にもスマートウォッチにはTizsnというOSが搭載されている機種がある。こちらのOSはAndroid系端末とiPhone端末どちらともリンクができるが、iPhone系端末は一部の機能が使えないものもあるので購入前にチェックしておこう。

② デザイン|ビジネスシーンにあったデザイン

先ほども考えたように、ビジネスシーンでの腕時計はステータスとしての意味合いを持っている。そのため、パッと相手が自分を見た時に腕時計だけが余りにカジュアルで浮いてしまうことのないようにしたい。

自分の持っているスーツや革靴などのビジネスアイテムにマッチしたデザイン&カラーを選ぼう。最近のスマートウォッチは革バンドや、見た目はクオーツのクロノグラフというようなデザインもあるので、ビジネス向けとはいえ選択肢が少なくて困ることはないはず。

③ 機能|ニーズあった機能をセレクト

スマートウォッチの数ある機能をきちんとセレクトするためにも。自分のビジネスシーンでのニーズをはっきりさせておこう。機能が多くなれば当然それだけ価格も比例して高くなる。使わない機能のために高い買い物をする必要はない、機能を”セレクトする”とはそういう意味。

例えば、同じビジネス向けスマートウォッチでも事務仕事が多い人は、防水防塵機能よりボイスレコーダー機能やデスクワークの休憩を促すアラート機能が必要かもしれない。逆に、営業などの外回り業務の多い人にとっては高い耐候性は必要になる。

2020年おすすめビジネス向けスマートウォッチ BEST5

小さい腕時計ながら高機能でビジネスシーンでも頼れる相棒のスマートウォッチ。今回はたくさんあるスマートウォッチの中から編集部おすすめのビジネス向けスマートウォッチベスト5をご紹介しよう。

「ランキングを見る時間がない!一番のおすすめだけ教えてほしい!」という方には、こちらをおすすめ。

Fossil  Gen 4 Q Explorist HR

今回のランキングの1位の商品だ。主張し過ぎないデザインでビジネス向けにピッタリだ。しかも仕事効率化の機能もしっかり搭載されている。忙しくてランキングを見れないそんな毎日を変えてくれるかもしれない。

 

第5位 Galaxy Watch Active2

「ルックス重視。腕時計はレザーバンドですっきりしたデザインがいい」という方にはこちらのGalaxy Watch Active2がおすすめ。金属部には高い耐久性のあるステンレススチールが採用されており。カラーも3色選からぶことができる。バンドがレザーになっているので、カッチリしすぎることなくオフスタイルでも使いやすい。バンドカラーにはピンクも設定されているので、カップルで色違いをつけるのもおすすめ!

価格 35,055円
OS Tizen Wearable OS 4.0
文字盤サイズ 直径40mm
ーおすすめの理由ー

  • すっきりしたベゼルレスデザイン
  • レザーストラップ
  • 駆動時間約43H

 

第4位 HUAWEI Watch GT2 Elite

「ビジネス向けのデザインで、充電頻度の少ないモデルがいい。」という方にはHUAWEI Watch GT2 Eliteがおすすめ。毎日の充電がマストだとうっかり忘れてしまった時が大変だ。しかしHUAWEI Watch GT2 Eliteは一回の充電で通常使用でなんと約2週間(GPS使用で30時間)使用し続ける事ができる

さらに見た目ビジネス向けのデザインだが、気圧高度計、コンパス、ライトなどなど大人の遊び心をくすぐる機能もおすすめポイントの一つ。こちらの商品はアマゾンでセール価格になることもあるのでまめにチェックしておこう。

価格 36,080円
対応OS Android 4.4+/iOS 9.0+
文字盤サイズ 直径46mm
ーおすすめの理由ー

  • 音楽再生&保存機能
  • 付け替え用カジュアルベルト付属
  • 駆動時間最長約2週間

 

第3位 SEIKO wena wrist pro  -LOWERCASE Edition-

「クオーツ時計の高級感とスマートウォッチの便利機能の両方がほしい!」という方には間違いなくSEIKO wena wrist pro  -LOWERCASE Edition-がおすすめだ。いわゆる”ザ・スマートウォッチ”というようなデザインは、業種によってはまだビジネスシーンには浸透していないのが日本の現状。

しかし、このSEIKO wena wrist proであれば、老舗時計ブランドが持つクオーツの美しいデザインに加え、バンド部でスマートウォッチ機能が使えるのだ。他のビジネスアイテムとも自然にマッチするおしゃれアイテムだ。

