HUION液晶タブレットGT-190|ワコム以外で一押しの製品SALE速報

GT-190液晶タブレットが安い!ワコム以外で特にオススメの液晶タブレットSALE速報。1万5千円OFF!HUION社のGT-190を狙っている人は今が安く買えるチャンスだ。GT-190の仕様もまとめて紹介。

 

液晶タブレットGT-190|SALE速報

GT-190kakaku

参照:http://so-bank.jp/

今発売以来最安値でAmazonで売り出されている。上表の青線がAmazonでの最安値価格。

11月後半に価格がぐっと下がっている。まさに今買い。狙い時の液晶タブレットだ。買うかどうか検討中の方は今手を打っておくのがオススメだ。実はHUIONのGT-190は人気が高いからだ。仕様をみてみよう。

 

GT-190|ワコム以外で人気の液晶タブレットの仕様

型番 GT-190
画像 gt190
液晶サイズ 19インチ
縦横費 16:10
解像度 1440×900
視野角 水平 170°,垂直 160°
最大輝度 250cd
筆圧レベル 2048
ペン反応速度 5ms
読取精度 0.12mm
読み取り速度 220RPS
映像ポート VGA/DVI
電源 電源100-240
外形寸法 452mm306mm60mm
重量 3.5kg
付属品 HUION液晶ペンタブレット
VGAケーブル
電源アダプタ
電源ケーブル
USBケーブル
ペンスタンド
充電式ペン用の充電ケーブル
充電式ペン(おまけ)
ペンタブレット、液晶タブレット用ブラック手袋(おまけ)

 

液晶サイズは19インチ。机に置いて作業するには十分なサイズだ。ワコムのラインナップが13インチ、22インチ、27インチの3種類となっているように、固定して使うスタンダードサイズが22インチ前後だということだ。液晶タブレットとしてスタンダードなサイズで快適に作業ができる。

gt190samu

操作性もワコムのものに引けを取らない。読み取り速度が220RPS。つまり毎秒220回読み取られかなり小さな動きも読み取られる。筆圧レベルも同サイズワコムDTH2200と同じ2048レベル。直感的で自然な描画を再現している。

 

ペンは充電式。USBで充電するようになるが重量は非常に軽い。充電後最高連続使用時間が800時間。ワコムのものは電池不要だが、こちらも電池が原因での不満は感じないだろう。

gt190siyou

映像ケーブル接続は2種類。VGAとDVIとなる。HDMIしかパソコンにない場合は映像変換ケーブルで対応できる。

GT-1901

スタンドで角度も可変。それほど屈強なスタンドではないが本体重量が液晶タブレットとしては軽めの5kgとなっているため問題ない。

GT-190stand

 

HUION今買いの液タブ速報

11月後半に一気に価格が下がっている。悩んでいたなら検討の価値ありだ。こちらからご覧ください。

正直19インチサイズの液晶タブレットが4万円ちょいで買えてしまうことは驚きだ。一昔前の中国電化製品とは違いスペックも一流。HUIONが第二のシャオミになれるのか今後も大注目のメーカーだと思う。

関連記事

  1. 中古の液タブを買う時の注意点は?価格の変動・最安値をグラフでチェック!

  2. 【ワコムCintiq27インチ】解像度と重さのレビュー|スタンドは一人で持てる?

  3. huion gt-220

    【HUION】GT-220の価格・レビューを専門家が徹底検証!ワコム以外はダメ?

  4. ノングレア液晶

    液晶タブレットとは?

  5. 【Artisul D13】液タブの実力・レビューをプロが検証|セットアップ方法は簡単か

  6. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  7. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック

  8. huion-gt-156hd

    【HUION液晶ペンタブレットGT-156HD徹底検証】気になる仕様一覧をメーカーが送ってくれた。あ…




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. これ ↑ 写真ではなく鉛筆画?!総再生1000万回間近|制作過程動画が2時間見れ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. HUION LOGO
  2. Cintiq Pro 16

最新記事 Choice10

  1. xiaomi mi6梱包箱 【xiaomi mi6実機レビュー】スペック・価格を検証|対応バンド一覧
  2. GPD Pocket 価格・スペックを検証|内ポケットに収まるWinPCは男のロ…
  3. Chuwi Lapbook ロゴ Chuwi実機レビュー|タブレット・ノートPCの実力をまとめて検証
  4. CLIP STUDIO TABMATE|専用左手デバイス2017年冬に販売開始
  5. HP Spectre x2 12.3インチ2in1|オトナのタブレットがかなりオ…
  6. Lenovo P8 タブレット 1.7万円|GearBest Tablet SA…
  7. ワコムCintiq Pro新製品|24・32インチ液タブの仕様を検証!発売日・価…
  8. Amazon Prime Day本日18時から|注目はAnkerモバイルバッテリ…
  9. HUION LOGO 【HUION KAMVAS GT-191】筆圧8192対応液タブ|注目スペックま…
  10. wacomrakutensale 【Intuos 3D SALE情報 4,000円OFF】ワコムストア楽天市場アウ…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP