GAOMON ペンタブ M1220のレビュー|実際に使ってみての感想

GAOMONのペンタブM1220の実機レビュー。ペン筆圧感知8192レベル、傾き検知±60度。描画可能範囲25.4cm×15.8cm。2021年最新ペンタブの詳細をレビューでご紹介。

GAOMON ペンタブM1220 実機レビュー

GAOMONから2021年に発売されているペンタブM1220は買いなのか。まずは価格とスペックをチェックしてみよう。

 

GAOMON M1220 ペンタブ スペック

描画範囲 25.4cm×15.8cm
筆圧感知 8192レベル
傾き検知 ±60
反応速度 266pps
読取可能高さ 10mm
ショートカットキー 8個+ダイアルキー

本体のサイズ感、デザインを見てみよう。フルサイズキーボードと並べてサイズをチェック。

ワコムで販売されているペンタブと比べると、MサイズとSサイズの間くらいの大きさ。本体の厚さは7.6mm。

かなり薄いので、ペンタブの端の方を使う場合も段差がさほど気にならない。

本体の左側にショートカットキーとダイアルキーが配されている。

押すとしっかりとクリック感のあるボタンだ。ダイアルキーはボタンがクルクルと回転するタイプではなく、タッチで指を滑らせるタイプ。ボタンタイプよりは操作感があまり良くないけれど、拡大縮小などの操作効率をあげられるのはポイント。

本体上部にはマルチメディアキーが配されている。ただ固定で設定されていて自分でカスタマイズはできない。音量の上げ下げやミュート、タスクマネージャーが開けたりといった機能。個人的にはあまり使わなさそう。せめて自分で設定できるようにして欲しかった。。。

接続はペンタブ側がUSB-C、PC側がUSB-Aだ。

ペンタブを実際に触ってみて製品としての質の高さを感じられた。価格約8,000円とペンタブの中ではそれなりに高い価格帯。価格帯の期待値に応える造りで安っぽさを感じることもなく、長く使えそうな品質だった。

GAOMON M1220の使い心地

実際に使ってみてのサイズ感がこちら。

画像で見てわかる通り大きめのサイズ感。試用期間は27インチ液晶、クリスタで運用してみたけれど十分なサイズだった。

ペン筆圧感知やペンの追従性能は快適そのもの。正直なところペンタブの描画性能はどのメーカーも変わらない。あとはペンの持ち心地、ショートカットキーとの相性、価格で選べば良い。

GAOMON PD1220のペンとしての描画性能は間違いないレベル。ショートカットキーとダイアルキーもスタンダードなスペックだ。本体上部に配されているショートカットキーが鍵で、音楽ソフトを直接操作できるのがポイント。日常的に音楽を聴きながら作業しているユーザーにとっては理想的な配置だ。

現在のAmazonでの価格はこちらからご覧いただける。

 

GAOMON PD1220のおまけ

おまけとしてペンタブ表面の傷を防止するシートとフォトショップショートカットキー一覧が書かれたマウスパッドが梱包されていた。

カバーデザインの好みは分かれそうだけれどペンの摩擦係数も若干変化するので好きな方を選べば良さそうだ。

 

 


関連記事

  1. 【ワコムペンタブのサイズ】SとMどちらがおすすめ?両方1年使ってみての感想

  2. 天然素材の木目デザインがおしゃれなペンタブ|プリンストンWoodPad

  3. ペンタブレットの選び方

    【初心者へおすすめ】安いペンタブランキング|実際に使ってみての評価【2022年版】

  4. intuos-pro

    【Wacom Intuos Pro】仕様と価格徹底検証!2017年新製品ペンタブの実力

  5. gaomon m10k konpou

    【開封レビュー】GAOMONペンタブM10K|電池不要ペン対応モデル

  6. 【Wacom Intuos Pro Paper Editionは買い?】使い方徹底調査|最新価格情報…

  7. IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

  8. Windows10対応のワコムペンタブレット一覧

最新記事

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…
  2. GAOMON ペンタブ M1220のレビュー|実際に使ってみての感想
  3. GAOMON PD1161 実機レビュー| 価格2万円を切る小型液タブの描き心地…
  4. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  5. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  6. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  7. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方

人気の記事 TOP10

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW
PAGE TOP