VANKYOとは|格安タブレットで人気のメーカー|レビューまとめ

VANKYOとは。Amazonで売れに売れているタブレットメーカーは中国のメーカー?VANKYO S30のレビュー評価などを詳しい情報を調べてみてわかった意外な事実をご紹介。VANKYOの最新タブレットVANKYO 30、VANKYO S31の詳細スペックも徹底調査。

VANKYOとは

VANKYOとは

VANKYOとはVANTOPのグループ子会社

VANKYOとは中国深センに拠点を置く、VANTOP(万拓科创)のグループ子会社。VANTOPは2017年9月に設立。アメリカ、カナダ、ドイツ、日本、香港、中国内では上海や武漢、広東、湖南に支店がある。VANTOPとして扱っているメーカーがこちら。

  • VANKYO:プロジェクター、タブレット、イヤホン
  • HeimVision:監視カメラ
  • SNAPTAIN:ドローン
  • KYVOL:スマート家電、ロボット掃除機
  • VANTOP:アクションカメラー
  • Cystereo:ワイヤレスイヤホン
  • VIRMEE:スマートウォッチ

これらのメーカーはAmazon eBay AliExpress,Rakutenや、Walmart ,BestBuyなどを通して100を超える国や地域で販売されている。当初は主にプロジェクターが人気で、北米Amazonで2年間売り上げ一位を維持して、アメリカウォールマートでも販売されるようになった。

ということで、VANKYOというメーカーだけを見ると、プロジェクターやタブレットだけを作る小さなメーカーという印象を受けるけど、実際はVANTOPというメーカーの一つの部門になる。

中華スタートアップメーカーと聞くと、偽物のスマホや低品質で全く使い物にならない製品、というイメージを持っている人もいるかも。でもそれは一昔前の話。XiaomiもHuaweiも数年で世界に販促経路を持つ大企業に成長している。

では続いて日本Amazonでも人気で多く販売されているVANKYOのタブレットのレビューなどをまとめてご紹介。

VANKYOのタブレット|レビューとスペックのまとめ

VANKYOタブレットS30

VANKYO タブレット S30

スペックを簡単にまとめるとこうなる。

  • 価格:19,599円
  • 液晶サイズ:10インチ
  • 解像度:1920*1200
  • OS:Android9.0
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB

今なら5,000円OFFクーポンを発行している。Amazonへのリンクがこちら。

レビューを見ると、それなりに使えるスペックで簡単な文書作成やネットサーフィンなら十分なようだ。ただもちろん重めのゲーム、動画編集は厳しい。PUBGモバイルゲームは低画質がなんとか動く程度で、高画質設定はそもそも選択もできない。

とはいっても価格とスペック数値のバランスを考えると、他格安メーカーよりも安定して使用できそうだ。

VANKYOタブレットS20

VANKYO S20 レビュー

  • 価格:18,599円
  • 液晶サイズ:10インチ
  • 解像度:1280*800
  • OS:Android9.0
  • RAM:3GB
  • ROM:64GB

今ならAmazonでセール価格となっているので要チェックだ。

S20とS30の違いは解像度。S30の方が1920*1200と高くなっているので、動画鑑賞であればVANKYO30を選ぼう。搭載CPUはどちらも同じでCortex A55、GPU IMG832。どちらもガッツリメイン機として使えるタブレットではないけど、簡単なネットサーフィンや動画鑑賞におすすめ。

VANKYO 2in1タブレットP31

VANKYO 2in1タブレット

  • 価格:29,999円
  • 液晶サイズ:10.1インチ
  • 解像度:1920*1200
  • OS:Android10
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB

VANKYO P31はキーボードとペンが付属した2in1タブレット。ペンは1024レベルの筆圧感知ペン。用途が主に文書作成編集であればこの機種が選択肢に入ってくる。

VANKYOタブレットのおすすめ|まとめ

価格やスペック的にはビジネスでメイン機で使用するとかなりストレスがたまる。ただお子さんがオンライン学習でつかったり、親御さんに初めてのタブレットとしてプレゼントなどライトユーザーにおすすめ。

VANTOPのメーカーとしての今後にも期待!


関連記事

  1. Xiaomi最新スマホ MIX2 ディスプレイ占有率95%詳細スペック検証|iPhone 8対抗機と…

  2. raytrektab DG-D10IWP design

    【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレットが7万円!

  3. 恵安(KEIAN)タブレットの評判をまとめて見る|KI-R10S、KIC104PROは使える?

  4. XIAOMI Wifi 中継器|コンセントの電線経由でWifi電波を補強する注目ガジェット

  5. iPhone 8ではなくGalaxy Note 8を選ぶ理由| 日本での発売日・価格に期待

  6. SONYデジタルペーパー【DPT-RP1】読みやすさと書きやすさを追求した13.3型電子ペーパー

  7. iPhone 8 指紋認証センサー位置はどこか|側面指紋認証格安スマホ【Vernee Mars Pr…

  8. ビジネスで使えるスマートウォッチのおすすめ【2020年版】

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. LENOVO学生ストアとは|リモート授業の必要機材を相談して優待価格で手に入れよ…
  2. 空中マウス おすすめ 空中マウスのおすすめ|ジャイロセンサーやキーボード搭載のベスト5
  3. 2020楽天スーパーセールでWacom One13 / Intuosがセール対象…
  4. 【楽天2020年最後の半額セール】MacBook AirやNEC LAVIE P…
  5. Zoom Web会議におすすめのPCマイク|安いけど高品質なマイクを厳選
  6. 2020年Amazonサイバーマンデー|Anker製品が最大31%OFF
  7. wena 3とApple Watchを徹底比較|スマートウォッチの勝者はどっちだ…
  8. Xiaomi Smart Scale 2 体重計を3ヶ月使ったレビュー|家族で使…
  9. 2020年Amazonブラックフライデー|Microsoft Surfaceシリ…
  10. Amazonブラックフライデー|Apple製品のまとめ【最大54%OFF】

人気の記事 TOP5

  1. VANKYOとは
PAGE TOP