液タブにぴったりのパソコンデスク発見!Twitterで話題の製品を徹底検証(サンワサプライ 100-DESKN003)

最近Twitterで突如9万4000回を超える”イイね”がされた液タブ作業にぴったりのパソコンデスクトップをご紹介。サンワサプライの昇降式パソコンデスク100-DESKN003/100-DESKN004だ。価格、仕様などデジタルペイントのユーザー目線で徹底検証する。本格的なデジタルペイントにピッタリのデスクトップを探していた人必見の記事。

Twitterで話題になっていたパソコンデスクトップがこれ!

こちらが話題になったTwitterの投稿。

そしてこちらがそのTwitterで話題となったパソコンデスクトップ、サンワサプライの昇降式パソコンデスク100-DESKN003/100-DESKN004だ。見るからに普通のパソコンデスクトップとは異なる。

価格はそれぞれ・・・

  • 80cmサイズ(100-DESKN003LM/M)・・・15,800円
  • 120cmサイズ(100-DESKN004LM/M)・・・18,800円

こちらの製品だが、Amazonや楽天市場で販売されている。

 

値段としては極端に安いという印象はない、コスパという点で買いなのかをみる必要がある。どうやら液タブユーザーにとって嬉しいポイントがてんこ盛りらしい。早速調査開始。

液タブにおすすめパソコンデスクトップを徹底調査

こちらのパソコンデスクトップの主な特徴を液タブユーザー目線でまとめた。

おすすめポイント①|角度調節機能

こちらのパソコンデスクトップ、天板の一部分の角度を自由に調整できる多機能可変デスク。特に天板の一部分が0~80度まで調節することができるのがポイント。ここに液タブなどを置けば自分に合った楽な姿勢で作業ができる

液タブでのデジタルペイントは長時間同じ姿勢での作業になるので、楽な姿勢がキープできるかはかなり大切な要素だ。そのため多くの液タブ本体にはスタンドがついている。

初めからこんな親切設計がされたパソコンデスクトップは、まさに液タブユーザーのためといってもいいくらいだ。

さらに角度調節ができる天板部分には、液タブをなどを置いて傾けた時のずれ落ち防止ストッパーがついている。これで作業中でも液タブが落ちたりすることを心配せずに作画に集中できる。

おすすめポイント②|高さ&足幅調節機能

高さも広範囲に調節できる。もちろん高さ調整に工具は必要ない。調整幅が大きいのでオフィスチェアや座椅子にもジャストフィットするし、ベッドをまたぐように置くことも可能だ。

ほかにも足幅を広くしてPC本体を下に置いておくのもおすすめ。自分のニーズに合わせて思い通りの姿勢に調整できるのがおすすめの理由。

おすすめポイント③|選べる天板サイズ&カラー

天板サイズとカラーをそれぞれ2パターンから選ぶことができる。天板サイズはそれぞれ幅80cmと120cm(奥行はどちらも同じ60cm)。カラーは”ライトブラウン”と”ブラウン”の二つからセレクト。

サイズに関しては、幅80cmのモデルでも角度調整ができる部分に16インチサイズノートPCがきれいに収まる。それでいてマウスの置く場所もしっかり確保できるので、作業空間を小さくコンパクトにしたい人には80cmがおすすめ

おすすめポイント④|モニターアーム対応

デスクスペースを最小限にしたい場合にはモニターアームがおすすめ。これを使えば大きなモニターを設置するためのスペースは必要ないため、天板サイズを小さくすることができる。今回のこちらのパソコンデスクトップはモニターアームにも対応した設計なので安心して使える。

ちなみにこのデスク本体の重量が14kg、耐荷重も50㎏で、モニターアームを使った大型モニタにも十分耐えられる剛性もある。(角度調整ができる部分は耐荷重30kg)

おすすめポイント⑤|ドリンクホルダー搭載

意外と嬉しいのがこのドリンクホルダー。作画は長時間作業になるため飲み物をデスクに置いておきたいと誰しもが思うもの。ただPCや液タブ、キーボードなど機器類にこぼしてしまうことを心配している人も多いかもしれない。

実際デジタルペイントは通常のPC作業とは異なり手のモーションが大きいうえに作画に集中しているのでその心配は確かに必要だ。しかしこの深さ9㎝のドリンクホルダーがあればこぼす心配なく好きな飲み物を片手に作業ができる。もちろん飲み物以外にもペン立てや小物入れに使うこともできる。

液タブにおすすめパソコンデスクトップまとめ

今回はTwitterで話題になった液タブピッタリのパソコンデスクトップをご紹介した。ほかにも、天板の防水加工や脚部のキャスター、スチール製の足でマグネット式タップコンセントが使えるなど、まだまだ便利に使える要素が詰まっている。

使い勝手の良さを考えると確かにハイコスパ、編集部もおすすめの商品だ。

自分で液タブ用に凝ったデスクレイアウトをわざわざつくらなくても、このパソコンデスクトップであればすでに液タブ作業で必須の要素とプラスαを持っている。液タブの作業環境の改善を考えている方、これから液タブでのデジタルペイントを始めようという方。このパソコンデスクトップ、買っておいて間違いはない。

こちらの製品だが、Amazonや楽天市場で販売されている。

 

 


関連記事

  1. Bamboo Omniに自主回収のお知らせ!ペン入力検知機能に不具合

  2. 液タブにおすすめの机|ベストな奥行き・高さは?値段別選び方

  3. おすすめロータイプゲーミングデスク|安いコスパ最強のベスト5【2021年版】

  4. Bamboo Tip gaikan

    【Bamboo Tip】iOS/Android対応だがペアリング不要!ワコム極細スタイラスペンがすご…

  5. ミニPC(小型PC)の選び方|性能・価格を比較してのおすすめ3機種【2021年版】

  6. 空中マウス おすすめ

    空中マウスのおすすめ|ジャイロセンサーやキーボード搭載のベスト5

  7. bamboo slate

    手書きメモのデジタル化が一瞬でできるBamboo SmartPadが便利すぎる!使用シーンで見る実力…

  8. Zoom Web会議におすすめのPCマイク|安いけど高品質なマイクを厳選

最新記事

  1. iPhone12 mini Pixel 4a スペック比較 5インチサイズ高性能スマホのおすすめ|iPhone12miniとPixel 4a…
  2. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  3. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  4. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  5. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  6. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  7. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判

人気の記事 TOP10

  1. iPhone12 mini Pixel 4a スペック比較
PAGE TOP