価格 101,090円
対応OS iOS10.0+/ Android 6.0+
文字盤サイズ 直径42.5mm
ーおすすめの理由ー

  • 腕時計本来のデザインを便利機能の両方どり
  • ステータス感抜群
  • 時計&スマートウォッチでコスパ〇

 

第2位 Apple Watch Series 5(GPSモデル)

スマートウォッチといえばApple Watch。スマートウォッチ業界の先駆になった商品だ。Apple系端末との相性が良くたくさんのアプリも使用できるので、Apple製品をすでに持っている人には特におすすめ。通知機能などに加えて有事の際の緊急SOS機能や転倒検出機能などの安全性能も魅力の一つだ。

価格 47,069円
OS Watch OS
文字盤サイズ 直径40mm
ーおすすめの理由ー

  • 高いブランドイメージ
  • Apple系端末との相性の良さ
  • ヘルスケア機能

 

第1位 Fossil  Gen 4 Q Explorist HR

ビジネス向けスマートウォッチとして求められる機能とデザインをバランスよく兼ね備えているのがこのFossil  Gen 4 Q Explorist HRだ。アメリカが誇る腕時計メーカーFossilの開発したスマートウォッチで、シンプルなデザインとその使い勝手の良さが高い評判を得ている。

これ一つで音楽を再生したり、キャッシュレスで支払いをしたり、Googleアシスタントを使ったりと、まさにビジネス向けスマートウォッチとして申し分ない

価格 47,943円
対応OS Android OS 4.4+(Goエディションを除く)、iOS 9.3+
文字盤サイズ 直径45mm
ーおすすめの理由ー

  • タッチスクリーン
  • マイク搭載
  • 高速充電機能

 

2020年おすすめビジネス向けスマートウォッチ BEST5|まとめ

今回は2020年おすすめビジネス向けスマートウォッチをランキング形式でご紹介した。

  • 価格を抑えつつおしゃれなスマートウォッチが欲しい方

Galaxy Watch Active2。初めてスマートウォッチを試してみたいという方にもおすすめ。

 

  • 腕時計の美しさと便利機能の両方が欲しい方

SEIKO wena wrist pro  -LOWERCASE Edition-真面目正統派ビジネスマンというイメージのまま、便利機能で仕事の効率UP!

 

  • デザインはおとなしく、コスパ重視で仕事の効率化を図りたい方

Fossil  Gen 4 Q Explorist HRがおすすめ。ビジネス向けスマートウォッチとしての機能を備えつつ、デザイン、価格ともにベストバランスの商品

 

スマートウォッチはその使用シーンによってデザインも機能も大きく異なる。この記事のおすすめを参考に。自分のビジネスシーンにピッタリ合った相棒スマートウォッチを手に入れてほしい。


関連記事

  1. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のSurfaceタイプタ…

  2. ASUS ZenBook Flip S日本での発売日・価格に期待|世界最薄、4K解像度2in1ノート…

  3. xiaomi mi6梱包箱

    【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

  4. Galaxy Note8 日本発売日はiPhone 7sよりも先の9月か|スペック情報を整理

  5. Xiaomi2017年最新スマホ Mi MIX2 発売日・価格決定|意外な安さに会場が沸き立つ

  6. ASUS ZenPad 3S 8.0

    ASUS ZenPad 3S 8.0のスペック|日本での発売日や価格に期待

  7. BLUEDOT BNT

    BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-801W】

  8. お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 by Amazon

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【比較】iPad Pro 12.9 (2020年)とSurface Pro 7の…
  2. XP-PEN G960実機レビュー|Zoomなどオンライン会議におすすめ
  3. ワコムストアアウトレットセール 27インチ液タブが15.4万円は安すぎ|ワコムストアアウトレットセール開催中
  4. 2020年iPhone対応USBメモリのおすすめBEST5
  5. 【iPad Pro 新型(2020年)】スペック・価格を旧iPad Pro(20…
  6. 無料とは思えない高機能イラストソフト|絶対おすすめ10選
  7. 2020年Mac miniを選んで得する人|同じ価格、スペックで買えるMacBo…
  8. ビジネスで使えるスマートウォッチのおすすめ【2020年版】
  9. Amazon Echo Show 8でできる5つのこと|レビュー評価のまとめ
  10. Cintiq 16のおすすめフィルム|高評価なペーパーライクフィルム3選

人気の記事 TOP5

PAGE TOP