【液タブで使えるスタンド】プロがおすすめする決定版BEST4

液タブのプロがおすすめする液タブスタンドをご紹介する記事。プロがたどり着いた最強液タブスタンド4つを厳選してご紹介。プロがおすすめする液タブスタンドの選び方もご紹介。「液タブスタンドって必要?」と感じている方も必見の記事。

液タブスタンドのメリット

まず初めに「液タブにスタンドがいる?」と感じている方に。液タブスタンドはよく液タブ本体の単なるおまけのように考えられてしまう。でも実はしっかりと設計された液タブスタンドを使って作業するメリットは意外なほど大きい。

簡単に言って長時間の作業でも効率良くかつ快適に行うことができる。以下がその例。

メリット①正しい姿勢の維持

液タブスタンドを使うと猫背などを防止して正しい姿勢をキープできる。タブレットをデスクにそのまま置いた状態での作業ではどうしても背中が丸く腰や首におきな負担がかかる。短時間の作業では問題ないことも、長時間の作画やイラスト作成になるとかなりのストレス。作業効率も変わってくる。

メリット②書きやすい角度に調整

良い仕事をするために自分の作業しやすい環境作りはもちろん欠かせない。液タブスタンドを使えば自分のパフォーマンスを発揮できる角度でいつでも作業ができる。また角度調整機能付きであれば出先などでデスクが変わってしまっても自分の思い通りの線が描ける。

メリット③多用途でも使える

液タブ本体とは別に別個のスタンドがあれば他の用途でも使用することができる。これは意外と盲点になるメリット。液タブの背面にそのままスタンドが付いている製品も結構ある。ただそうなると液タブ以外の用途で使用で使うことは出来ないし液タブ自体が分厚くなってしまうことが多い。

オールマイティに使えるスタンドが一つあればそれでOK

液タブスタンドおすすめの選び方

ここからは液タブ購入時のおすすめの選び方&チェックすべきポイントをご紹介。

選び方① サイズ

液タブにサイズがあるように液タブスタンドにももちろんサイズがある。個人的には持っている液タブよりも少し大きめのスタンドがおすすめ。携帯性を追求してスタンドが液タブより小さすぎたりすると不安定で転びやすくなる。転ばないように液タブのベゼル部分にあるスイッチを毎回恐る恐る使うのはごめんだ。

選び方② 重さ

「携帯して持ち歩きたい!」という方は特に重さにもこだわった方がいい。携帯すること前提で設計されているものであれば500グラム前後の商品が多い。逆に利用は自宅もしくは仕事場オンリーでより安定感を求めるのであればある程度重い方がおすすめ。

液タブスタンドは携帯タイプと据え置きタイプの棲み分けがしっかりしている、というかわかりやすい。自分の利用シーンに合わせて選べば失敗することはない。

選び方③ 角度

液タブスタンドの角度も快適な作業に大きく影響する部分。角度調整機能はスタンドによって1段〜6段階以上と大きくことなる。もちろん角度は細かく設定できる方がいい。携帯性を重視した軽量モデルは調整機能がないものもあるので注意が必要だ。

選び方④ 安定感

作業に集中できるようにしっかりとデスクと液タブをグリップしてくれるスタンドがおすすめ。集中している時は思っている以上にスタンドにも力が加わる。一般的に接地面が大きいほどしっかりグリップしてくれる。

スタンドの自重による安定感に加え、しっかりとした劣化しにくい滑り止めパッドが各所に配置されているものがおすすめ。

選び方⑤ 材質

材質は重さや安定感に直接影響する大切な要素。液タブスタンドの主な材質はプラスチック系、アルミニウム合金系などがある。剛性の低い材質のスタンドは書いているときに変形して揺れてしまうので要注意。個人的には軽量でも剛性が高いアルミニウム合金製がおすすめ。

おすすめ液タブスタンドBEST4

ここからは液タブのプロの目線で選び抜かれた最新おすすめ液タブ4つをランキング形式でご紹介。

BEST4 エレコム 液タブスタンド TB-DSDRAWBK

持ち運びに便利な液タブスタンドならこちらのエレコム 液タブスタンド TB-DSDRAWBKがおすすめ。9.7~12.9インチの液タブやタブレットに対応している。折り畳みできるスリムなデザインでありながら高さも4段階に調整可能。携帯性と快適性をバランスよく求めるならこれ。

価格 4,319円
サイズ 300×210×17mm
重量 約500g
角度調節 4段階
〜おすすめの理由〜

  • アルミ製スタンド
  • 軽量スリム設計

 

