【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧

xiaomi mi6の実機レビューをご紹介。デュアルカメラ搭載、Snapdragon835搭載のコスパ高スマホをご紹介する。中国xiaomiスマホの錐体を画像でレビュー。iphoneのジェットブラックに負けない美しさ。

xiaomi mi6開封レビュー

xiaomi mi6梱包箱

梱包はいたってシンプル。最近のガジェットでトレンドになっているふたを開けると本体がドーンと入っているタイプだ。

xiaomi mi6 梱包物

xiaomi mi6 内容物

梱包されているのは、本体、充電ケーブル、ACアダプタ、USB TYPE-C – イヤホンジャック、保護ケースだ。保護ケースの素材は柔らかいゴム。本体背面もガラス素材なので保護ケースは必須だ。

xiaomi mi6 デザイン|ジェットブラック

xiaomi mi6 背面デザイン

xiaomi mi6 背面デザイン

本体裏側もガラス素材。iPhoneのジェットブラックのように光沢を持ったデザインだ。手で触ると指紋が残るタイプ。素材は見た目も非常に美しい。本体右側側面に、電源ボタン、音量ボタン。

xiaomi mi6 背面

xiaomi mi6 インターフェイス

本体が表側の下にボタンが装着されている。押し込むタイプのボタンではなく、触れると振動がある仕様のものだ。このボタンに指紋認証センサーも搭載されている。インターフェイスはこのUSB TYPE-Cのみ。イヤホンジャックも廃止されているので非常にすっきりしたデザインになっている。

もちろんイヤホンをつなげないという弊害もあるが、変換ケーブルが付属されているので、そちらを使用して対処するしかない。

デュアルカメラ搭載

xiaomi mi6 デュアルカメラ

背面カメラ 1200万画素デュアルカメラ
全面カメラ 800万画素

背面カメラは1200万画素デュアルカメラだ。このカメラで一押しなのがポートレートモード。人物をより美しく撮影できるようだ。実際に写っている所を撮影してみた。

xiaomi mi6 カメラ撮影

xiaomi mi6 カメラ

デュアルカメラは一つが広角、もう一つが望遠となっている。これによりきれいなボケ感を演出できる。所謂背景をぼかして被写体を際立たせる一眼レフのような撮り方ができる模様だ。カメラは高額ズームにも対応しており、デジタルズームよりもさらに美しい撮影が可能。

xiaomi mi6 起動しての動作確認

xiaomi mi6 液晶

実際に電源を入れてみる。搭載されているOSはAndroid7.1、MIUI8だ。搭載されているCPUはSnapdragon835。処理速度の数値が非常に優秀でAntutuスコアは18万を超えている。RAMも6GB搭載。処理は非常に早く反応は非常に速くて快適だ。

xiaomi mi6 仕様

xiaomi mi6 操作画面

動作は非常にサクサクと気持ちよく動く。搭載のCPUやROMの数値通り動作させてストレスを感じることはなかった。

対応周波数バンド

こちらの対応している周波数がこちら。

xiaomi mi6対応バンド一覧

LTE(FDD-LTE)
1(2100MHz)
3(1800MHz)
5(850MHz)
7(2600MHz)
8(900MHz)

LTE(TD-LTE)
38
39
40
41

3G(W-CDMA)
1(2100MHz)
2(1900MHz)
5(850MHz)
8(900MHz)

3G(CDMA1X/EVDO)
BC0

2G(GSM)
850MHz
900MHz
1800MHz
1900MHz

残念ながら技適マークには対応していない。対応バンドについてもこちらの一覧を利用する回線とチェックして選ぶ必要がある。

xiaomi mi6 実際に触ってみての感想

実際に触ってみて感じたのはデザインの美しさ。中華タブレットにありがちな余計な装飾などは一切ない。本体錐体デザインはシンプルで非常に美しい。カラーリングも触っていると指紋が付くのが気になるのが難点だがそれはiPhone等でも同様だろう。

動作スピードも仕様数値通りの快適さを実感できる。Snapdragon835、RAM6GBを搭載、デュアルカメラを使用できてこの価格帯は非常にコスパが良い。

xiaomi mi6 価格

現在購入できるのは日本からの利用者も比較的多い中国のECサイト、GearBestだ。海外購入になると送料が心配。ただ3-7営業日で到着する、Expedited Shippingで916円。

xiaomi mi6 最安値を見る!【GearBest公式サイト】

その他の付属品などはAmazonでも販売されている模様。

以上中華タブレットの注目メーカー。xiaomiから販売されている最新スマホの開封レビュー。購入の参考にしていただければ幸いだ。

 


関連記事

  1. ThinkSmart View for Zoom 使い方

    ThinkSmart View for Zoomの使い方|スマートディスプレイとの違いは?

  2. NEC LAVIE Tab E 8型、10型|タブレット初心者向けの安心メーカー品

  3. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Acer Switchと…

  4. 【7,700円スマホセール】5.5インチ3面ベゼルレス流行取り入れまくりスマホLEAGOO KIIC…

  5. 【2021年 simフリータブレット】激安で買える8インチのおすすめ決定版

  6. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen

    Lenovo Yoga Book C930 価格・発売日情報|筆圧ペン搭載デュアル画面ノートPC

  7. ソニー女性用スマートウォッチwena wrist Three Hands Square|オトナ女性向…

  8. ドコモdtab d-41Aでできること|スペック÷値段でコスパ徹底検証

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP