おすすめキーボードレビュー|ノートパソコンと同じ打鍵感の薄型タイプ

おすすめのキーボードレビューをご紹介。ノートパソコンと同じキーストロークの浅い打鍵感で使える薄型タイプ(押し込みが浅い)を探し求めてやっと発見したおすすめキーボードがコレ!とにかく薄型の外付けキーボードが欲しいんだという方に見て欲しい情報。

ノートパソコンユーザーにとってはキーストロークの浅い薄型キーボードが正義

打ち込みの浅いキーボード

わたしもそうだがこれまでノートパソコンのキーボードを使っているとデスクトップに付属されているキーボードの打鍵感に戸惑うことが多い。打ち込みが深すぎて指が疲れるし、他のキーを打とうとすると引っかかってスムーズに打てないのだ。ただ自宅ではデスクトップパソコンを使いたい。でもキーボードはノートパソコンのキーストロークの浅いものが良い。

こんな悩みを解決してくれる外付けのキーボードを発見したのでしばらく使ってみてのレビューもあわせてご紹介する。今回ご紹介するのがこちらだ。

エレコム ワイヤレスキーボード 薄型TK-FDP071TBK

エレコムから出ている薄型のキーボードだ。特徴は何といっても打鍵感の薄さ。キーボードと同じ打鍵感をお探しの方はこれを使うと、コレだ!と思うに違いない製品だ。

極薄キーボード使ってみてのレビュー|良かったポイント

打鍵感はノートパソコンそのもののキーストロークの浅さ

ノートパソコンのようなキーボード

まずみてもわかるがキーボードの押し込みは非常に浅い。ノートパソコンそのものだ。この打鍵感を探してたんだと思える打ち心地。まずはこれが一番大きな良かったポイントだ。

コンパクトでスタイリッシュなデザイン

キーボード本体は非常にコンパクトで薄い。作業場所をかなりスッキリさせることができる。カラーは光沢のあるブラック。アップル製品に通じるものがあるスッキリしたデザインで満足できる。

12種類の独特のショートカットキー

キーボードに備え付けられているショートカットキーもなかなか使えて良い。テンキーの右上に電卓を起動させるキーが付いているのは珍しい。他にもインターネット、メールの起動、オーディオの操作、音量、画面の明るさなど直感的に操作させたいものが揃っているのも良い。

ちなみにこのキーボードにはマウスも付属している。小さめでコンパクト。左右対称なので右左両方対応だ。高さは一番高い部分で28mmと低めの設計。

エレコムマウス

使ってみてのレビュー|残念なポイント

Back Spaceが小さい

キーボードBackSpace

画像を見れば分かるがよく使うキーランキングでトップを争うだろうBack Spaceキーが非常に小さい。さらに横にあるほとんど使わないランキングでトップを争うNumber Lockが大きく鎮座しているのでミスタイプが増えてしまう。これはよく使うキーなだけに残念なポイント。使っていくと慣れるのか検証していく。

矢印上下キーが小さい

キーボード矢印

こちらも画像で分かると思うが矢印の上下がキー一つ分に抑えられているのでかなり小さくなっている。キーボード全体を小さくまとめるための弊害になるかと思うが非常に押しづらい。ただテンキーがあるのでワイヤレスキーボードとして小さいかというと決して小さくはない。ならいっそのこと矢印キーやBack Spaceキーも大きめに設計してもよかったのでは、と思ってしまう造り。

極薄キーボードのレビューまとめ

ノートパソコンのような打鍵感のキーボード

総合するとキーボードの打ち心地に関しては非常に満足している。ノートパソコンと同じ打鍵感、押し込みの薄さでタイピングは非常にやりやすい。打鍵時の音も気にならない。デザイン、素材もスタイリッシュで良い。デスク周りをおしゃれにまとめたい方にもお勧めできる。

ただデザインをコンパクトにまとめた弊害にはなるがBack Spaceなどの配置が少し残念なポイント。使っていくとある程度は慣れるかとは思うがキーのサイズは作業場所を効率に直接影響を及ぼすものだ。

ただ個人的にはこの点を加味しても購入して良かったと思えるキーボードだ。薄型のノートパソコンと同じ打鍵感のキーボードをお探しなら購入の検討の価値は充分ある。さらに現在かかもかなり下がっているので狙い目だ。現在のAmazon、楽天の最安値はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. 外付けSSDの選び方・おすすめBEST8|2018年に価格が安くなっている理由

  2. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド

  3. Spinido ノートパソコンスタンド

    【ノートパソコンスタンドおすすめ BEST9】姿勢改善・折りたたみで持ち運べるタイプ等用途別で紹介

  4. ワコム技術を活かした2画面電子ペーパー楽譜専用液タブ2017年9月に販売開始

  5. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェック

  6. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  7. Bamboo Omniに自主回収のお知らせ!ペン入力検知機能に不具合

  8. airbrass

    ペンタブのペンだけ購入ガイド|ワコム型番別対応ペン一覧




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  2. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  3. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  4. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  5. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  6. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  7. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  8. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…
  9. 【ワコム液タブ 2018年末特別セール情報】Cintiq Pro13が64,80…
  10. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP