XP-PEN Artist 22 セカンドのレビュー|安いのはアレが無いから

XP-PENから2021年に発売された21.5インチの液タブ、XP-PEN Artist 22 セカンドを実際に使ってみてのレビュー。前機種との違いは接続方法がUSB-C一本で可能になったこと。ペンの視差、筆圧感知などをレビューしたので購入検討している方に是非みてもらいたい!

XP-PEN Artist 22 セカンドの実機レビュー

Artist 22 second review

XP-PEN Artist 22 セカンドは液タブメーカーXP-PENから2021年に発売された21.5インチ型の液晶ペンタブレット。製品名に「セカンド」とついているように、XP-PENの販売ラインナップの中ではArtist 22 Proの後継機になる。製品の特徴をさくっとまとめると、

  • 液晶:21.5インチ(フルHD)
  • 色域:NTSC86%
  • ペン:筆圧8192レベル、傾き検知±60度
  • ファンクションキー:なし
  • 接続:USB-C一本での接続可

まずは【XP-PEN】 公式ストアでの購入検討をおすすめする。送料無料だし、公式ストア限定で保証が6ヶ月延長されるので選ばない理由がない。欲しい製品があるかどうかチェックしよう!

➡️XP-PEN公式ストアで見る!

Amazon、楽天での購入ならこちらからチェックを!

位置付けとしては、描画能力は最高スペック。でも低価格なのはファンクションキーを省いたからだ。

同じくXP-PENから発売されている21.5インチの液タブArtist 22R Proはファンクションキーが搭載されているモデル。なのでもし液タブ作業時にファンクションキーが必須!という方はXP-PEN Artist 22R Proがおすすめ。

では早速Artist 22 セカンドを開封しながらレビューしていく。

XP-PEN Artist 22 セカンドのデザイン

まずは液タブ本体とペン、梱包箱などの外観デザインを見てみよう。こちらが梱包箱。

XP-PEN Artist 22 セカンド 梱包箱

箱の中に梱包されているものの一覧(液タブ本体以外)がこちら。

XP-PEN Artist 22 セカンド 梱包内容

ケーブル類も充実していて、パソコンにUSB-Cがある場合も、HDMIとUSB-Aのみの場合も対応できる。

本体裏側のケーブルを接続するインターフェイスがこちら。

XP-PEN Artist 22 セカンド 接続方法

XP-PEN Artist 22 セカンド せインターフェイス

ケーブルを収納できるようにスペックアップされている。本体裏側で見えない部分だけれどデスクをすっきりできるのはうれしい。

本体裏側にデフォルトでスタンドが付属している。

XP-PEN Artist 22 セカンド スタンド

このスタンドの質がすごく良い!材質は鉄でかなりしっかりしている。かなり体重をかけても全然ぶれない強さがあるので、筆圧が強い方も安心して使える!調整角度は16度から90度まで。

液タブ本体がこちら。

XP-PEN Artist 22 セカンド レビュー

ファンクションキーがないのですっきりしたデザイン。ベゼルは分厚め。ディスプレイの端の部分でも手を置く部分ができるようにこのデザインになっている。良い意味で何も特徴がないので使いやすいデザインだ。

付属ペンがこちら。

ペンのスペックがこちら。

筆圧感知 8192レベル
傾き検知 ±60度
応答速度 8ms
サイドスイッチ 2個
ペンテールスイッチ なし

スペック数値は現時点での最高位。グリップ部分がゴム素材。ゴムの締め付けがちょっと緩く感じたのが気になったけれど、重量はすごく軽くて長時間使っても疲れにくいデザイン。

XP-PEN Artist 22 セカンドの描き心地レビュー|視差・筆圧感知

液タブ Artist 22 セカンド レビュー

液晶サイズは21.5インチ、解像度フルHD。画像手前にあるのがAppleのフルサイズキーボード。21.5インチのサイズ感は結構迫力があって、デスクスペースがある程度必要になるので自分の環境をチェックしてから選ぼう。

液晶にはあらかじめ保護フィルムが貼り付けられている。アンチグレアフィルムなので反射が抑えられて目への負担が軽減されている。

実際に描いてみてのペン先と描画位置の視差がこちら。

XP-PEN Artist 22 セカンド ペン描画の視差

XP-PEN Artist 22 セカンド 描き心地レビュー

画像は二枚ともかなり角度をつけた視点からの画像なので、若干の視差が確認できる。大体1mm程度で、ディスプレイガラスの厚みから生まれる視差。

普通に描いている角度から見るとこうなる。

XP-PEN Artist 22 セカンド 視差チェック

角度をつけずに正面から見たときの視差はほぼなし。

XP-PEN 21.5インチ液タブレビューのまとめ

液タブ Artist 22 セカンド

個人的にしばらく使ってみての感想。

描画能力は前機種からすでにそうだけれど、ストレスなくイラストを楽しめる十分なレベルだと感じた。ペンの反応速度はパソコンの処理能力や使用するソフトウェアとの相性による部分。自分はMac PCでClip StudioPaint Proで使用したけれど、ぬるぬると反応してくれて描き心地は最高だった。

接続がUSB-C一本でOKというのは最高!接続がシンプルなので初心者の方でも安心してセットアップできる。21.5インチの大型液タブを探している方におすすめしたい。

ただファンクションキーがないということもお忘れなく。ファンクションキーが必須だけれどコストを抑えたい方はXP-PEN Shortcut Remote(価格3,999円)を検討しても良い。

XP-PEN製品への購入リンクはこちら。

➡️XP-PEN公式ストアで見る!

Amazon、楽天での購入ならこちらからチェックを!


関連記事

  1. 液タブの絵を描く以外の使用例

    液タブの絵を描く以外の使用例一覧|Web講義やプレゼンで使うユーザーが激増

  2. 液タブ徹底調査|おすすめランキングTOP7 値段と仕様を今すぐ見る!

  3. xp-pen driver

    【XP-PENドライバダウンロード】設定方法・使い方ガイド

  4. XP-PEN液タブの選び方ガイド+実機レビュー|絶対おすすめの厳選4台【2021年版】

  5. HUION GT-220内容物一覧

    HUION液タブGT-220開封レビュー|価格7万円以下に下がり買い時到来

  6. ugee19インチ

    ワコム以外の液タブは買い?Parblo CoastとUGEEの評価と価格を比較して考えてみる

  7. 中古の液タブを買う時の注意点は?価格の変動・最安値をグラフでチェック!

  8. HUION LOGO

    【HUION KAMVAS GT-191】筆圧8192対応液タブ|注目スペックまとめて紹介

最新記事

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…
  2. GAOMON ペンタブ M1220のレビュー|実際に使ってみての感想
  3. GAOMON PD1161 実機レビュー| 価格2万円を切る小型液タブの描き心地…
  4. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  5. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  6. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  7. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方

人気の記事 TOP10

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW
PAGE TOP