HUION KAMVAS Pro24 液タブの実機レビューで分かったこと

HUION2020年新発売の23.8インチ液晶ペンタブレットを実機レビュー。10万円を切る価格で購入できる大型液晶液タブだがバッテリーレス筆圧ペンの描き心地、視差、細かい文字を書いての反応速度などを検証した。書き心地を動画でも紹介している。中華大型液タブに興味のある方に参考にしてもらいたい記事。

HUION Kamvas  Pro 24|10万円で購入できる大型液タブ

HUION 24インチ 液タブ

HUIONから発売された23.8インチの大型液晶ペンタブレットKAMVAS  Pro24をレビューでご紹介する。まず最大の特徴といっていいのがコスパの良さ。発売開始の時点で、価格は約10万円。ちなみにWacom Cintiq Pro24の価格が26万。この価格帯を聞いて「中華製の液タブは安いだけで実際は使えないんでしょ。。。」と感じるかもしれない。

いやいや今はそうでもないのだ。ペン筆圧感知レベルはCintiqProと同じ8192レベル、画面解像度も2560×1440(QHD)と使用数値はワコムに引けを取らない。これから実機の画像もいていただけるが作りも精巧。一昔前の中華製品しか見ていない方にはぜひチェックしてもらいたい。

➡️現在の価格はHuion公式ストアでご覧いただける。

早速HUION Kamvas Pro 24の開封から使い出すまでをレビューでご紹介。

HUION Kamvas Pro24の開封レビュー

まずは梱包箱。可愛いデザインでいいね。しっかりと梱包されていて安っぽさは全く感じない。ちなみにHUIONは中国深センのメーカーだが、日本や韓国だけではあく欧米マーケットでも販売されている。

HUION KAMVAS Pro 24 konpoubako

続いて梱包されている製品を全て出してみた。

HUION KAMVAS Pro 24 konpouichiran

  • 液タブ本体
  • スタンド(スタンド取り付け用ドライバー)
  • バッテリーレスペン
  • ペン立て(ペン替え芯10本内臓)
  • HDMIケーブル
  • VGAケーブル
  • USBケーブル
  • 電源ケーブル、ACアダプター
  • 3本指グローブ
  • クリーンングクロス
  • クイックスタートガイド

ということでパソコンさえあればすぐに始められるようになっている。液タブ本体のサイズ感を見てみよう。

HUION KAMVAS Pro 24 2020

液晶サイズ 23.8インチ
解像度 2560×1440(QHD)
視野角 178度
アスペクト比 16:9
表示角 178°
表示色 1677万色

➡️現在の価格はHuion公式ストアでご覧いただける。

実際に設置すると液晶23.8インチの存在感はすごい。解像度もQHD2560×1440あり作業領域の広さに感動だ。視野角も178度ありに少し角度をつけて画面を見てもそれほど色の変化は感じなかった。

本体の裏側を見てみよう。

HUION KAMVAS Pro 24 uragawa

本体裏側にはスタンドを取り付けるためのねじ穴と排熱用の穴が空いている。スタンドは付属しているが、他メーカーのスタンドが取り付けられるように2種類のサイズに対応。

本体裏側から見て左側に電源ポート、映像ポートが付いている。

HUION KAMVAS Pro 24 interface

対応の映像ポートは、DisplayPort、HDMI、VGA。右端に見えるのがパソコンと接続するためのUSBポート。パソコンからの映像情報は映像ポートを通して、ペンの動きはUSBを通して液タブに伝わるようになっている。

本体に付属されている映像ポートはHDMIとVGAのみなので、パソコンにDisplayPortしかない場合は別途購入が必要だ。ちなみにHDMIポートだがパソコン側に必要なのはHDMI出力ポート。一体型PCなどではHDMI入力ポートしかない場合があるので事前にチェクしておこう。

HUION KAMVAS Pro24付属のペン

HUION KAMVAS Pro24 pencil

ペン筆圧レベル 8192レベル
傾き検知 あり 60度
読取可能高さ 10mm
読み取り精度 ±0.5(中央)

付属のペンは筆圧8192レベル対応。現時点の液タブ業界で最高位スペックとなっている。傾き検知にも対応しており高いペン追従性能も期待できる。

実際に持ってみるとこんな感じ。

HUION KAMVAS Pro24 pencil review

ペンのグリップにサイドスイッチが2つ付属。少し太めの設計で長時間の使用でも疲れにくくなっている。ペンのグリップ部分はゴム素材。こちらも安っぽさを感じることはない。

では実際に使ってみての描き心地、ペン先と描画位置の視差などを見ていこう

HUION 24インチ液タブの実際の描き心地

HUION KAMVAS Pro24 ekitabu

実際に書いてみて感じるのは、「画面でか!」というもの。当たり前だけど24インチクラスの液タブの作業領域の広さは半端ない。上の画面では一緒にTwitterを開いて画面の3分の2くらいしか使っていないがそれでもかなり大きなキャンパスを開けている。

A4の用紙を画面においたときの画像がこちら。

HUION KAMVAS Pro24 size

16インチの液タブと重ねてみるとこうなる。

HUION KAMVAS Pro24 16 hikaku

ということで画面はめっちゃ広い。普段24インチの液晶を使っているけど、液タブの24インチとは感じ方が全然違う。液タブだと画面に顔を近づけて描画するので大きさをダイレクトで感じるからだ。

Kamvas Pro24インチの視差

液タブで気になるのはやっぱり視差。液タブの構造上ペン先とディスプレイ内の描画される部分との間にディスプレイガラスがはさまるので多少の視差はどうしても生まれてしまうのだ。

まず実際に書いている姿勢の目線から撮った画像がこちら。

HUION KAMVAS Pro24 kakigokochi

こうしてみるとほぼ視差はないように見える。画面中央に書いているが、真上から見ると大きな示唆はない。

次に少し角度をつけてみてみる。顔を近づけて真横に近い角度から見るとこう見える。

HUION KAMVAS Pro24 review pen

こうしてみるとペン先から描画位置までの視差を確認できる。ペン先が浮いているように見えるが実際はディスプレイにペン先が接着している状態だ。

「わっ視差あるなー」と感じるかもしれないが、24インチの液タブとしては優秀だ。液晶が大きくなるとそれだけ視差も大きくなるのだが、HUION Kamvas Pro24はそこまで大きな視差を感じなかった。

ジッターのブレをチェック

ジッターとは液タブで線を引いた時に見られる「線の揺らぎ」のこと。一部の液タブでまっすぐ線を引いているのに線が波打って描画されるものがある。特にゆっくり線を斜めに引くと見られるものだ。こちらをチェックしてみた。

HUION KAMVAS Pro24 jitter

こういう形で定規を置いてゆっくり線を引いてみた。線の画像がこちら。

線を細く設定してゆっくり書いていくと若干だがジッターが見られるようだ。

HUION大型液タブ Kamvas  Pro24の実機レビュー動画

実際に使ってみての動画を見てみよう。Twitterで発信している。

ペンの追従性能や筆圧感知の様子を見ていただけるかと思う。追従性のはパソコンの処理性能にもよる部分だが Kamvas Pro24は十分使えるレベルだと感じた。特に細かい文字を早く書いている動画があるが、しっかりとペン先がついてきてストレスなく描画できたので非常に優秀だということだ。

HUION KAMVAS Pro 24

ということで実際に大型液タブHUION Kamvas Pro24を実機レビューでご紹介した。

  • 24インチ液晶、QHD解像度、最高位スペックのペンで描画できて価格10万円。

初めての液タブ購入ならここまで大きな液タブは必要ないかと思うが、これまで少し小さめの液タブを使っていて、大きな液晶のものも使ってみたい!という方にはぜひおすすめしたい。

全ての絵師が一度は夢見る20インチ以上の大型液タブが10万円ほどで手に入れられるようになった。一昔前なら20万円オーバーの製品しか選択肢がなかったわけなので、ユーザーとしてはうれしい限り!現在の価格はこちらからご覧いただける。

➡️現在の価格はHuion公式ストアでご覧いただける。

最後にスペックをまとめた一覧。

液晶サイズ 23.8インチ
解像度 2560×1440(QHD)
視野角 178度
アスペクト比 16:9
表示角 178°
表示色 1677万色
ペン筆圧レベル 8192レベル
傾き検知 あり 60度
読取可能高さ 10mm
読み取り精度 ±0.5(中央)
スタンド調整角度 20°〜80°
映像インターフェイス HDMI, DP, VGA
本体寸法 659 x 391 x 25mm


関連記事

  1. HUION GT-220内容物一覧

    HUION液タブGT-220開封レビュー|価格7万円以下に下がり買い時到来

  2. 【お絵かきタブレットPC】プロがおすすめする厳選5機種【2019年版】

  3. HUION LOGO

    【HUION KAMVAS GT-191】筆圧8192対応液タブ|注目スペックまとめて紹介

  4. HUION Q11K 外梱包箱

    【開封レビュー】HUION筆圧8192レベルペンタブの描き心地| Inspiroy Q11Kは買いか…

  5. 【Artisul D13】液タブの実力・レビューをプロが検証|セットアップ方法は簡単か

  6. XP-PEN Artist15.6 Pro

    【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを動画でも検証

  7. 【HUION液タブGT-221開封レビュー】待望の筆圧8192対応の最高スペック機種徹底検証

  8. サンコーミンタブモバイル13.3型液タブ発売開始!USBから直接給電

Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2020年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. おすすめロータイプゲーミングデスク|安いコスパ最強のベスト5【2020年版】
  2. 恵安(KEIAN)タブレットの評判をまとめて見る|KI-R10S、KIC104P…
  3. HUION Kamvas Pro 16開封レビュー|ワコムの4分の1の価格で買え…
  4. HUION 24インチ 液タブ HUION KAMVAS Pro24 液タブの実機レビューで分かったこと
  5. 【2020年おすすめの一体型PC】ゲーミングPCとして使える機種も紹介
  6. HUAWEI MatePad ProとiPad Pro 11インチを比較!ハイス…
  7. 【爆売れ確定】Lenovo IdeaPad Duet Chromebookの価格…
  8. 2019年度タブレット出荷台数|Appleが10年連続で一位!2020年はどうな…
  9. 2020年下半期にiPhoneを買い換えるとしたら何がいいのか考える記事
  10. XP-PEN24インチ液タブ(Artist 24Pro)が10万円切ってるぞ!ス…

人気の記事 TOP5

  1. HUION 24インチ 液タブ
PAGE TOP