サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ発売開始!USBから直接給電

サンコー株式会社から13.3型液タブミンタブモバイルが販売開始される。販売価格39,800円だが筆圧2048レベルペン付属、USBから直接給電などほか製品にはない使い勝手の良さを検証する。ミンタブモバイル13.3インチ液タブの詳細スペック情報。

サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ販売開始

サンコーから発売された13.3インチ液タブミンタブモバイル直販価格は39,800円と激安だ。ワコム以外の液タブのほとんどが中国、台湾のメーカー。数少ない日本メーカーから販売されている液タブだ。保証もサンコー1年間保証ということで高い安心感が特徴だ。ミンタブモバイルならではの機能スペックを中心に見てみよう。

ミンタブモバイル13.3型液タブ詳細スペック

液晶表示能力

液晶サイズ 13.3インチ
解像度 1920*1080
液晶方式 IPS方式
視野角 178°
色域 Adobe RGBカバー75%
最大輝度 250cd/m2
ショートカットキー 8個

液晶は13.3インチにフルHD解像度、IPS方式とワコムCintiq13にも引けを取らないスペック。表示に関しては現在の他の液タブと同等レベルを保っており高スペックといえそうだ。

本体サイドに8個のショートカットキー。デジタルペイントの効率を上げるための必須機能も備えている。

筆圧2048レベルペン付属

ペンの筆圧レベルは2048レベル。プロの方にも十分なレベルだ。ペンはワコムのものとは違い充電式。画像のようにペンのテール部分にUSBケーブルを使って充電するようになる。充電時間20分で連続使用時間60-80時間。ペン先はもちろん細くボールペンとほぼ同じ細さだ。

ただ傾き感知機能はないとのこと。ペンを傾けると太さが変わる機能だがワコム以外でこの機能を備えている液タブはないので大きな問題にはならない。

USB直接給電バスパワー駆動でモバイルにピッタリ

上部画像が付属品の一覧だ。お気づきの通りACアダプタ、電源ケーブルがない。ミンタブモバイル13.3型液タブはUSBから直接給電されるバスパワー駆動タイプだからだ。つまりパソコンとUSBで接続すればOKだということ。これにより外出先で使いたい場合でもノートパソコンと接続して電源ケーブルいらずというわけだ。

さらに本体外形サイズが360*225*14mm重量500gとかなりコンパクトなのも大きなポイント。13.3インチ液タブで500gは他に類を見ない軽さだ。製品名がミンタブモバイルとなっている通り快適に持ち運ぶためのポイントをしっかりと抑えている

スタンドは着脱式で画像で見る限りプラスチック素材なので軽そうだ。ただサイズを見てもそれほど頑丈ではなさそう。本体が500gと軽いこともあるが若干の不安定さは否めない。

ミンタブモバイルのPentablet.Club的評価

ミンタブモバイルを選ぶ理由を検証。まず大きなポイントは日本メーカー製品だということ。日本製液タブといえばワコムだがプロ仕様で価格は10万を超える。それ以外で手軽に購入できる価格帯の液タブとなる中華系メーカーしか選択肢がなかった。

もちろん中華系メーカーも技術的には問題ないし日本語サポートも受けられるので問題ないのだが、日本メーカー製品という安心感は高い。さらに4万円を切る価格でコスパの良さも大きなポイントだ。

さらにUSBからの直接給電で電源ケーブルが不要だということ、本体重量500のコンパクトさとモバイル時の快適さは他製品にはない強みだ。そして筆圧2048レベルフルHD液晶と本格的にデジタルペイントを楽しめるスペックも備えている。

格安価格なのでデザインや製品の造りのチープさは否めないが、初めての液タブ購入で10万を超える製品をいきなる購入するのはちょっと、と感じているユーザーにとってはちょうどよい価格帯、スペックとなっておりおすすめだ。

ちなみに13.3型ミンタブモバイルはサンコー直販サイトで販売中だ。22インチのものはAmazonなどでもご覧いただける。

ソース:http://www.thanko.jp/shopdetail/000000002959


関連記事

  1. XP-PEN Artist22 外観

    【XP-PEN液タブ】実力をプロが徹底検証|ワコムと比較して「買い」かどうかを考える

  2. UGEE液タブ22インチ=5.3万円|15.6インチ=3.5万円!送料込【GEARBEST SALE…

  3. HUION LOGO

    【HUION KAMVAS GT-191】筆圧8192対応液タブ|注目スペックまとめて紹介

  4. ugee19インチ

    ワコム以外の液タブは買い?Parblo CoastとUGEEの評価と価格を比較して考えてみる

  5. GAOMON 液タブ

    【GAOMON 液タブPD1560徹底検証】3.8万円業界最安15.6型液タブの実力

  6. 【4.3万円 21.5型液タブ開封レビュー】業界最安価格の大型液タブ徹底検証!(Acepen AP-…

  7. GAOMON 液タブ

    【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー

  8. 【BOOX Note徹底検証】ワコムペン搭載の電子ペーパーディスプレイ搭載タブレット

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Live2Dの無料版と有料版の違い|Live2Dは初心者におすすめ?に答えるペー…
  2. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色…
  3. 【比較】Surface Go 2とiPad miniはどっちが買い?二台持ちのメ…
  4. AirPods Studio(Appleヘッドホン)の発売日・価格最新情報
  5. 【2020年版】iPhone対応スマートリングのおすすめベスト4|Suicaも使…
  6. Lenovo Yoga Smart Tab レビュー評価をまとめて大人気の理由を…
  7. おすすめヘッドセット2020年版|最高のノイズキャンセリングで会議を快適に!
  8. Chuwi Aerobook CHUWI AeroBook 30%OFF!HUAWEI,LENOVOタブレット…
  9. 【悲報?朗報?】MacBookProの充電を左側USB-Cですると右側の場合より…
  10. Zoomホワイトボードに手書きで書き込む方法|WEB会議におすすめのペンタブ

人気の記事 TOP5

  1. Chuwi Aerobook
PAGE TOP