【Huawei Honor Pad 2開封レビュー】Media Pad T2では物足りない方向けSIMフリータブレット

Simフリータブレットで今人気が上がってきているHuawei MediaPad T2。価格が魅力的だがメモリが2Gと物足りなく感じているユーザーも多い。そこでおすすめなのが同じくHuaweiのHonor Pad 2。Simフリータブレットとして実際に使用してみての感想を開封レビューでご紹介。Honor pad 2の実力を使ってみて検証。

Huawei MediaaPad T2とHonor Pad 2を比較

Huawei MediaPad T2

Simフリータブレットの需要も高くなってきたが、現在価格.comで上位に表示されているのがHuawei製のタブレット。持ち運ぶのに程よい8インチサイズで人気なのがHuawei Mediapad T2だ。ただ安いだけあってメモリなどの仕様はかなり低め。

同じくHuaweiから少しスペックの高い8インチサイズSIMフリータブレットととして販売されているのがHonor Pad 2だ。まずはこちらの二台のスペックを比較してみよう。外観は写真で見る限り全く同じで中身のCPUなどが異なる仕様なようだ。仕様の差を表で確認してみよう。

Media Pad T2 Honor Pad 2
CPU Snapdragon615

1.5GHz+1.2GHz

Snapdragon616

1.5GHz+1.2GHz

メモリ 2GB 3GB
記憶容量 16GB 32GB
カードスロット microSD microSD
背面カメラ 800万画素 800万画素
全面カメラ 200万画素 200万画素
SIM情報 Simフリー Simフリー
本体サイズ 123×8.1×209.3mm 122*80*208mm
バッテリー性能 4800mAh 4800mAh

メモリ、記憶容量ともにHonor Pad 2の性能が高

上記表でも記載されているがメモリ、記憶容量ともにHonor Pad 2が上だ。メモリに関しては2GBと3GBでは使っていて実感できる差がある。同時にいくつかのアプリを起動して使用する場合は2GBではやはり心もとない。価格の安さを優先して割り切っている部分ではあるが、この点でスペックアップしたのがHonor Pad 2だ。

Huawei MediaPad T2とHonorPad 2の価格の差|約5,000円

現時点での最安値の情報を見てみよう。Huawei MediaPad T2のAmazonでの最安価格がこちら。

Honor Pad 2はAmazonでは販売されていない。GearBestという海外のECサイトで販売されている。

  • 価格:26,607円(送料は50円1週間程度で到着)

➡ 【GearBest公式販売ページ】Honor Pad 2価格ページはこちら!

価格差は約5、000円程度だ。海外通販サイトなので到着までに若干時間がかかるのを差し引いてもこの差でRAM,ROMともにグレードアップできるわけなので検討の価値ありだ。

Huawei Honor Pad 2開封レビュー

Honor Pad2 箱

梱包箱はいたって普通の箱だが、開封するとまずタブレット本体が収納されている。梱包されている付属品がこちら。

Honor Pad2 梱包品

  • 充電ケーブル
  • 充電ケーブルアダプタ
  • スタートアップガイド

ガイドブックは中国製タブレットだけあってすべて中国語表記だ。

Honor Pad 2タブレット本体

Honor Pad2 表側

タブレット本体は8インチ、解像度フルHD1920*1200液晶を備えている。アスペクト比は16:10.液晶にはブルーライトをカットする機能もついているとのこと

カメラ:背面1200万画素、前面800万画素

Honor Pad2 起動画面

Honor Pad2 カメラ

カメラは前面、背面ともに配置されている。それほど高いスペックではないので特筆する部分はないが、この値段で今のスタンダード解像度のカメラを排しているのは評価できる。背面カメラには簡単にだがフラッシュもついている。

本体インターフェース

Honor Pad2 差し込み口

Honor Pad2 SIMカード

画像左側が本体を充電するケーブル。本体の下側に配されている。右側が本体右側面に配されているカードスロット。それぞれmicroSDカード、MicroSIMカードを使用できる。

ネットワーク対応表

もう一つ気になるのが日本の回線に対応しているかどうかだろう。残念ながら技適マークには対応していないので自分で確認する必要がある。メーカー紹介ページで記載されているネットワークの対応表がこちらだ。

  • Support Network: 2G,4G,Built-in 3G,WiFi
  • WIFI: 802.11 a/b/g/n/ac wireless internet
  • Network type: GSM + WCDMA + TD-SCDMA + LTE-FDD + TD-LTE
  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G: TD-SCDMA (B34/B39) WCDMA 850/900/1900/2100MHz
  • 4G: FDD-LTE 1800/2100/2600MHz TDD-LTE (B38/B39/B40/B41: 2555-2655MHz)

Honor Pad 2を実際使ってみて1週間のレビュー

Honor Pad2

処理速度|メモリ3Gは普段使いに十分

まずはメモリだが3GBあれば正直十分だ。HuaweiのLaoShi氏がSNSで語ったところによればメモリは4GBあれば十分で6GBや8GBは必要ないとのこと。現時点で複雑な作業をすることのないユーザーであれば3GBで事足りるのだ。

ちなみに筆者の用途としては、通話、SNSで連絡のやり取り、ネットサーフィン、動画鑑賞、ONE NOTEでメモしたりパソコンと資料を同期したり、PDFファイルの閲覧。スマホでゲームする習慣はないので普段使いとしては上記のいくつか。この作業であれば、いくつかのアプリを同時に開いても全く問題ない。1週間ほど使用して、突然フリーズしたりということもなく快適に使用できている。

通話はBluetoothイヤホンマイクで対応

8インチのサイズで通常の電話のように顔につけて話すこともできないこともない。ただやはりBluetoothイヤホンでの通話がスマートだ。もちろん日本製のBluetoothイヤホンに対応している。

フルHDディスプレイ|美しい液晶

画面も非常に美しい。iPad Air2を所有しているがそちらと比較してもそれほどそん色はない。ちなみにiPad Air2の解像度は2048*1536。この機種のフルHD1920*1200と大差があるわけではない。この解像度を8インチで見るわけなので美しいのは当然といえば当然。

Huawei Honor Pad 2は買いか|まとめ

実際に1週間使っていて8インチ等サイズ感に正直惚れた。所謂ファブレットといわれるサイズだがこの大きさが自分には非常に合っていた。ちょっとしたネットサーフィンも非常に快適。普段メールやSNSでのやり取りが中心だがその際の文字入力も非常に打ちやすい

メモリ3Gで普段使いに関しては全く問題ない。途中でフリーズしたりということもなくストレスなく使用することができた。メモリ使用状況を確認したが2GBでは正直厳しい場面も多かった。3GBでちょうどといったところだ、

通信に関しては技適マークがないので注意が必要。それぞれが契約している通信会社に上部のネットワーク通信対応表を使って確認することをお勧めする。

何といってもこのサイズ、解像度、メモリを備えながら約26,000円というのはコスパが非常に良い。現時点で販売はGearBestという海外のECサイトのみ。ただ1週間で到着する方法でも送料50円と格安。初めての海外ECサイト利用であれば少しハードルは高くなるが、PayPalに対応していたりと支払いに関しては問題ない。購入を検討してみてはいかがだろうか。
➡ 【GearBest公式販売ページ】Honor Pad 2価格ページはこちら!

以上現在日本でもかなり売れているHuawei MediaPad T2のスペックで少し物足りなく感じている方へ特におすすめのHonor Pad 2のご紹介。選択の助けにしていただければ幸いだ。

ご紹介したGearBestの使い方はこちらで説明しているのでご覧あれ。

 


関連記事

  1. 【スマホセール情報】MAZE Alpha|3辺へゼルなしメモリ4Gで2万円!by GearBest

  2. NEC LAVIE Tab E 8型、10型|タブレット初心者向けの安心メーカー品

  3. iPhone 8ではなくGalaxy Note 8を選ぶ理由| 日本での発売日・価格に期待

  4. 初心者の為のスマートウォッチ比較ガイド2017年版|ios,アンドロイド別おすすめ

  5. ベゼルレス5.5インチRAM3GBスマホ【99.99ドル】Vkworld Mix Plus #Gea…

  6. Huawei MateBook E 発売日決定!MatePen筆圧2048対応ペンに隠された機能が意…

  7. 【ドスパラraytrektab DG-D08IWP開封レビュー評価】絵師に大好評な理由

  8. 【amazonタブレットnewモデル】fire 7インチとfire hd 8徹底比較してどっちが買い…




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. iOS11 スプリットビュー 画面設定

最新記事 Choice10

  1. 【HP ZBook x2 G4】ワコムペン採用|本気の絵描き仕様液タブを発表
  2. 【Parbloペンタブドライバダウンロード】セットアップ設定方法徹底紹介
  3. 【開封レビューParbloペンタブA610s】ワコム以外ペンタブ筆圧8192レベ…
  4. 【開封レビューHUIONペンタブH640】初の充電不要筆圧8192ペン搭載コンパ…
  5. お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 b…
  6. Chuwiノートパソコン・タブレットセール開催中|14.1インチ最安値37,00…
  7. メカニカルキーボードおすすめ3機種|赤軸・青軸・黒軸の違いをレビューして紹介
  8. iOS11 スプリットビュー 画面設定 iOS11でスプリットビューができない?! ←30秒で解決|方法を画像説明。
  9. ASUS ZenPad 10インチ低価格タブレット発売 (Z301M)おすすめカ…
  10. Acer12型2in1PC Switch3を発表|筆圧1024ペン付属のSurf…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP