HUION Kamvas Pro 22 実機レビューでスペックと価格をチェック

HUION Kamvas pro液タブシリーズの21.5インチモデルをレビューで紹介。アンチグレアガラス搭載の液晶に加えて筆圧8192レベルバッテリーレスペンで最高の描き心地を実現するおすすめ液タブ。

HUION  Kamva Pro22開封レビュー

Kamvas proシリーズはHUIONが2020年発売しているプロシリーズの液タブ。Kamvas proシリーズの共通点は付属しているペンだ。

HUION KAMVAS Pro24 pencil

ペンのスペックがこちら。

  • 筆圧8192レベル
  • 傾き検知±60°
  • バッテリーレス

プロ仕様のペンで現在の最高位液タブであるWacom CintiqProシリーズと同じ筆圧レベル。傾き検知にも対応。

Kamvas Pro 22 液晶のサイズ感

液晶サイズは21.5インチ。液晶の上にA4サイズの紙を置くとこうなる。

ちなみに液晶15.6インチの液タブだとこうなる。

21.5インチサイズの大きさを実感できる。広いキャンパスを使って作業したい方におすすめしたい。21.5インチになると大きさもかなりのもの。もちろんスタンドも付属。

本体背面に付属のドライバーを使って装着する。付属品の一覧がこちら。

2本指グローブもおまけで付いている。液タブとパソコンを接続するためのインターフェイスがこちら。

パソコン側に必要なのはUSB-Aと映像出力ポート。映像ポートはHDMIとVGA、DisplayPortに対応している。

HUION  Kamvas Pro 22 描き味レビュー

実際に使ってみたが流石の筆圧8192レベル。微妙な力の強弱を読み取って繊細な描画が可能だ。21.5インチの描画範囲の広さはさすが。広い描画範囲を確保しながらもブラシプロパティ、ペンのメニューを開いてまだ余裕がある。液晶はアンチグレアガラス搭載なので明るい部屋でも顔の映り込みもない。写真にとっていても反射の少なさを実感できた。

現在のAmazonでの販売価格はこちらからご覧いただける。

 

 


関連記事

  1. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇

  2. HUION KAMVAS 22

    HUION液タブKamvas 22 実機レビュー|Kamvas 22Plusとの違いは?

  3. サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ発売開始!USBから直接給電

  4. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色ペンタブレット

  5. HUION最新ペンPW517の沈み込み検証動画|スペックアップのポイントまとめ

  6. XP-PEN Artist22 外観

    【XP-PEN液タブ】実力をプロが徹底検証|ワコムと比較して「買い」かどうかを考える

  7. Artist 22 second review

    XP-PEN Artist 22 セカンドのレビュー|安いのはアレが無いから

  8. 海外液タブをAmazonより安い値段で購入する方法|TomTopの販売価格を比較検証

最新記事

  1. yeediモップステーション 評価レビューをまとめて分かったこと
  2. お絵描き配信 オススメの方法 【お絵かき配信】おすすめの方法|Pixiv Sketch LIVEの使い方
  3. Oneplus nord ce セール OnePlus Nord CE と Xiaomi Mi 10T Liteを徹底比…
  4. XP-PEN Artist Pro 16 TP タッチ対応液タブ XP-PEN 15.6型液タブ Artist Pro 16TP|ワコム以外で初の…
  5. POCO F3 5Gの実機レビューまとめ|ハイスペックで格安ってどういうこと?
  6. ワコムストアでアウトレットセール開催!最大29%OFFで買えるチャンス
  7. 2021年 Amazonプライムデー 液タブセール 【2021年】Amazonプライムデーで買える液タブ・ペンタブまとめ

人気の記事 TOP10

  1. お絵描き配信 オススメの方法
PAGE TOP