HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) / Kamvas Pro 16 Plus (4K)

HUIONから待望の4K解像度の液タブKamvas Pro 16(4K) / Kamvas Pro 16 Plus (4K)が発表された。HUION4K解像度液タブの主な特徴と、競合機種Wacom Cintiq Pro16と徹底比較。4Kディスプレイの魅力に迫る。

スペック&価格情報

HUIONは中国深センの液タブ、ペンタブを専門で開発製造販売しているメーカー。待望の4K対応液タブ、Kamvas Pro 16(4K) / Kamvas Pro 16 Plus (4K)の価格とスペックは以下の通り。(一部公式HP参照)

価格 99,999円 / Plus:約109,999円
本体サイズ 402.7 x 257.4 x 13mm
重量 1.27kg
液晶タイプ 4K IPS / Plus:4K QD LCD
ディスプレー解像度 15.6インチ 3840×2160(16: 9)
sRGB 120% / Plus:145%
デジタルペン PW517(筆圧感度8192、レベル角度:60°) 
対応OS Windows 7 or later
macOS 10.12 or later
Android(USB3.1 DP1.2)

Kamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)はどちらも4K。主な違いは液晶タイプとsRGB率。二つの価格差はおよそ10,000円だ。個人的な感想では、この価格差であればQD LCD採用のKamvas Pro 16 Plus (4K)の方がコスパが良いと感じた。

Kamvas Pro 16(4K)製品特徴まとめ

Kamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)をご紹介。

4Kディスプレイ

最大の特徴はやはりこの4Kディスプレイ。800万を超えるピクセルがたった15.6インチのディスプレイの中に収められている。4Kディスプレイであればクリエイターの脳内にあるもの、その細部、色の細かなトーン変化まで忠実に再現できる。

シンプルなミニマムデザイン

写真からもわかるようにKamvas Pro 16(4K)/Kamvas Pro 16 Plus (4K)ともにベゼルに物理ボタンがひとつもない。側面に小さな電源ボタインついているだけ、背面もオールアルミ合金ボディで余計なものが一切ない。かなり審美性を追求している印象。

ミニキーダイヤルKD100

ボタンが一切ない本体を補うようにKamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)にはミニキーダイヤルKD100(別売)がセットになっている。価格は日本円で5,999円。見た目は電卓のよう、プログラムできる18プレスキーに加えダイヤルコントローラーが搭載されている。ミニキーダイヤルKD100を使いこなすことによってさらに作業効率が高くなる。

Wacom Cintiq Pro16との比較

ここからはライバル商品となるであろうWacom Cintiq Pro16(4K)とKamvas Pro 16(4K)を比較してみる。

  Kamvas Pro 16(4K) Wacom Cintiq Pro16
価格 99,999円 /Plus:109,999円 184,800円
本体サイズ 402.7 x 257.4 x 13mm 410 x 265 x 17.5 mm
重量 1.27kg 1.5kg
液晶タイプ 4K IPS / Plus:4K QD LCD 4K IPS
ディスプレー解像度 15.6インチ 3840×2160(16: 9) 15.6型 3840×2160 (16:9)
色域 sRGB 120% / Plus:145% Adobe RGB カバー率90%(面積比94%)
コントラスト比 1000:1 / Plus:1200:1 1000:1
消費電力 15W以下 33W以下
デジタルペン PW517(筆圧感度8192、レベル角度:60°)  Wacom Pro Pen 2(筆圧感度8192、レベル角度:60°)
対応OS Windows 7 or later
macOS 10.12 or later
Android(USB3.1 DP1.2)
Windows 7以降(最新のSP適用)
Mac OS X 10.11以降

コントラスト比はKamvas Pro 16 Plus (4K)が一番

Kamvas Pro 16 (4K)とWacom Cintiq Pro16ではコントラスト比は変わらず1000:1。ただKamvas Pro 16 Plus (4K)では1200:1となりより鮮明な色彩を再現することができる。

価格はどちらもWacom Cintiq Pro16の40%以上OFF

最も大きな違いは価格。Kamvas Pro 16 (4K)はWacom Cintiq Pro16の約46%OFFの価格。Kamvas Pro 16 Plus (4K)に関しても約41%OFFとなっている。

この価格差は流石にHUIONのKamvas Proの圧勝という感じ。

消費電力はWacom Cintiq Pro16の半分以下

最後に消費電力について。4K動画はFHVに比べると2倍以上の電力を消費する。つまりかなりの電力を消費する4Kでは消費電力はだんだん無視できなくなる。Kamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)はWacom Cintiq Pro16の半分以下の15W以下。4K画像でありつつこの省エネ設計がありがたい。

4K液タブKamvas Pro 16(4K) まとめ

今回は新たに発表されたKamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)をリサーチした。

  • 4KのWacom Cintiq Pro16に比べて圧倒的コスパ
  • ミニマムスタイリッシュなデザイン
  • ミニキーダイヤルKD100を使えばさらに効率UP

筆者個人としては。買うならKamvas Pro 16 Plus (4K)で決まり!

液晶タイプ、色域、コントラストともに他の2つよりも格上。しかもそれでいてWacom Cintiq Pro16よりもはるかに安いというのが理由だ。この記事を参考に、新しい4K液タブKamvas Pro 16(4K)とKamvas Pro 16 Plus (4K)をい一度試してみることを是非おすすめしたい。

メーカーの販売ページはこちら

 


関連記事

  1. 【Parblo Mast13】2020年新型13.3インチ新型液タブのスペック・価格

  2. HUION最新ペンPW517の沈み込み検証動画|スペックアップのポイントまとめ

  3. HUION Kamvas Pro 16開封レビュー|ワコムの4分の1の価格で買えるけど実際使える?

  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた

  5. 液タブの絵を描く以外の使用例

    液タブの絵を描く以外の使用例一覧|Web講義やプレゼンで使うユーザーが激増

  6. XP-PEN Artist 16 Pro レビュー

    【XP-PEN Artist 16 Pro液タブ開封レビュー】プロ向け液タブ徹底検証

  7. Surface 2017年新製品

    Surface2017年新製品の特徴・価格を一覧表で整理|Surface Book vs Surfa…

  8. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色ペンタブレット

最新記事

  1. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  2. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  3. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  4. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  5. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  6. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  7. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ

人気の記事 TOP10

PAGE TOP