WEB会議・リモートワークにおすすめのペンタブレット3機種|手書きで想いを伝える最強ツール

WEB会議やリモートワークの需要が急増。在宅ワークの必須アイテムとしてペンタブレットの活用に注目が集まっている。WEB会議やリモートワークで使えるおすすめのペンタブレットを厳選して3機種紹介する。ZOOMのホワイトボード機能で賢くペンタブレットを運用するための情報。

WEB会議・リモートワークにおすすめのペンタブレット

昨今リモートワークやWEB会議の需要が上がり続けている。ファイルの送信や共有は簡単にできるが、自分の考えている想いを直感的に伝えるのは簡単ではない。どんな環境でも良いコミュニケーションを保つことは仕事効率の鍵となる要素。そこで多くの企業に導入され始めているのがペンタブレットだ。

WEB会議ツールのZoomに搭載されているホワイトボード機能、Microsoft Excel Word,OneNoteで可能な手書きコメントなどペンタブレットの用途も増え続けている。

ということで、ペンタブレットの最新情報や使い方を発信しているPentablet.Club運営者としてペンタブレット導入を考えている方が感じる疑問や問題点に答えていく。

ペンタブレットのセットアップ・操作方法は難しい?

ペンタブレットのセットアップで必要になるステップは二つ。

  1. パソコンにペンタブレットのドライバをインストール
  2. USBケーブルをパソコンに接続

ペンタブレットのドライバはそれぞれのメーカーサイトからダウンロードできる。パソコン初心者でも簡単にセットアップできるはずだ。

ペンタブレットの操作方法は基本的にはマウスと同じ。下リンクの記事でも説明しているができる事はマウスと全く同じ。昔テレビで漫画家の蛭子さんが初めて使っているシーンが流れていたが、ものの5分で使い方を会得していた。ということである程度ご年配の方でもすぐに慣れる。むしろマウスよりも寄り直感的に操作できるのでハードルは低いかもしれない。

ペンタブレットの導入にかかる費用はいくらくらい?

必要になるのはペンタブレット本体のみ。価格はピンキリで一番簡単なもので3000円くらい、プロのイラストレーターが使うもので3万円くらいだ。

高いものと安いものの違いは何?簡単に説明すると違いはペンの追従性能やペン筆圧を感知するレベルが高いかどうかだ。WEB会議でのメモ書きが用途であれば一番簡単なレベルの3000円から5000円程度のもので十分だ。

ペンタブレットの有名なメーカーはどこ?

日本製で最も有名、というか唯一のメーカーはワコム。現在のプロのイラストレーターのシェアのほぼ100%を占めているのではないだろうか。プロ向けの本格的なものからコンシューマー向けの安い価格帯のものも販売している。とはいえ値段はやはり高くなる。

そのほかの選択肢に上がってくるのは全て中国のメーカー。XP-EPN、HUION、Artisulなどなど。中国製の電化製品は安いだけで壊れやすい、性能が低いというのはもう昔の話。これらのメーカーのペンタブレットはどれも高いレベルのペンタブレットを手を出しやすい価格で提供している。

ということで現時点でWEB会議やメモ書きなどの用途におすすめのペンタブレットがこちら。

メモ書きなど簡単な用途におすすめのペンタブレット

XP-PEN StarG640

XP-PEN_ペンタブレット

価格 4000円
描画範囲 16cm×10cm
筆圧レベル 8192レベル

XP-PENの最もコンパクトなサイズのペンタブレット。価格も安いので手を出しやすい。簡単なメモやサインが用途であれば十分なサイズだ。

HUION H950P

HUION H950P 設置

HUION H950P おすすめの理由

値段 6,000円
読取可能サイズ 221×138mm
筆圧レベル 8192レベル
スマホ対応 対応
  • 最高の筆圧レベル。現時点で最高の筆圧8192レベルの確かな描き味。
  • 程よいサイズ感。1位のSでは小さすぎ、3位のLサイズでは大きすぎると感じる方におすすめ。
  • 電池レスペン。2位の製品との違いはペン。電池レスで充電不要の最新モデルを搭載している。

HUION製のペンタブ。実際に使用してみてのレビューと現在の最安値はこちらからご覧いただける。

 

ワコム Intuos Small

ワコム イントス

価格 8145円
描画範囲 15.2cm×9.5cm
筆圧レベル 4096レベル

最後に紹介するのはワコムのもの。作りの精巧さや書き味の良さは一番良いが価格帯も少し高い。

他に同じデザイン、同じ描画能力だがBluetoothでワイヤレス接続できるモデルのものも販売されている。なんとしてもワイヤレスのものがほしい方ならワコムIntuos一択となる。価格は14000円。

 

WEB会議におすすめのペンタブレット まとめ

今回紹介したのはXP-PENとワコムのペンタブレット。価格帯とサイズで整理すると、

XP-PEN Star G640 4000円 Sサイズ
XP-PEN Deco01 6000円 Mサイズ
ワコム Intuos 8145円 Sサイズ

これから長い期間、高頻度で使うならDeco 01かIntuosがおすすめだ。ただそれほど頻繁ではなくてサインやメモ書きで使う程度であればStar G640で十分。

自分の用途に合ったペンタブレットを見つける助けになれば幸いだ。


関連記事

  1. XP-PEN Artist22E

    XP-PEN液タブArtist22E開封レビュー|美しい液晶、沈み込みの浅いペンが特徴

  2. XP-PEN液タブの選び方ガイド+実機レビュー|絶対おすすめの厳選4台【2021年版】

  3. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇

  4. KAMVAS PRO20

    HUION GT−192 KAMVAS PRO 20 スペック徹底検証!傾き検知対応19.5型液タブ…

  5. intuos review

    【ワコムペンタブintuosを1年使ってみてのレビュー】初心者に超おすすめ!!使い方の説明

  6. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

  7. XP-PEN Artist15.6 Pro

    【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを動画でも検証

  8. HUION KAMVAS Pro 24 2020

    液タブのサイズ選びの悩みを2分で解決|人気のおすすめサイズは16インチ

最新記事

  1. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  2. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  3. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  4. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  5. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  6. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  7. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ

人気の記事 TOP10

PAGE TOP