【HUION】2020/11/11に液タブKamvas 12とKamvas 16(2021)を発表・スペックまとめ

HUIONから新しい液タブ Kamvas 11 / Kamvas 16 (2021)が発売されたのでスペックをまとめて紹介。特徴はどちらもフルラミネーションディスプレイで視差が改善されていること、新しいカラーが付け加えられたこと、ペン先の沈み込みが浅くなったことなどなど。詳細スペックと価格情報をまとめた。

HUION の2020年11月11日発表のNew液タブ Kamvas 12・Kamvas 16(2021)

2020年11月11日に発表されたHUIONの新しい液タブの最新情報をお伝えする。すでにHUIONの公式ストアでも詳細スペックが掲載されている。

2つの新製品の特徴をざっくりとまとめると、

  • 価格を抑えたコンシューマー向け液タブ
  • フルラミネーションディスプレイで視差を大幅改善
  • 沈み込みの少ない最新ペンPW517を付属
  • 新しいカラーバリエーション

液タブのポイントになる視差とペン先の沈み込みが改善されたモデルなので注目だ。それぞれのスペックと価格がこちら。

HUION Kamvas 12の価格・スペック

HUION KamvHUION Kamvas 11as 11

https://www.huion.com/参照

HUIONでこれまでなかった11.6インチサイズの液タブ。価格は現時点ではドル表記のみ。

  • $219(23,000円

スペックの一覧がこちら。

液晶 11.6インチ
解像度 1920*1080
フィルム アンチグレアフィルム
フルラミネーションディスプレイ
コントラストレート 1000:1
視野角 170度
色域 120%sRGB
ペン筆圧 8192レベル
傾き検知 ±60度
ペン読み取り高さ 10mm
エクスプレスキー 8個
インターフェイス USB-C
外径サイズ 330*197*11.8mm
重量 735g
スタンド 附属
本体カラー コスモブラック

スターフィッシュオレンジ

HUION Kamvas 16(2021)の価格・スペック

HUION Kamvas 16 2021

続いて15.6インチのKamvas16(2021)の価格とスペック一覧がこちら。

  • $399(42,000円)
液晶 15.6インチ
解像度 1920*1080
フィルム アンチグレアフィルム
フルラミネーションディスプレイ
コントラストレート 1000:1
視野角 178度
色域 120%sRGB
ペン筆圧 8192レベル
傾き検知 ±60度
ペン読み取り高さ 10mm
エクスプレスキー 10個
インターフェイス USB-C
外径サイズ 423*253*12mm
重量 1260g
スタンド 附属
本体カラー コスモブラック

ブルー

HUION Kamvas11とKamvas16(2021)の共通している特徴

視差が改善されたフルラミネーションディスプレイ

注目なのはやはりディスプレイがフルラミネーションディスプレイだということ。

これまではディスプレイガラスと描画部分の液晶の間に層があったのでペン先と描画位置の視差が大きくなる。フルラミネーションディスプレイはこの間の層がなく、直接ラミネートされているので視差が大幅に改善される。

ワコムの液タブでもコンシューマー向けのCintiq16などには採用されていない技術なので、この価格帯の液タブに使用されているのは大きなポイントだ。

沈み込みの少ない最新ペンを搭載

HUION Kamvas 11 pen

HUIONのこれまでのペンで良くも悪くも特徴となっていたのが、ペン先の沈み込みの深さ。ワコムの液タブと比較すると深いので描きにくさを感じているユーザーもいたようだ。逆にこの深さが好みというユーザーもいるので一概に悪いとは言えないけど最新ペンはこちらが改善されている。

実際に使ったこともあるけど、これまでのHUIONの沈み込みの半分程度浅くなっている。ほんの少しあったペン芯の揺らぎも無くなっていて、より安定した書き味となっている。

新しいカラーリングを採用

これまでの液タブは黒一辺倒だったけど、HUIONからついに他のカラーの製品が発表された。Kamvas11のオレンジとKamvas16(2021)のブルーだ。本体の背面にカラーリングが施されている。持ち運んで作業できるサイズ感なので、裏側を見る機会も多くなるはず。自分の好みで選べるのも嬉しいポイントだ。

現時点では日本のAamzonなどでは販売されていないが、今後価格や販売経路などが分かり次第このページでも更新していく予定だ。最新情報はTwitterでも同時に発信しているのでFollowを。


関連記事

  1. 【4.3万円 21.5型液タブ開封レビュー】業界最安価格の大型液タブ徹底検証!(Acepen AP-…

  2. Surface 2017年新製品

    Surface2017年新製品の特徴・価格を一覧表で整理|Surface Book vs Surfa…

  3. 【Parbloペンタブドライバダウンロード】セットアップ設定方法徹底紹介

  4. wacomrakutensale

    【格安速報】楽天ワコムストア【Outlet】75000円引きで販売中!モバイルできる液タブCinti…

  5. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  6. 【HUIONミニ型ペンタブInsprioy H430P開封レビュー】重量135gのミニペンタブだが筆…

  7. HUION Q11K 外梱包箱

    【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか…

  8. GT-156 V2 デザイン

    【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

最新記事

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW XP-PEN Deco Pro SW使用感レビュー|Bluetooth対応でiP…
  2. GAOMON ペンタブ M1220のレビュー|実際に使ってみての感想
  3. GAOMON PD1161 実機レビュー| 価格2万円を切る小型液タブの描き心地…
  4. Windowsでペンタブを使うとブルースクリーンになる不具合|解決策まとめ
  5. XP-PEN Artist 12 セカンド レビュー XP-PEN Artist 12セカンド発売!ワコム13インチ液タブと徹底比較
  6. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  7. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方

人気の記事 TOP10

  1. ペンタブレビュー XPPEN DECO PRO SW
PAGE TOP