GPD Pocket 価格・スペックを検証|内ポケットに収まるWinPCは男のロマンだ!

GPD Pocketの価格とスペックを検証。手乗りサイズのパソコンUMPCを懐かしむユーザーも多いはず。現在すでにWindows10搭載の極小パソコンGPD Pocketが販売開始されている。詳しい仕様数値、サイズをみて買いかどうかを考える。

GPD Pocket|7インチWindows10搭載手乗りパソコン

2017年2月からクラウドファンディングIndiegogoに出品後、驚異の3億5千万円を調達した製品、それがGPD Pocketだ。日本のクラウドファンディングのMakuakeでも先行販売が開始されレビューもぼつぼつあがってきている。

GPD Pokcet 販売価格

Makuakeでの販売価格は60,480円。海外ECサイトの価格は下記の通りだ。

どちらも送料込みの価格だ。GearBestで購入すると専用レザーバッグ(2.034円)が付属する模様。

GPD Pocketの特徴

GPD Pocketの特徴をいくつかピックアップしてみてみよう。まず何よりも大きな特徴がこちら。

ポケットに収まるコンパクトサイズ

本体サイズは180mm*106mm*18.5mm。重量480gのコンパクトサイズが一番の特徴。上着の内ポケットに収まるサイズがまずは魅力の一つだ。

コンパクトながらWindows10を動かせる高スペック

そしてコンパクトながらパワフルに動かせる処理性能も大きな魅力だ。関係する仕様数値がこちら。

CPU intel Atom x7-Z8750
GPU HD Graphics 405
メモリ 8GB LPDDR3
保存容量 128GB
Wifi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1

メモリ8GBを搭載しWindows10の動作に問題ないスペックを備えている。保存容量が128GBとWindows10をインストールした後もそれなりに動かせるストレージだ。

7インチタッチパネル搭載ディスプレイ

液晶サイズ7インチのタッチ機能対応のディスプレイを搭載。

液晶サイズ 7インチ
解像度 1920*1200

嬉しいのはディスプレイが7インチとのことでOffice Mobileを無償で使用できる点。7インチなのでOfficeでできることも限られるかとは思うが資料閲覧や簡単な編集は可能だ。

CPU|Atom x7-Z8750搭載

レビューもぼつぼつと上がってきている。テキストの編集などはもちろんのことPhotoshopなどもそれなに使用できる模様。ただグラフィック設定が少し低品質というのがネックのようだ。

キーボード|極小サイズで慣れが必要か

キーボードは7インチサイズに収めているわけなので配列は特殊。アルファベットキーは16mmキーピッチを確保しておりそれなりのサイズ。ただEnterキーサイズが小さかったりCapsキーがAとつながっていたりと特殊な配置になっている。少し慣れが必要になる。

GPD Pocket|評価のまとめ

特徴は何といっても高スペックノートパソコンの機能をそのまま7インチに収めているところだ。外出先で文書編集はもちろん画像編集なども可能。

これらはiPadでもできるのでは?と感じるユーザーもいらっしゃるかもしれないがiOSでは使用できるソフトウェアに限りがあるのだ。この点GPD Pocketであればメイン機で使用しているソフトウェアをそのまま使用できるのも魅力だ。外出先でWindows10OSを使用したいがノートパソコンを持ち運ぶのは億劫という方にお勧めしたい製品だ。


関連記事

  1. Galaxy Note8 日本発売日はiPhone 7sよりも先の9月か|スペック情報を整理

  2. SIMフリースマホの定番 ASUS ZenFone 5の評価|5/5Z/5Q徹底比較

  3. ASUS TransBook 3 T305CA 12.6型タブレット発表|iPad Pro対抗機とな…

  4. お風呂で使える最高スペック Kindle Oasis 7インチタブレット発売 by Amazon

  5. BLUEDOT激安1万円7.9インチタブレット|レビュー評価まとめ(BNT-791W)

  6. BLUEDOT BNT

    BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-801W】

  7. ソニー女性用スマートウォッチwena wrist Three Hands Square|オトナ女性向…

  8. LENOVO 8インチ RAM4G/ROM64G タブレット格安セール byGearBest




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. suface go desighn
  2. BLUEDOT BNT

最新記事 Choice10

  1. 【2018年秋に新作発売 INFOBAR xv】生活をよりシンプルでスタイリッシ…
  2. 新型MacBook Pro2018を発表|PS処理速度が最大85%アップ
  3. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報
  4. suface go desighn Surface Go 日本発売日・価格情報更新中|買うべき人と買うべきではない人…
  5. BLUEDOT BNT BLUEDOT最新8型タブレット徹底検証|1万円で買えるコスパ最優先【BNT-8…
  6. Beats x 新色イヤホンレビュー|接続方法とインジケータランプの見方もチェッ…
  7. wwdc 2018 【Apple WWDC2018 発表内容まとめ】iOS12,macOS Moja…
  8. 【XP-PEN16インチ液タブ比較検証】Artist15.6/Artist 16…
  9. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー 【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底…
  10. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP