【HUIONペンタブH950P開封レビュー】遂に電池レス筆圧8192ペン登場!

HUIONから発売の筆圧8192レベルペンタブINSPIROY H950Pを開封レビューでご紹介。電池レスペン付属ペンタブの描き心地、サイズ感、価格をまとめて説明。1万円程度で購入できるペンタブとして注目の製品だ。

HUION ペンタブレットINSPIROY H950P 販売価格

HUIONペンタブレットH950Pが販売開始された。主な特徴をまとめると、

  • 8.7×5.4インチ Mediumサイズ
  • 筆圧8192レベル電池レスペン搭載

現在のAmazonでの最安値はこちらからご覧いただける。2017年12月の時点で1万円を切る価格帯で販売されている。

ペンタブとして1万円は高いのか気になるところ。同等筆圧レベルのワコムのペンタブレットが約40,000円で販売されていることを考えるとかなり安い。コスパはかなり良い。もちろん安いだけで使えなければ意味がない。実際に使ってみての開封レビューでご紹介する。

HUION H950P 開封レビュー

HUION ペンタブ H950P

今回HUION様よりレビュー用としてお貸いただけた。梱包箱がこちら。HUION製品を幾つもレビューしているが梱包はどれもしっかりしている。ふたの裏側にスポンジが張り付けられていたりと細やかな配慮がされていて好印象だ。

梱包内容の一覧がこちら。

HUION ペンタブ H950P 梱包内容

  • H950Pペンタブ本体
  • 電池レスペン
  • ペンホルダー(ペン芯8本内蔵)
  • 日本語マニュアル
  • ドライバDLカード
  • 本体‐PC接続USBケーブル

ドライバDLカードという記載が分かりにくいかもしれないが、ドライバはCDROMの形で梱包はされておらずインターネットからダウンロードするようになる。そのURLを書いているCDドライブ型のカードが梱包されている。

梱包物の詳細スペックをそれぞれ検証していこう。

ペンタブ本体詳細スペック(INSPIROY H950P)

HUION ペンタブ H950P 本体

本体外形サイズ 320.8*188.8*8mm
描画可能範囲 221*138mm
本体重量 497g

本体サイズはHUIONのペンタブラインナップの中ではMediumサイズとなる。もう一回り小さいSmallサイズがH640P、大きいサイズがInspiroy Q11Kとなる。それぞれ開封レビューで紹介しているので製品名に張り付けられているリンクからご覧あれ。

実際に使ってみてのサイズ感がこちらだ。

HUION H950P レビュー

Smallサイズよりは余裕のあるサイズ感だ。それでいてデスクにおいてもそれほど邪魔にならない程よさ。ペンタブのサイズ選びに頭を悩ませる方も多いはず。まずは自分が絵を描くスタイルを理解してから選べばベストな選択ができる。大きく分けると2つのスタイル。

腕や肘を大きく動かして描くスタイルと、手首を使って手元で描くスタイルだ。こちらの機種はどちらかというと手首を使って手元で描くスタイルの方にお勧め。

ファンクションキー8個搭載

HUION H950P  ファンクションキー

本体左側にファンクションキーが8個搭載されている。左側と描いたがドライバのプロパティで180度回転させれば右側にも設定できる。左利きのユーザーにも対応している。ファンクションキー自体はクリック感のあるボタン。本体の素材は全面プラスチック。接続部分などの造りは精巧でチープな感じは全くない。

H950P 筆圧8192レベル付属ペン

HUION H950P ペン

筆圧レベル 8192
レポート率 233PPS
バッテリー 不要

HUION H950Pの最大の特徴がペン。現時点でペンタブ筆圧レベルの最高位が8192レベル。1万円という価格ながらHUION H950Pペンは筆圧8192に対応だ。さらにバッテリー不要。これまではワコム製品のみバッテリー不要ペンを搭載していたが、ワコム以外のペンタブにも搭載されるようになってきた。

ペンのグリップ部分はゴム素材。滑りにくく手にフィットする形状で持ち心地はなかなかだ。ペン芯の沈み込みは若干深め。

HUION H950P 筆圧ペンスタンド

上部画像のようにペン立ての中に替え芯が8本内蔵されている。しばらく使えそうだ。

HUION H950Pの描き心地

HUION H950P 使用感

実際描いてみてのレビュー。

筆圧感知8192レベル対応はさすが。繊細なタッチを読み取り線の太さに反映されていく。画像にも出ているが筆で描くように弱い筆圧で描くと線が細く、強くすると太くなる。非常にスムーズな変化で描き心地は非常に良い

ただこれまでずっとワコムのペンタブを使ってきたユーザーの場合はペン先の沈み込み方の変化に戸惑う可能性がある。ワコムとON荷重が若干異なることも理由の一つだ。ただ多くのユーザーがそうであるように数日使用していけば慣れるレベルだ。今回初めてのペンタブ購入であれば全く問題ないのでご安心を。

デスクにおいてのサイズ感がこちら。

HUION H950P ペンタブレット

キーボードと比べて大体のサイズ感をつかんでいただけるかと思うがそれほど場所を取らず良い感じだ。

HUION INSPIROY H950P は買いか

HUION H950P 筆圧ペン

実際に使用してみて、描き心地に関しては反応速度、筆圧感知ともに満足できるレベル。さらにバッテリーフリーペンの便利さもポイントだ。デザインに関しては本体の造りなどチープさは全く感じない。そして洗練されたデザインで非常に美しい!ということもない。シンプルで使いやすそうなデザインだ。

価格1万円程度で現在のペンタブ最高スペック仕様のペンタブを購入でき、コストパフォーマンスは非常に良い!

初めてのペンタブ使用の方はもちろん、これまでSmallサイズのペンタブを使っていてサイズに物足りなさを感じている筆圧8192レベルにスペックアップしたい、という方にお勧めのペンタブレットだ。

現在のAmazon、楽天、Yahooショッピングでの最安値はこちらからご覧いただけるのでまずはチェックを!

 


関連記事

  1. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  2. 【HUIONペンタブ1060Plus開封レビュー評価】書き心地は上質でコスパ良し

  3. 海外液タブをAmazonより安い値段で購入する方法|TomTopの販売価格を比較検証

  4. HUION Q11K 外梱包箱

    【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか…

  5. HUION GT-156HD V2

    HUION新型液タブ GT-156HD V2 発売決定|詳細スペックを先行発表!

  6. GT-156 V2 デザイン

    【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

  7. huion gt-220

    【HUION】GT-220の価格・レビューを専門家が徹底検証!ワコム以外はダメ?

  8. HUION KAMVAS Pro13 pen

    HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  2. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  3. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  4. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  5. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…
  6. 【ワコム液タブ 2018年末特別セール情報】Cintiq Pro13が64,80…
  7. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種
  8. KAMVAS PRO20 HUION GT−192 KAMVAS PRO 20 スペック徹底検証!傾き検知…
  9. 【2018年版iPad Pro 12.9とSurface Pro 6】徹底比較し…
  10. iPad Pro 12.9 第3世代・2018年モデル おすすめケース厳選5モデ…

人気の記事 TOP5

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro
  2. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP