【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円!

HUION液タブGT-156HDの新型が発売開始されたので実機レビューでご紹介。GT-156HD V2だ。15.6インチHUION液タブの実力をレビューする。筆圧8192レベルの描き味はどうか。現在セール開催中なだけに注目だ。

HUION 液タブGT-156HD V2価格情報|セール開催中

HUION GT-156HD V2の価格情報をまずはご紹介する。実はHUIONのラインナップの中で前機種の16.5インチは19.5インチのものよりも5千円ほど高かった。恐らく錐体デザインとケーブルの都合かと思われる。ただ、今回のGT-156HD V2はセールで非常に安い価格で販売されている。今年年末までのセール価格だ。

現在の価格は上部のリンクからご覧いただけるがセール開催中。現時点での価格は何と49,000円。現在19.5インチのAmazonでの販売価格が54,999円なのでHUIONの中で最も安い液タブということになる。

とにかく安く液タブを導入したいという方にとってはうれしい情報だ。当然安く手も使い物にならなければ話にならない。今回実機を開封して使ってみて買いかどうかを検証する。

HUION GT-156HD V2開封レビュー

今回開封するのは「GT-156HD V2」「V2」と製品名についている通り、GT-156HDのVer2、後継機となる。前機種との違いがいくつかあるのでご紹介していく。まず最大の注目ポイントは筆圧レベルが8192に向上していることだ。ということで、筆圧8192レベルの描き味を中心にレビューしていく。早速開封してみてみよう。

梱包箱がこちら。HUIONは他の中華メーカー液タブと違いしっかりとした化粧箱に梱包されており非常に厳重に包まれている。プレミアム感のある梱包だ。HUIONの製品は全体的に他メーカーよりも一歩抜きんでている印象。

GT-156 V2 梱包

HUION GT-156HD V2梱包内容

梱包物の一覧がこちら。

GT-156HD V2梱包物一覧
  • 液タブ本体
  • 充電式ペン(PE330)×2本
  • ペン芯x8
  • ペン芯抜きリング
  • ペンケース
  • ペン充電USB ケーブル
  • 3in1ケーブル
  • 電源アダプタ(電源差し込み口)
  • スタンド
  • ユーザーマニュアル
  • ドライバCD
  • クリーニングクロス
  • 手袋

HUION 液タブ GT-156HD V2使用感レビュー

実際に使用してみて感覚をお伝えしていこう。

筆圧8192レベル対応ペンHUION 液タブ GT-156HD 替え芯

まずは前機種との唯一の違いである筆圧8192レベル対応ペンを見てみよう。

筆圧 8192レベル
重量 16g
サイドスイッチ 2個

最大の特徴は筆圧レベルだ。現時点で最高スペックの8192レベルに対応。より繊細な線を描画できる。ペンは充電式だが重量は非常に軽く16g。実際に持ってみても非常に軽い。ペンの素材はグリップ部分も含め全体がプラスチック。つるつると滑りやすく感じるユーザーもいるかもしれない。ペンのサイズ感と詳細デザインがこちら。

HUION 液タブ GT-156HD ペン レビュー

HUION 液タブ GT-156HD ペン

万年筆的なデザイン。ワコムのプロペンよりも細い。よく使われるボールペンを一回り大きくした太さ。実際使ってみて番特徴的なのは軽さ。普通のボールペンよりも軽い。長時間使用しても疲れにくいデザインだ。ちなみに充電式だがペンが2本付属している。充電待ちのために作業が止まるということはなさそうだ。

液タブ本体の詳細スペック・デザイン

HUION 液タブ GT-156HD 外観

本体外形サイズは432×264×14.8㎜重量3.8kg。持ってみると結構な重さだ。15.6インチということで持ち運べるサイズだが、重量を考えると頻繁に持ち運んで使用するのは厳しそうだ。

液タブ本体の左側にファンクションキーが配されている。中央に指でなぞって操作するタッチバー、上下に合計14個のキー。上下の端にある円形のキーは上下左右と中央にそれぞれショート―カットキーを設定できる。

他の液タブの多くは単純に縦にボタンが並んでいる場合が多いが、GT-156HD V2は円形の上下左右に設定できるタイプだ。確かにこの形状の方が親指で操作するときにより直感的に素早く押せそうだ。戻る、進むなどはこの配置の方がわかりやすい。

更に中央のタッチバーによる精度が高まっている。前機種は8レベルだったが、今機種は24レベル。さらに繊細な操作で調節が可能となった。

実際にプロパティでの設定画面がこちら。それぞれにキーボードショートカットキーなどが設定できる。

HUION GT-156HD V2 プロパティ

ディスプレイ IPS方式 フルHD解像度

HUION 液タブ GT-156HD レビュー

液晶サイズ 15.6インチ
画面解像度 1920×1080
縦横比 16:9
対比度 1000:1
画面明るさ 220cd/m2
視野角 89度
色域 72%(NTSC)
表示可能色数 262k

解像度は他液タブと同じフルHDとスタンダードなスペック。15.6インチサイズなので実際に見ると非常に美しい。液晶方式はIPSで角度による見え方の変化はない。ほぼ真横から見ても色が変わることはない。そしてアンチグレアなので映り込みもない。

15.6インチのサイズ感だがディスプレイ描画可能領域にA4サイズの用紙を置くとこうなる。

横に置いて縦幅で1cmほどはみ出すがほぼ等倍で表示できるサイズだ。手首で描くスタイルの方であれば十分なサイズ感。

スタンド|スタイリッシュなデザイン

付属されているスタンドのデザインは非常にスタイリッシュでしっかりとした造り。ぐらつくことは全くなく8段階で調節が可能。ワコムCintiqのものよりも優秀なスタンドだ。

パソコンとの接続|ケーブル一本でOK

パソコンとの接続は非常にシンプルで3in1ケーブル一本でOKだ。液タブ本体型は上部の画像のように一本のみ。パソコン側に必要なのはUSBとHDMI出力ポートだ。液タブ本体側はMiniHDMIポートだが差し込み口が深めに設計されており不意に脱線しないように工夫が凝らされている。

HUION液タブの描き心地レビュー

実際にペンを使って描画してみてのレビュー。筆圧感知や反応速度、ペン先の沈み込み方は動画で見るのが一番分かりやすいかと思うのでこちらをご覧あれ。

反応速度は動画で見て分かる通り申し分ない。よほど早く動かさない限りストレスなく描画できる。筆圧感知8192レベルもさすがで、ヌルヌルと太さが変化してくれる。ペン先の沈み込みは深め。初めての液タブ使用であれば問題ないがこれまでワコム製品を使用していた場合は慣れるまで少し時間がかかるだろう。

ディスプレイの表示はフルHD解像度、ノングレアで非常に美しい。本体側で色合いを設定できるOSDメニューもあるのである程度の調整ができるのもポイントだ。

他メーカー(UGEE,GAOMON)の15.6インチ液タブと比べて感じるのは、錐体デザイン、造りの精巧さだ。スタンドや本体の細かいデザインも含めワコムのものにも引けを取らない質感だ。実際手に取って感じる部分だがはっきりわかる違いがHUIONにはある。

15.6インチサイズの液タブを探しているがワコムの15万円以上するCintiq Pro16インチ購入は難しいという方にお勧めしたい製品だ。現在のAmazonでの最安価格はこちらからご覧いただける。

 


関連記事

  1. 【おすすめの液タブBEST3】安い価格で賢く選ぶための情報まとめ

  2. おすすめ 液タブ

    【2018年初心者におすすめの液タブ】安い価格で買えるBEST5

  3. lenovo yoga book

    YOGA BOOK windows使用感レビューのまとめ|おすすめケース情報

  4. Windows10対応ワコム液晶タブレットを一覧でチェック

  5. UGEEペン沈み込み後

    【海外製液タブメーカーペン徹底比較】HUION・XP-PEN・UGEEペンの沈み込みを動画で比較検証…

  6. Dell Canvas 27の日本発売日・価格に期待|Cintiq27とSurfaceStudioの…

  7. HUION KAMVAS Pro13 pen

    HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】

  8. SurfaceStudioスペック・価格|日本での発売日決定!ワコムCintiq27とプロが比較




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen
  2. easeus

最新記事 Choice10

  1. Lenovo YOGA BOOK C930 Pen Lenovo Yoga Book C930 価格・発売日情報|筆圧ペン搭載デュア…
  2. easeus 【無料で使える復元ソフト EaseUS】評判の良さをレビューして徹底検証
  3. Lenovo TAB P10 価格は妥当?前機種との比較検証|おすすめケース情報…
  4. XP-PEN液タブArtist12 開封レビュー|初心者へおすすめ最安モデルだが…
  5. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  6. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  7. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  8. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  9. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  10. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP