【お絵かきタブレットPC】プロがおすすめする厳選5機種【2021年版】

おすすめのお絵かきタブレットPCを厳選してご紹介。お絵かきタブレットPCとして利用できるものに絞って厳選した5機種。お絵かきとなると筆圧感知は必須。購入するとなると価格も大切な要素だ。自分の用途に合わせてベストな選択をするための情報。

お絵かきタブレットPCのおすすめの選び方

こちらの記事は2018年から2019年にかけてのおすすめ製品を紹介している。

2021年現在のお絵かきタブレットのおすすめはこちらの記事で紹介中だ。

 

お絵かきタブレットの基本情報は同じなので、興味のある方は引き続きご覧あれ。

 

さてさて、タブレットPCを選ぶ際に一般的に注目するのはCPUや画像解像度など。ただお絵かきタブレットPCを選ぶ時にはそれに加えてペンの筆圧感知をチェックするべき。

ペン筆圧感知とは

お絵かきで使用するならペンに筆圧感知は必須だ。ペン筆圧感知とはペンに加える筆圧に応じて線の太さが変化する機能だ。

HUION 1060Plusで書いた線

筆圧感知ペンなら上部のような線の太さの調整も簡単にできる。筆圧レベルは読み取れる段階を数値化しているもので判断できる。現在のデジタルペイントガジェットの最高スペックは8192レベル。ただ実際のところ2048レベルあればプロの方も使用できる。

ということも踏まえながら当サイトでおすすめするお絵かきで使用できるタブレットPCを厳選してご紹介しよう。

Wacom MobileStudio Pro 13インチ|プロに選ばれる一押し

Wacom MobileStudio Pro

筆圧レベル 8192レベル
解像度 2560×1440
液晶サイズ 13.3インチ
CPU Intel Core i5-6267U
価格 172,800円(税込み)

ワコムから販売されている。ワコムはデジタルペイント専用のペンタブ、液タブを開発販売しているメーカー。世界中のプロのクリエイターに例外なく選ばれている製品。これから本格的にデジタルペイントを始めたい方におすすめしたい。

iPad Pro + Apple Penci|初心者の方におすすめ

筆圧レベル
解像度 2048×1536
液晶サイズ 9.7インチ/13インチ
CPU Apple A9X
価格 約75,000円-

Appleから販売されているiPad ProとApple Pencil。使用者のレビューではペンの反応速度と滑らかさに定評がある。iOSのアプリを使用できるのもポイントだ。最近CLIP STUDIO PAINTが発売開始された。

これから初めてデジタルペイントを始めたいと思っている方におすすめだ。

Surface Pro|Microsoftの安定感

Surface Book

筆圧レベル 4096レベル
解像度 2736×1824
液晶サイズ 12.3インチ
CPU Intel Core i5 他
価格 124,000円 ~

Microsoftから販売されているお絵かきでも十分使用できるタブレット。筆圧4096レベルなのもそうだが、安定した処理能力で複雑なペイントソフトも余裕を持って動かせる。スタイリッシュなデザインでもちろんデジタルアート以外でも活躍してくれる。

raytrektab DG-D08IWP|コスパ最強のWinOSタブレット

筆圧レベル 4096レベル
解像度 1280×800
液晶サイズ 8インチ
CPU Intel Atom x5-Z8350
価格 46,112円(税込み)

ドスパラから販売されている8インチタブレット。OSはWindows10搭載だ。こちらは販売開始当初から注目を集めていた。筆圧4096レベルペンの反応も良好。コスパも高くこの機能を搭載しながら4万円台だ。比較的手軽に始められる価格帯なので初めての方にもおすすめ。

HP ZBook x2 G4|日本未発売の期待の製品

筆圧レベル 4096レベル
解像度 3840×2160
液晶サイズ 14インチ
CPU Core i7-7500U
価格 1,749ドル

最後に紹介するのはHPから販売されている製品。ただ現時点でまだ日本での販売が開始されていないので希望も含めてのご紹介。デジタルペイント専用に扱っているワコムと並べても引けを取らない性能に期待だ。

お絵かきにおすすめのタブレットPC まとめ

お絵かきで使用できるタブレットのおすすめを厳選してご紹介した。簡単にまとめるとこうなる。

  • 初めてでコスパ重視 ➡ ドスパラ raytrektab
  • プロ向け本格性能タブ ➡ ワコム MobileStudio Pro
  • お絵かき以外でも使えるWinタブ ➡ マイクロソフト Surface pro
  • お絵かき以外でも使えるMacOS ➡ Apple iPad Pro

自分の用途を確認してから選べばベストな選択ができそうだ。参考にしていただいて自分に合った製品でデジタルペイントを楽しんでいただければ幸い。

 


関連記事

  1. HUION液タブ GT-156HD開封レビュー|ワコムの半額だが仕様数値は同等

  2. XP-PEN Artist15.6 レビュー評価まとめ|星4つの理由をプロが検証

  3. HUION Kamvas 16 2021 review

    【実機レビュー】HUION 2021年新型液タブ Kamvas16(2021)|レビューで徹底検証

  4. GT-156 V2 デザイン

    【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

  5. 【4.3万円 21.5型液タブ開封レビュー】業界最安価格の大型液タブ徹底検証!(Acepen AP-…

  6. HUION KAMVAS Pro 24 2020

    液タブのサイズ選びの悩みを2分で解決|人気のおすすめサイズは16インチ

  7. HUION KAMVAS 22

    HUION液タブKamvas 22 実機レビュー|Kamvas 22Plusとの違いは?

  8. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底検証

最新記事

  1. iPhone12 mini Pixel 4a スペック比較 5インチサイズ高性能スマホのおすすめ|iPhone12miniとPixel 4a…
  2. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  3. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  4. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  5. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  6. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  7. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判

人気の記事 TOP10

  1. iPhone12 mini Pixel 4a スペック比較
PAGE TOP