IntuosとIntuos Proの違いとは?価格と仕様を検証しての選び方ガイド

ワコムのペンタブを選ぼうと思うけどどれがいいのかわからない。IntuosとIntuos Proの二種類があって価格も結構違うけど実際にどんな違いある?比較検討のための一覧表も併せてご紹介する。新しく発売されたIntuos Proの価格情報も。

IntuoとIntuos PRO 仕様比較一覧

比較項目の一覧表がこちらだ。ちなみにIntuos Proは2017年1月に販売開始される新製品だ。

Intuos

(型番号:CTH490 CTH690)

Intuos PRO

(型番号:PTH660 PTH680)

ペンで反応がある範囲 Sサイズ 152.0×95.0mm

Mサイズ 216.0×135.0mm

Mサイズ 224 x 148 mm

Lサイズ311 x 216mm

読み取り精度 ±0.5mm ±0.25mm(ペン)
筆圧レベル 1024レベル 8192レベル
ファンクションキー数 Sサイズ  : 4個Mサイズ  : 4個 M、Lサイズ  : 8個
対応システム ■Windows® 7/8/8.1/10

■Mac OS X 10.8.5以降

■Windows7以降

■Mac OS X 10.10以降

付属ソフト あり(シリーズごとに異なる) なし

上記の表にあるように機能的にはPROの性能がIntuosの倍のものが多い。

例えば筆圧レベルこれはペン先を押し付けて筆圧を感知するレベルになるがこちらも倍。ブラシや筆で書いたときにより本当に書いているときに近い形で描画ができる!プロの方などにとっては大切なポイントになる。intuosが1024レベルなのに対してIntuos Proは8192レベルとなっている。

Intuos Proのペン

intuos-pro-pen

Intuosのペン

intuos pen

他に読み取り精度もIntuosPROがIntuosの倍の数値となっている。こちらはペンを移動した時に読み取ることができる精度になるので、数値が小さいということはそれだけ小さい動きも読み取って描画されることになる。PROはより自分の手の動きや力に敏感に反応して描くことができることになる。

対応OSも微妙に異なるので注意が必要だ。Intuosは最近のパソコンのみの対応。といってもWindows7からOK。IntuosProはMacOSの場合10.10からの対応になっている。ほかのOS,例えばLinuxやAndoridなどは動作保証外になっているから注意が必要!

付属ソフトウェア。Intuosには全て付属でペイントソフトが付いているのでこれだけですぐに始めることができる。逆にPROになってくると自分の好きなソフトウェアなどがすでにある場合が多いので付属ソフトは付いていない。IntuosProはあくまでプロ用なのでソフトは不要でしょ?ということだろう。逆にIntuosならClipStudioPaintProとかArtRageなどかなり本格的なソフトがついているのでパソコンにソフトが何も入っていない人でも安心して始められるだろう。

選び方の基準

用途

製品名にもなっているが、かなりざっくりと分けるとプロ用がIntuos Pro初心者用がIntuos

これから仕事などで利用する方ならIntuos Proを購入して後悔することはなさそう。初めての方でもこれから本格的にデジタルペイントを始めてみたいならIntuos Proを買って長く使っていくのがいいだろう。とくにIntuos Proは2017年1月に新発売された製品だ。これからしばらく最高スペックの機種として活躍してくれるだろう。

作業時間

大都市の家電量販店で実際に触って試すことができるが、ペンの持った感触など書いている感覚が全然異なるもの。

実際書いてみると。Intuos Proの方がよりスムーズに動かすことができてストレスなく書いていくことができる。ペン自体も高級万年筆と百円のボールペンくらいの差を感じさせる作りの違いがある。長時間利用する人なら間違いなくIntuos Proがオススメだ。

予算

もちろん予算も大切な部分だ。初めてペンタブを使い出して少し試してみたいという気持ちならIntuos Proの価格は少しハードルが高くなるだろう。その点Intuosなら一番安いタイプで1万円を切るので手軽に始められてかなりオススメ。

ファンクションキー

という板のサイドについているスイッチの数も異なる。ペイントソフトでキーボードショートカットキーを普段からたくさん使う方は多いほうがいいはずだ。たとえばCtrl+Cでコピー、Ctrl+ +ボタンで拡大、-ボタンで縮小といったショートカット。こういったキーを多く割り当てられるのがIntuosPro。Intuosの4個に対して倍の8個となっている。

Intuos Pro ファンクションキー:8個

intuos-pro-issiki

Intuosファンクションキー:4個

intuos-a.png

IntuosとIntuos Proの価格情報を比較

Intuosの価格最新激安情報はこちら!

intuos

  • IntuosDraw S : 9,180円
  • IntuosComic S : 13,824円
  • IntuosComic M : 21,384円

Amazonや楽天で購入したい方はこちらからご覧いただける。現在の価格がこちらだ。

Amazonで購入するならAmazonプライム(初回30日無料)に入っておくと良い。お急ぎ便(最速明日到着)のオプション料金が無料になるからだ。もちろんすぐに退会も可能。➡ Amazonプライム詳細はこちら

Intuos Proの価格情報はこちら!(2017年1月新発売)

intuos-pro

 

  • Intuos Pro M   : 42,984円
  • Intuos Pro L : 53,784円

Amazon、楽天の最新価格をこちらからご覧いただける。ワコムストアよりも数千円安くなっている場合が多い。

以上IntuosとIntuos Proの違いを説明した。ワコムのペンタブレットは大きく分けてこの二種類だけなので自分の用途や予算に合わせて選ぶとよいだろう。快適なペンタブレットライフを!

 


関連記事

  1. 液タブとは|ペンタブとどっちが良い?迷っている方に見て欲しい情報

  2. intuos proオーバーレイシート

    【ワコムIntuos Proオーバーレイシート】種類・違いを検証

  3. 【筆や写楽 ペンタブのレビュー評価まとめ】KUMADORI / SHIROTSUKIは買い?

  4. Wacom Intuos 2018年モデル発売開始!Bambooから買い替えをおすすめする理由

  5. Cintiq ProとMobileStudio Proの違い|分かりにくいワコムのラインナップを一覧…

  6. pentablet logo

    Pentablet.Club 14万PV達成(2017年6月)10万PV超えの区切りの記録

  7. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  8. 【ワコムCintiq27インチ】解像度と重さのレビュー|スタンドは一人で持てる?

最新記事

  1. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  2. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  3. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  4. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  5. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  6. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  7. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?

人気の記事 TOP10

  1. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー
PAGE TOP