【HUIONペンタブ1060Plus開封レビュー評価】書き心地は上質でコスパ良し

HUIONのペンタブレット1060Plusの実機レビュー。書き心地、ペン先の沈み込み、反応速度、サイズ感など気になるところをチェックして評価。価格は1万円少しと非常に安い。HUIONペンタブ1060Plusは買いか評価して徹底検証。

HUIONペンタブ1060Plus開封レビュー

今回開封レビューするのはHUIONのペンタブ1060Plus。HUIONの中では筆圧レベルやサイズなど上位機種にあたるペンタブレットだ。現時点でのAmazon最安値がこちら。

早速開封していこう。梱包箱がこちら。

HUION 梱包箱正面

開封するとThank Youカードが入っている。箱ふた内側にはスポンジがはっておりしっかりとした梱包。

HUION 梱包箱

HUION1060Plus梱包物

HUION1060Plusの梱包物がこちら。

HUION 1060 梱包物

  • ペンタブレット本体
  • ペン、ペン立て
  • ペン替え芯15本、ペン抜き
  • 本体-PC接続USBケーブル、ペン充電USBケーブル
  • 手袋
  • 日本語マニュアル(Win,MAC)
  • MicroSDカード8GB

ペン替え芯が15本どどーんと入っているのがうれしい。手袋は描画時に手と板が接触した時の滑りをよくするためのものだ。

1060Plusのサイズと使用時のサイズ感

HUION ペンタブ

1060Plusのサイズは1種類のみ。外形サイズは下記に書いているがワコムのIntuos Pro Mサイズと同等サイズだ。

外形サイズ 360*240*10mm
重量 770g

実際使ってみた際のサイズ感がこちらだ。実際使ってみるとかなり広め。手先だけではなく腕から大きく動かして書くスタイルの方も十分対応できる。

HUION ペンタブレット

本体裏側にはすべり止めゴムがついているからか机にビタッと接着している感じだ。

HUION1060Plls 背面

ペンタブ本体の細部

フイオン ペンタブ USB

パソコンとの接続は付属のUSBケーブル一本。そして本体サイドにファンクションスイッチが合計12個ついている。そしてこの製品のポイントがこちら。本体にMicroSDカードスロットがついている。そしてもともと8GBのカードも付属されているという太っ腹な仕様だ。

HUION 1060Plus ファンクションキー

USBケーブルでパソコンと接続すれば情報を保存できる。初めはこれ使うかな?と思ったが確かに用途はありそうだ。たとえば作業場所が複数あったり、複数台のパソコンで作業する場合がある。その場合USBメモリなどを携帯せずともこのメモリーカード付帯のペンタブへ保存しておけばこれ1台ですべて解決というわけだ。

HUION 1060Plus付属ペンの実力

付属ペンがこちらだ。オプションでペンのふた、ペン立てが付属している。ペンの描画能力がこちら。

ペン重量 14g
筆圧 2048レベル
読取精度 ±0.3mm
読取速度 233RPS
読取可能高さ 15mm

筆圧レベルは2048レベルとプロでも十分だ。反応速度なども問題なく使えるレベルとなっている。ペンは充電式だがペン自体は非常に軽く14g。実際使ってみるとワコムのIntuosと同じくらいに感じる。

HUION 1060 ペン

充電は付属のUSBケーブルを通してだ。ペンテール部分にUSBポート差し込み口があるのでそこにさせば充電できる。充電しながらの作業は難しそうだ。ただ充電2時間で450時間連続使用可能とのことなのでそうそう電池が無くなることはなさそうだ。

ペン、ペン芯は消耗品として買い替える必要が出る場合も多い。そうなった場合日本で購入できなければ買い替えとなり大きな痛手になるが、HUION製品は替えのペン、芯ともにAmazonで販売されているので安心だ。
ただペン、ペン芯ともにペンタブ用のものと液タブ用のもので対応しているものが異なるので購入の際は注意が必要だ。

実際使ってみての描き味

ペンの描き心地

HUION 1060Plusで書いた線

実際に書いてみるとまず感じたのが板表面の素材が非常に良いということ。ほど良い摩擦係数で描き味はかなり良い。Intuos Proと似た感覚だ。これは数値では表現できない感覚的な部分だが正直この価格でのこの質感に少し驚いたくらいの描き味の良さだった。ペンの反応速度、遅延などは全く感じないレベルだ。

気になるのはペン先の芯の沈み込み。0.5mmほどの沈み込みを確認できる。ワコムのIntuos Proにもペン芯の沈み込みがあるがそれよりも若干深く感じる。

実際使うとペン芯の沈み込みはあまり気にならなかった。もちろんワコムの製品と比べると沈み込みは深い。ただ上部でも書いているがいた表面の質感が非常に良いので総合して評価すると描き味は非常に上質な印象。

とにかくコスパが良い!

筆圧2048レベルなどの仕様数値上質な描き味でこの価格を実現しているのは驚き。同じサイズ仕様のワコムの製品と比べると3分の1ほどなのだ。これは安い。価格は安いが製品の細かなつくり、質感にもそれほど安っぽさはなくコスパの良さが特徴だ。

値段でいうと約3倍するワコムIntuos Proももちろん値段が高いだけの理由がある。ただ購入価格をできるだけ抑えて本格的なデジタルペイントを楽しみたい方におすすめのペンタブレットだ。

現在の最安値はこちらからご覧いただける。

 


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. amazon fire hd 8

最新記事 Choice10

  1. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  2. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  3. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  4. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  5. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  6. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…
  7. HUION KAMVAS Pro13 pen HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】
  8. LG Display sale お絵描きで使えそうなモニターがセール中【Amazonタイムセール祭り】
  9. Teclast F7 Notebook 【Teclast F7 Notebook レビュー】 激安中華ノートパソコンの実…
  10. 外付けSSDの選び方・おすすめBEST8|2018年に価格が安くなっている理由

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP