【ARTISUL D16】15.6型液タブの実力をプロが検証|価格に注目

ARTISUL D16の詳細スペックをプロが検証。ARTISUL液タブの新ラインナップ。今液タブ界でトレンドの15.6インチだが他メーカーとの違い、実力をチェックして買いかどうかを考える。筆圧、ディスプレイ性能、デザインの詳細スペック紹介。

ARTISUL D16|15.6型液タブを2017年12月12日発売開始

ARTISUL D16 外観

Artisulから新型の液タブD16が発売される。各メーカーから新しく発売されている15.6インチサイズのラインナップだ。大画面ながらスペースをそれほど取らず何とか持ち運べるサイズが多くのユーザーのニーズにこたえている。12月12日から販売開始される。

ARTISULはUC-Logicから出されているペンタブ、液タブメーカーだ。日本に販売代理店があり日本語のマニュアルや保証を受けられるのが特徴。初めての液タブで日本語のマニュアルは必須という方におすすめしたい。表題になっているが似通ったスペックの液タブが並ぶ中で価格設定が鍵になりそうだ。

ちなみに16インチ液タブで今話題のものがXP-PEN,GAOMONの液タブ。当サイトとしてもオススメしておりかなりの台数が販売されている人気機種だ。

ではARTISUL D16の詳細スペックを見てみよう。

ARTISUL D16詳細スペックをチェック

ディスプレイ|15.6インチ フルHD解像度で合格点

ARTISUL D16 レビュー

液晶サイズ 15.6インチ
液晶方式 IPS方式
縦横比 16:9
画面解像度 フルHD 1920×1080
最大表示色 1677万色
色域 Adobe RGB94%カバー

液晶サイズは15.6インチ。解像度はフルHDなので現時点での他ワコム以外の液タブメーカー(HUION,XP-PEN等)と同様のスペック。液晶はそれほど大きくないのでフルHD画面表示は美しいはずだ。液晶方式もIPSなので角度による見え方の変化もない。初めての方からプロの方までに対応している。

ペン|充電不要電磁共鳴方式

ARTISUL D16 スタンド

ペンは充電不要のタイプだ。これまでワコム以外のメーカーはどれも充電式だったが、今年に入って各メーカーから電池不要ペンが付属されるようになった。サイドスイッチはグリップ部分に二つ。ただテール部分には何もない。そしてペン傾き検知機能もない。

他メーカーと比べて少し残念なのが筆圧レベル。ARTISUL D16は2048レベルだ。他最新スペックのものが8192レベルなので最高レベルのペンというわけではない。ただ2048レベルが使えないのかというと全くそうではない。正直なところこれから液タブを始めて導入する方であれば十分すぎるスペックなのでご安心を。

接続|USB + HDMI映像ケーブル

ARTISUL D16 ケーブル

パソコンとの接続はUSBとHDMI映像ケーブルの二本。USB Type-C接続の液タブも出ているが、ARTISUL D16はある意味で安心安定のHDMIケーブル。miniDisplayPortしかパソコンにない場合も変換ケーブルを使用すれば問題ない。

スタンド付属|角度可変式

ARTISUL D16 スタンド

15.6インチになってくるとスタンドは必須。付属しているスタンドは他メーカーと違い独自の設計のようだ。背面部分を回転させて角度を調整できる。こちらの評判はなかなか良い。

ARTISUL D16はどのパソコンでも使えるのか

初めての液タブ仕様にあたってよくある疑問だ。ARTISUL D16はパソコンOSがWindows 7以降、或いはMac OS 10.8.5以降に対応している。そのほかのOS、例えばUbuntuなどでなければOKだ。

接続に関してはUSBとHDMIが必要。USBはすべてのパソコンに付属しているので問題ない。映像ケーブルだが、映像出力ポートがあればHDMIでもVGAでもDVI、DisplayportでもOK。ただHDMI以外は変換ポートが必要になる。

ARTISUL D16は買いか|Pentablet.Club的評価

ARTISUL D16

ここまでで詳細スペックについて紹介した。ARTISULの15.6インチ製品は買いなのか。ディスプレイに関しては他メーカーと同じく最新モデルのスペックとなっている。技術的にもUC-Logic製なので期待できそうだ。

ただ筆圧が2048レベルと現時点での最高スペックではないのが残念なポイント。ただ初めての液タブ使用であれば十分すぎるスペック。製品としては初めての液タブ購入者向けの入門機器だ。

販売価格も決定

ということで販売価格設定がカギだ。12月12日に販売開始されるとのことで価格も発表されている。販売価格は64,800円だ。

ちなみに現在のAmazonでの13.3インチ最新価格はこちらからご覧いただける。

15.6インチの価格が分かり次第こちらのページでも更新していく。Twitterでも発信していくので最新情報を知りたい方はFollowを。

ちなみに他メーカーから発売されている15.6インチの情報はこちらのページで詳しく載せられている。

 


関連記事

  1. ノングレア液晶

    液晶タブレットとは?

  2. HUION GT-156HD V2

    HUION新型液タブ GT-156HD V2 発売決定|詳細スペックを先行発表!

  3. 液タブ徹底調査|おすすめランキングTOP7 値段と仕様を今すぐ見る!

  4. ugee19インチ

    Ugeeの液タブは買い??19インチ・22インチの仕様・レビューを徹底検証【ug-1910b/ug-…

  5. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  6. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  7. 【Artisul D13】液タブの実力・レビューをプロが検証|セットアップ方法は簡単か

  8. GAOMON 液タブ

    【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  2. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  3. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  4. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  5. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  6. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  7. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  9. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  10. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP