HUION液晶タブレットの仕様一覧表【GT-220,GT-190,GT-185,GT-156HD】

HUIONの液タブ(液晶タブレット)が今大注目!興味があったので仕様を知りたかったけど、HUION液タブの仕様一覧表がない。。。ということでGT-220,GT-190,GT-185,GT-156の仕様を一覧表でご紹介。HUION購入検討の参考資料です。

HUION GT-220仕様一覧表

huion1

有効範囲 476.64 (H)×268.11(V)(mm)
解像度 1920*1080
反応率 220RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル
読み取り高さ 0.12ミリメートル(Max.)
電源電圧 入力100-240 VAC、50/60 Hz、出力12VDC、3A
消費電力 300uA (Max.)
インターフェイスのサポート VGA DVI, HDMI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証
寸法 558 mm x 154mm x 448mm
純重量 5.42kg
総重量 9KG
反応時間 5ms
ショットカットキ- なし
視野角 垂直:178°  水平:178°
対角線 21.5″
ワイドスクリーン: 16:9 IPS
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン

 

HUION GT-220は買い?

HUION GT-220はワコム以外の液タブでの売れ筋の製品の一つだ。今買いなのか時間をかけて検証しているので、ワコム以外の液タブに興味のある方に是非見てほしい記事がこちら。実は今GT-220はかなりねらい目の液タブだ。

 

HUION GT-190の仕様一覧表

有効範囲 409.8 (H)×230.4(V)(mm)
解像度 1440*900
反応率 220RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル
読み取り高さ 0.12ミリメートル(Max.)
電源電圧 入力100-240 VAC、50/60 Hz、出力12VDC、3A
消費電力 <36W
インターフェイスのサポート VGA DVI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証
寸法 454 mm x 361.8mm x 26mm
純重量 4.3kg
総重量 5.3KG
反応時間 5ms
ショットカットキ- なし
視野角 垂直:80°  水平:80°
対角線 19″
ワイドスクリーン: 16:10 IPS
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン

 

HUION GT-185仕様一覧表

有効範囲 408.96 (H)×230.04(V)(mm)
解像度 1366*768
反応率 220RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル
読み取り高さ 15ミリメートル(Max.)
電源電圧 入力100-240 VAC、50/60 Hz、出力12VDC、3A
消費電力 300uA (Max.)
インターフェイスのサポート VGA DVI, HDMI
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証
寸法 485 mm x 296mm x 45mm
純重量 3.1kg
総重量 4.53KG
反応時間 5ms
ショットカットキ- 左8個
視野角 垂直:178°  水平:178°
対角線 18.5″
ワイドスクリーン: 16:9 IPS
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン

 

HUION  GT-156仕様一覧表(最新機種)

有効範囲 344.16 ×193.59(mm)
解像度 1920*1080
反応率 220RPS (回毎秒)
筆圧 2048 レベル
読み取り高さ 15ミリメートル(Max.)
電源電圧 入力100-240 VAC、50/60 Hz、出力12VDC、1A
消費電力 7.5W
明るさ: 220cd/m2
対応システム Win 10/Windows 8/Windows 7, Mac OS X10.8.0 以降
保証期間 1年間保証
寸法 432 mm x 264mm x 14.8mm
純重量 1.5kg
ペン重量 16.5G
反応時間 30ms
ショットカットキ- 14個
視野角 垂直:85°  水平:85°
対角線 15.6″
ワイドスクリーン: 16:9
対応ペイントソフト アドビフォトショップ、イラストレーター、コーレルペインター、オートデスクスケッチブック、マンガスタジオ、クリップスタジオなど
ペン 充電式ペン

huion2

HUION液タブの大きさ比較表

機種の一番の違いは液タブのインチ数。有効範囲と解像度の比較がこちら。

GT-220 21.5インチ
有効範囲 476.64 (H)×268.11(V)(mm)
解像度 1920*1080
GT-190 19インチ
有効範囲 409.8 (H)×230.4(V)(mm)
解像度 1440*900
GT-185 18.5インチ
有効範囲 408.96 (H)×230.04(V)(mm)
解像度 1366*768
GT-156 15.6インチ
有効範囲 344.16 ×193.59(mm)
解像度 1920*1080

 

HUION比較してみてのまとめ

最新機種のGT-156は注目のおすすめ製品。本体薄さが14.8mm、重さ1.5kg。持ち運んでも作業できそうなサイズ。そして大きさが15.6インチと、ワコムの13インチと比べると大きめになっているところがポイント。2016年12月にはワコムからも16インチが発売されるので、16インチがこれからの液タブのトレンドなサイズとなっている。

筆圧、ペン描画の機能などはほぼ横並び。ペイントには十分使えるレベルだ。これからも大注目の中国製液晶タブレット。これからも新製品が出たら追っていきたいと思う!

 

現行機種の最新最安価格情報がこちらです。

 

こちらでワコムの液タブと比較してます。


関連記事

  1. HUION LOGO

    液タブメーカ―HUION(フイオン)深セン製造現場視察して感じた品質管理の高さ

  2. HUION ペンタブ H950P

    【HUIONペンタブH950P開封レビュー】遂に電池レス筆圧8192ペン登場!

  3. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  4. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底検証

  5. GAOMON 液タブ

    【GAOMON 液タブPD1560徹底検証】3.8万円業界最安15.6型液タブの実力

  6. HUION Q11K 外梱包箱

    【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか…

  7. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  8. GAOMON 液タブ

    【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー




Pentablet Club PICK UP!!

  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種
  2. KAMVAS PRO20 HUION GT−192 KAMVAS PRO 20 スペック徹底検証!傾き検知…
  3. 【2018年版iPad Pro 12.9とSurface Pro 6】徹底比較し…
  4. iPad Pro 12.9 第3世代・2018年モデル おすすめケース厳選5モデ…
  5. 【Elephone U Pro実機レビュー】11月11日セールで3万円!メモリ6…
  6. Wacom Cintiq Pro 32 価格・スペック徹底検証!ワコム史上最大サ…
  7. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2018年版】
  8. 【AirPodsとbeats x 比較】両方使ってみてのレビュー|おすすめカバー…
  9. ONE NETBOOK One Mix 2 レビュー動画公開!前機種との違いをチ…
  10. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen Lenovo Yoga Book C930 価格・発売日情報|筆圧ペン搭載デュア…

人気の記事 TOP5

  1. KAMVAS PRO20

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP