プロペン2の性能・形状を前機種ペンと徹底比較|筆圧8192レベルの描き味

ワコムからCintiq Pro,Intuos Proの新製品が販売された。それに伴い新しいプロペン2が販売されている。プロペン2の性能、形状を前機種のプロペンと比較。新しいペンへの移行はスムーズにできるのか検証。

プロペン2の描画能力

intuos-pro-pen

intuos-pro-pen-siyou

まずはCintiq Proのペン入力仕様一覧を見てみよう。

前機種プロペン プロペン2
読取方式 電磁誘導方式 電磁誘導方式
読取分解能 最高0.005mm 最高0.005mm
読取精度 ±0.5mm ±0.5mm
読取可能高さ 5mm 5mm
傾き検出レベル ±60レベル ±60レベル
筆圧レベル 2047レベル 8192レベル

前機種のプロペンとの違いは一点。筆圧レベルだ。そのほかの読取分解能、読取精度、読取可能高さ、傾き検出レベルはすべて同じ数値となっている。ちなみに8192レベルで実際に書いた線がこちら。Photoshopで簡単に書いただけだが確かに書き味はスムーズで太さの変化がきめ細やかだ。

プロペン2で書いた線

筆圧8192レベルの実力はぜひ一度体験してほしい。

プロペン2も引き続き電池不要の電磁誘導方式だ。筆圧以外はすべて同じと考えてよさそうだ。さらに気になるのが形状だ。

 

プロペン2と全機種プロペンの形状の違い

ペンの太さの違いはシビアに判断したい。これまで使っていたペンと太さが変わると作業環境が一変するからだ。前機種のプロペンとそのもう一つ前のグリップペンでは太さが少し異なっていた。その変化に初めは戸惑いを感じた方もいらっしゃるはずだ。

今回はどうだろうか。実際に新旧のペンを並べて形状の違いを見てみよう。

ペン太さ:同じ

プロペン2比較

写真で分かるようにペンの太さは同じだ。新プロペン2はリングが銀色の方だ。ペンサイドスイッチの位置、大きさも同じだ。

ペン長さ:同じ

IMG_1162

長さも変化なし。ちなみに写真の後ろはintuosだ。

つまり新しいプロペン2の形状は全機種と全く同じということだ。なのでこれまでのプロペンで慣れている方も問題なく移行することができるはずだ。これはこれまでのワコムユーザーにとってはうれしいポイントだろう。

 

プロペン2は前Intuos Pro、Cintiq Pro以前の製品でも使えるか

ワコムサポートではプロペン2は新しいセンサーを搭載しているペンのため以前のペンタブ、液タブでは使用できない、となっている。対応しているのはMobileStudio Pro、Cintiq Pro、2017年新Intuos Proでのみだ。

ちなみに新しいセンサーを搭載した製品は、以前のグリップペン、プロペンを使用できる。

簡単にだが新しいプロペン2の形状、仕様の変化について取り上げた。新しい筆圧8192レベルは必見だ。

 

 


関連記事

  1. ワコムストア楽天市場アウトレット情報|Cintiq24インチ、MobileStudio Pro13 …

  2. IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

  3. Windows10対応のワコムペンタブレット一覧

  4. Cintiq Pro 16

    【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての実機検証

  5. 【Wacom Cintiq Pro 24】遂に発売開始!価格・詳細スペック徹底検証

  6. intuos-pro

    【Wacom Intuos Pro】仕様と価格徹底検証!2017年新製品ペンタブの実力

  7. wacom-link図式

    Wacom Linkの発売日・価格最新情報|Cintiq ProをMini Displayport・…

  8. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Amazon 2020年ウィンタークーポンセール開催!最大50%OFFのおすすめ…
  2. 2020年版おすすめモニター|仕事の長時間使用におすすめディスプレイ
  3. HUION HS610 レビュー 【HUIONペンタブ・液タブが試し書きできる店舗一覧】
  4. iPhone 9の価格情報|発売日はいつ?Appleらしくないコスパ最高の理由
  5. EIZO 2020年新型モニター 超おすすめのフレームレスモニターを検証【EIZO FlexScan EV2460…
  6. 2020年版ドッキングステーションのおすすめ|Surface,Macで失敗しない…
  7. LAVIE Tab E710のスペック・評判を徹底調査|レビュー高評価で期待のタ…
  8. 【Bnt-1013w】Bluedot 2020年新型10.1インチタブレット評判…
  9. 【iPad Pro 12.9 (2018)おすすめケース&レビュー】色々使ってみ…
  10. 【Wacom Oneと中華液タブ徹底比較】4万円台で買えるワコム13.3型液タブ…

人気の記事 TOP5

  1. EIZO 2020年新型モニター

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムや海外製液タブ新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP