GAOMON PD1161 実機レビュー| 価格2万円を切る小型液タブの描き心地はどう?

GAOMONの液タブPD1161のレビュー記事。実際に使ってみてのサイズ感、描き心地、筆圧感知やペン追従性能をチェックしてご紹介する。

GAOMON 液タブPD 1161|液タブ初心者におすすめ

PD1161はGAOMONから2021年に発売されている11.6インチの小型の液タブ。Amazonなどで購入できる。

 

今購入できる液タブの中で最も安い価格で購入できる製品だ。ワコムのProモデルの板タブよりも安い。コスパは抜群だ。

まずは製品のスペックをチェックしよう。

GAOMON PD 1161スペック

液晶サイズ 11.6インチ
解像度 1920*1080
色域 72% NTSC
フルラミネーション 未対応
ペン筆圧 8192レベル
ペン傾き検知 60度
読取高さ 10mm
インターフェイス 1 x Mini HDMI
1 x USB-C
ファンクションキー 8個

特徴をまとめると、

  • 11.6インチ小型液晶、フルHD解像度
  • 液晶色域は狭い
  • ペン筆圧・傾き検知は最高レベル

描き味に関係してくるペンの描画性能は高い。ただ液晶のスペックは最高位ではない。

初めて液タブを使うユーザー、趣味で手軽にお絵描きを楽しみたい!という方にとっては十分なスペックだ。そして何よりも価格が安い!液晶サイズも扱いやすい小型11.6インチなので作業スペースも気にせず選べる。デジタルペイント初心者におすすめしたいモデルだ。

実際に開封して使ってみての感想がこちら。

GAOMON 液タブPD 1161実機レビュー

付属品がこちら。

  • PD1161本体
  • バッテリーレスペンAP50
  • 電源アダプター
  • 三分岐ケーブル
  • ペンたて(替え芯x8 内蔵)
  • クイックスタートガイド

液タブ本体を実際に持ってみると予想していたよりも軽くてびっくり。本体サイズは361.6 x 200 x 13mm。本体は薄く、軽いのでスタンドも選びやすい。簡単なスタンドで十分支えられる。

本体左側に接続ポート、液晶のカラーや明るさを調整するOSDメニューがついている。

付属ペンがこちら。

ペンのグリップ部分がゴム素材になっている。液タブのペンの中では細めのデザイン。ペンの太さは好みが分かれる部分。太めのグリップが好きな方は後から他メーカーのグリップカバーをつけてもいいかもしれない。ペンの作りはちょっとチープな感じがあるけれど価格帯から考えると妥当だ。

本体左側には8個のファンクションキーが配置されている。

本体をパソコンと接続して使ってみる。

液晶11.6インチで解像度フルHDなので液晶表示は美しい。視野角178度なので角度をつけた時の色変化も感じなかった。NTSCカバー率が72%と他メーカーのプロモデルと比べると低めだ。(XP-PEN Artist 13.3ProはNTSC88%)ただ2台並べて見比べない限りはその変化に気づかないレベル。(初心者であれば)プロの絵師であればわかるのだろうけれど、趣味で楽しむレベルであればそれほど気にせず選んで問題ない。

実際に使ってみてのサイズ感がこちら。

描き心地、筆圧感知の感度などは良好だ。

上記画像はMac OSでクリスタを開いている画面。キャンパスとメニュー画面を同時に表示させている。液晶が小さいのでメニューボタンもキャンパスも狭く感じる。

ただ手首を使って小さい範囲で描くタイプの方であれば問題ない。キャンパスの拡大縮小を頻繁にすることになるので、本体左側に配置されている8個のファンクションキーを活用できる。

広いキャンパスで大きな作品を描画したい!という方にはあまりおすすめできないサイズ感だ。腕を使って大きく描くタイプの方は、15.6インチか22インチサイズの液タブがおすすめ。

GAOMON PD 1161 レビューまとめ

まず前提として押さえておきたいのは価格が2万円を切っていること。液タブがこの価格で購入できるというのは大きなポイント。しかも付属ペンのスペックは最高位レベルの筆圧感知・傾き感知なので描画性能は高い。

液晶の小ささ、液晶色域カバー率の低さが気になるけれど、価格帯を考えると妥当なトレードオフだ。むしろ初心者であればあまり気にならない部分。デジタルペイントに挑戦してみたい方が手軽に購入してデジタルペイントを楽しむのには最高の一台だ。

Amazonでの価格はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. お絵かきタブレットPC|2021年におすすめしたい厳選6機種

  2. XP-PEN24インチ液タブ(Artist 24Pro)が10万円切ってるぞ!スペック徹底検証

  3. HUION液晶タブレットの仕様一覧表【GT-220,GT-190,GT-185,GT-156HD】

  4. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  5. GT-191 外観全体

    【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レベル最新機種

  6. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外にいいぞ!

  7. HUION 24インチ 液タブ

    HUION KAMVAS Pro24 液タブの実機レビューで分かったこと

  8. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ

    【2021年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較

最新記事

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…
  2. GAOMON ペンタブ M1220のレビュー|実際に使ってみての感想
  3. GAOMON PD1161 実機レビュー| 価格2万円を切る小型液タブの描き心地…
  4. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  5. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  6. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  7. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方

人気の記事 TOP10

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW
PAGE TOP