BEST3 XP-Pen  液タブスタンド AC41

こちらは液タブメーカーXP-Penが開発した液タブスタンドXP-Pen AC41。自社の液タブはもちろん他社の液タブでもバッチリホールドしてくれる。コンパクト設計で脚の角度の調整はできないが、人間工学に基づいた使いやすい角度設計。滑り止めの大きなノンスリップパッドが配置されているのもおすすめの理由。

実際手に取ってみると軽さは否めない。ただ持ち運んで使いたいという方には逆におすすめ。

価格 2,850円
サイズ 223.17×330.15mm
重量 499g
角度調節 なし
〜おすすめの理由〜

  • 日本語サポートあり
  • ABS素材とグラスファイバーで軽量設計
  • 購入後1年間のメーカー保証あり

 

BEST2 Amazonベーシック PCスタンド ノートパソコンスタンド メッシュタイプ

こちらはAmazonオリジナルのスタンドAmazonベーシック PCスタンド ノートパソコンスタンド メッシュタイプ。液タブスタンドとしての利用ができる。値段が安価な上に8段階の角度調整ができのもポイント。さらに配線の絡まり防止のためケーブルを通すスロットが6つ背面に設置されているという親切設計。

もちろん通常のノートパソコンスタンドとしても使えるので汎用性の高さもポイント。

価格 1,680円
サイズ 330 x 279 x 183 mm
重量 1.1kg
角度調節 8段階
〜おすすめの理由〜

  • メッシュタイプで優れた放熱能力
  • 購入後1年間のメーカー保証あり
  • ケーブル収納スロット付き

 

BEST1 XP-Pen Artist 液タブ スタンド 折りたたみスタンド  AC18

「仕事のツールはコスパよりもクオリティ重視!」という方にはこちらのXP-Pen Artist 液タブ スタンド 折りたたみスタンド  AC18がおすすめ。10~15.6インチの液タブに対応。5052アルミニウム合金製で剛性が高くしかも角度が多段階調整が可能。まさにスタンドとして文句なしの一台。

自分も実際使っているが、持ってみての重量や質感は高級感を感じられるおすすめの一台。

価格 5,800円
サイズ 290 x 205 x 10mm
重量 840g
角度調節 多角度調整可能
〜おすすめの理由〜

  • マット感のある表面で高級感UP
  • アルミニウム合金の高い剛性
  • 0°~65°までの自由な角度調整

 

おすすめ液タブスタンドBEST4まとめ

今回は液タブのプロが選んだおすすめ液タブスタンド4つをご紹介した。

  • 「携帯性と機能の両方が欲しい!」という方。

エレコム 液タブスタンド TB-DSDRAWBKがおすすめ。携帯できて高さ調節も可能なアルミ製スタンド。

 

  • 「オシャレでハイスペック、プロ仕様のスタンドが欲しい。」という方。

XP-Pen Artist 液タブ スタンド 折りたたみスタンド  AC18がおすすめ。作業環境改善ツールとしてまさに文句なし。

 

この記事を参考に自分のニーズにピッタリの液タブスタンドをゲットして欲しい。


関連記事

  1. ノングレア液晶

    液晶タブレットとは?

  2. HUION Kamvas Pro 22 実機レビューでスペックと価格をチェック

  3. Zoomで画面共有する方法|音声共有はどうするの?に1分で答える記事

  4. GAOMON 液タブ

    【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー

  5. GT-191 外観全体

    【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レベル最新機種

  6. 【HUION液タブGT-221開封レビュー】待望の筆圧8192対応の最高スペック機種徹底検証

  7. Surface Pro 5の発売日・価格情報|スペックをSurface Pro4と比較

  8. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【2020年 simフリータブレット】激安で買える8インチのおすすめ決定版
  2. XP-PEN Artist 13.3 Pro Holiday Edition レ…
  3. 2020年Amazonサイバーマンデー 液タブ 2020年Amazonブラックフライデー|セール対象の液タブを更新中
  4. HPの楽天激安セール伝説再び…。【2020年楽天市場ブラックフライデー】
  5. ALLDOCUBEとは ALLDOCUBEとはどこの国のメーカー?おすすめタブレットの評判まとめ
  6. TECLASTとは|おすすめタブレットのレビュー・評判をまとめてわかったこと
  7. VANKYOとは VANKYOとは|格安タブレットで人気のメーカー|レビューまとめ
  8. ワコム筆圧4096ペン対応|dynabook V8/V6 軽量&堅牢な2in1を…
  9. 自分のイラストをトレーディングカードにできる無料Webサービス【カードメーカーO…
  10. EVERING 価格 VISAが使えるスマートリング|EVERING (エブリング) 日本発売日に期待…

人気の記事 TOP5

PAGE TOP