CLIP STUDIO PAINT EX for iPadの基本的な使い方チェック&レビュー

セルシスからCLIP STUDIO PAINT EX for iPadがリリースされた。ついにiPadでクリスタが使える!と大きな反響を生んでいる。CLIP STUDIO PAINT EX for iPadの基本的な使い方を説明する。実際に使ってみての感想をレビューもご紹介。iPad + Apple Pencilを最大限活用できるアプリに期待だ。

CLIP STUDIO PAINT EX for iPadをリリース by セルシス

CLIP STUDIO PAINT EX for iPadが11月8日に全世界同時リリースされている。既に300万人超えるユーザーのイラスト、マンガ、アニメ制作ソフトだ。ワコムのペンタブにバンドルされたりと最大のシェアを誇るソフトウェア。趣味の方からプロアニメーターまで幅広く使われている。

クリスタEXのiPad版がリリースされたことは大きな意味を持つ。iPad Pro + Apple Pencilは魅力的だがネックはiOS対応のアプリが限られていることだった。特にマンガやアニメ制作で使いたいと思えるアプリは少なかった。ここにきて漫画制作定番アプリのクリスタEXがリリースされたことでこの悩みが一気に解決というわけだ。

実際iPadとApple Pencilの評価は非常に高い。レスポンス速度でいうと他液タブよりも良いというレビューが多いのだ。このきっかけでiPadとApple Pencil購入を検討するユーザーも多そうだ。価格はどうか。

12月20日まで月額980円が6か月間無料

通常価格は月額で980円だ。最近のPhotoshopよろしく一回買いきりではなく月額の模様。ただ12月20日までのインストール、登録で半年間無料で利用できる。これはとりあえず入れて試しておくべきだ!AppStore URLがこちら。

※ちなみに対応機種は、iOS11のiPadPro,iPad(5th),iPad Air2だ。これより古いiPadは動作対象外となっているのでご注意を。

CLIP STUDIO PAINT EX for iPadの基本的な使い方チェック

実際にCLIP STUDIO PAINT EX for iPadを使ってみたのでレビューも合わせて基本的な使い方をチェックしておこう。まずはこちらのApp Store URLからアプリをダウンロード。

起動しての初期画面がこちらだ。ちなみに使用機種はiPad Pro 9.7インチ。ぱっと目に入ってくる画面はパソコン版のものとほぼ同じ。パソコン版を使用している方は全く問題なく移行できそうだ。ただ画面が縦長なのでいつもと違う雰囲気。もちろんiPadの横向き画面にも対応している。

clip sutudio paint ex for ipad 起動画面

まず基本的な操作方法だが、一般のペイントソフトと全く同じだ。良い意味でiOSっぽさがなくパソコン操作のままなので経験者にとっては使いやすいアプリ。まずはペンの種類を左端縦に並んでいるアイコンから選択し、線の太さ、カラーを選べばもう書ける状態だ。

clip sutudio paint ex for ipad ペン

clip sutudio paint ex for ipad カラー

CLIP STUDIO PAINT EXならではの機能でいうと、サブツールのデコレーション機能だ。左端の星のマークを押すとこのボックスが出てくる。様々な効果(ほし、きらめき、レースリボン、フリル、花模様、木の柵、シャボン玉等)を線を引くだけで描画ができる機能だ。マンガでよく使われるものがそろっている。そのほかレイヤー機能も備えており、指で直感的に操作できる。レイヤーの表示/非表示、コピー等パソコンでできる操作すべてに対応しているようだ。

CLIP STUDIO PAINT EX レイヤー機能

そしてiPadの良さを実感できるのが指による操作。二本指を広げたりすぼめたりするピンチ動作でキャンパスの拡大/縮小、回転が可能。反応は非常に早く動きもスムーズだ。このスムーズさは他の液タブよりもはるかに快適。この差は機器の差というよりはOSの違いからくるものかもしれない。

保存形式も多岐にわたっており、bmp/jpg/png/tif/tga/psb/pdfへエクスポートできる。保存するには登録が必要なようだ。今なら6か月間無料。

CLIP STUDIO PAINT EX 回転

CLIP STUDIO PAINT EX 保存

CLIP STUDIO PAINT EX実際に使ってみてのレビュー/感想

実際に使用してみて感じた良さは、良い意味でiOSっぽさがないところだ。パソコン版とほぼ同じなのでこれまで使用してきたユーザーにとってはありがたい。下手にiOSっぽく簡略化されたりするとなれるまで逆に使いにくい。メニューの各ボタンは約5mm四方と小さいがApple Pencilで操作することを考えると許容範囲だ。

使用したのはiPad Proだが動作がもたつくこともなくスムーズに動作した。レイヤーが増えてきたり複雑な加工を加えた時にどうなるかは未検証だがファーストインプレッションはサクサク動作し非常に良かった。iPadのノートパソコン化をAppleも推しておりCPUの処理能力も上がっている。高い処理能力を目いっぱい使用できる数少ないアプリの一つかもしれない。

これまで使えるアプリがないことが理由でApple Pencilの購入を渋っていたユーザーも多いはず。セルシスからCLIP STUDIO PAINT EX for iPadがリリースされデジタルペイントを始めたいユーザーに新しい選択肢が生まれたのは喜ばしいことだ。


関連記事

  1. paper engine

    Wallpaper Engine日本語対応|壁紙を動画にできるソフトの使い方

  2. pixelmator logo

    Pixelmator for iOSが80%OFFで販売中!買うなら今がチャンス

  3. keyboard shortcut

    Photoshop CC ショートカットキー一覧【Mac,Win】効率数倍アップ間違いなし

  4. キーボードショートカットキー

    【CLIP STUIO PAINT・クリスタ】ショートカットキーのおすすめ一覧

  5. software

    【筆圧8192レベル対応確認済】ペンタブ・液晶ペンタブレットおすすめソフト

  6. iPhone 8 Pro発売日間近か|HomePodファームウェアで新機能・デザインが明らかに

  7. MagicaVoxel 描画画面

    【おすすめ無料3DソフトMagicaVoxel】マイクラ的な3Dドットモデリングソフト

  8. CLIP STUDIO PAINT

    【CLIP STUDIO PAINT】高評価の使い方ガイドブックBEST8




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. GAOMON 液タブ
  2. Wacom MobileStudio Pro
  3. ARTISUL D16

最新記事 Choice10

  1. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Ace…
  2. HUION GT-156HD V2 HUION新型液タブ GT-156HD V2 発売決定|詳細スペックを先行発表!…
  3. 【ジャンプPAINT】レビュー高評価の理由を検証|漫画用フォント・トーンの充実ぶ…
  4. CHUWI SurBook mini|3万円のペン対応10.8型Surfaceタ…
  5. 【11.11SALE開催中】Xiaomi、HUAWEIなど中華スマホが格安で販売…
  6. 【完全独立型ワイヤレスイヤホン】おすすめTOPランキング厳選チョイス
  7. ARTISUL D16 【ARTISUL D16】15.6型液タブの実力をプロが検証|価格に注目
  8. CLIP STUDIO PAINT EX for iPadの基本的な使い方チェッ…
  9. pro pen 3d Wacom Pro Pen 3Dを発売開始!Pro Pen 2との違い・特徴とは…
  10. Lenovo Tab4 8 梱包物 Lenovo TAB4 8 Plus 開封レビュー|Lenovo最新型タブレット…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP