【HUAWEI】ファーウェイMediaPad T3 8インチの発売日・価格情報|サクッと使えるエントリーモデル

ファーウェイ(HUAWEI)から新しくMediaPad T3 8インチが販売される。サクッと使えるアンドロイドタブレット2万円以下のモデル。HUAWEI製品ということで信頼度は高い。日本での発売日・価格詳細スペックを詳しくご紹介する。

【HUAWEI】ファーウェイMediaPad T3 8インチ|発売日・価格情報

huawei mediapad t3 8インチ

Huaweiから販売されるMediaPad T3 8インチ。ターゲットユーザーはサクッと液晶サイズが大きめのアンドロイドタブレットを使いたい方へ向けたエントリーモデルだ。日本での発売日、価格がこちら。(価格はNTT-Xストア情報)

Huawei MediaPad T3 8インチ 発売日 価格
Wi-Fiモデル 8月25日 16,497円
LTEモデル 19,413円

価格はどちらも2万円以下と格安アンドロイドタブレットの中でも非常に安い部類に入る。特にHUAWEIブランドでこの価格帯はうれしいポイントだ。詳しいスペックを見てみよう。

Huawei MediaPad T3 8インチ詳細スペック

huawei mediapad t3 8インチ 錐体

ディスプレイ・本体サイズ

MediaPad T3 8インチ 本体サイズ 211.07*124.65*7.95mm
本体重量 約350g
ディスプレイ 8インチ
画面解像度 WXGA1280*800
カラー スペースグレー

ディスプレイは8インチ。筆者も個人的に8インチのHonor Pad8インチを使用しているが程よいサイズ感だ。解像度は最近の中華タブレットとしては低めのWXGA。液晶サイズが8インチなので十分な数値で読書などでストレスを感じることはないだろう。この辺りはエントリーモデルなので割り切って選ぶ必要がある。

動作スピード

MediaPad T3 8インチ CPU Snapdragon425 クアッドコア
メモリ 2GB
保存容量 16GB
OS Android7.0

CPUはSnapdragon425だ。Antutuスコアは35,000点。普段使いには十分な数値だ。ただ重めのゲームはできないのでご注意を。通常の動画鑑賞、ネットサーフィン、メール、電話等での用途のユーザーへ向けた製品といえる。

メモリは2GBとこちらも低め。正直なところ心許ないが1万円台の8インチタブレットとしては妥当な仕様数値。エントリーモデルとして割り切って選ぶ必要がある。

搭載カメラ

huawei mediapad t3 8インチ デザイン

カメラは前面が200万画素、背面が500万画素とあまり期待できない解像度。ちょっとしたメモ代わりに取る分には十分だがiPhoneのように美しく取りたい方は選ばない方が良いだろう。

ネットワーク

ネットワークに関する数値は下記の通り。まずはWifi。Wifiモデルの方は5GHzにも対応している。

  • LTEモデル(KOB-L09): IEEE 802.11b/g/n@2.4GHz
  • Wi-Fiモデル(KOB-W09): IEEE 802.11 a/b/g/n@2.4GHz&5GHz

続いてLTEモデルのモバイル通信。

  • FDD-LTE : Band 1/3/5/7/8/19/20
  • TDD-LTE : Band 38/39/40/41
  • W-CDMA: Band 1/2/5/6/8/19
  • GSM : 850/900/1800/1900MHz

ちなみにSIMカードのサイズはnanoSimカードとなっている。

ファーウェイ MediaPad T3 8インチスペックを見てみてのまとめ

こちらの製品は冒頭で述べた通りサクッとAndroidタブレットを使用したいエントリーモデル。簡単な文書作成やメールチェック、ネットサーフィンであれば十分なスペックだ。ただ重めのゲームやアプリを使用するにはメモリやCPU等心許ないスペックとなっている。

ポイントはHuaweiメーカー製品だということ。中華タブレットメーカーの中では一番信頼できるメーカーなのデザインに安っぽさは感じない。Huaweiの製品はどれも実際に手に持ってみると錐体の美しさに驚くことが多い。手に取ってみると安っぽさにがっかりということは決してないだろう。

エントリーモデルとして動作スピードを割り切って選べる方にお勧めしたい8インチタブレットだ。

ソース:HUAWEIホームページ http://consumer.huawei.com/jp/tablets/features/mpt3-jp.htm


関連記事

  1. SONYデジタルペーパー【DPT-RP1】読みやすさと書きやすさを追求した13.3型電子ペーパー

  2. transbook mini t103

    ASUS TransBook Mini T103HAF|お絵かきでの使用は可能か検証

  3. BMAX Tablet

    BMAXとは|高コスパパソコンとタブレットの評判を検証

  4. 【スマートウォッチ開封レビュー】1.5万円 コスパ最強丸形フォーマルデザイン|X5 Plus Sma…

  5. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2万円!コスパ良し

  6. シャオミ スマートバンド(xiaomi Mi Band 5)を発売!14日充電不要で最高の睡眠計測|…

  7. マウスコンピューター2in1タブレット評判まとめ|買いか検証【WN892V2】

  8. 【ワコムペンが使えるWindowsタブレット】ドスパラ raytrektab 8インチの価格・スペッ…

最新記事

  1. XP-PEN ブルートゥースペンタブ Deco MW / Deco LW 比較レ…
  2. Artist 10 レビュー XP-PEN Artist 10 セカンド|実機レビューでサイズ感を徹底検証
  3. Ultenic D5sPRO Ultenic D5sPRO ロボット掃除機|1ヶ月毎日使ってみてのレビュー
  4. HUION 液タブレビュー Kamvas Pro 16 2.5 HUION QHD解像度液タブKamvas Pro 16(2.5K)レビュー|ワ…
  5. HUION 液タブ Kamvas Pro 13 2.5k レビュー HUION Kamvas Pro 13(2.5k) 開封レビュー|QHD解像度液…
  6. Tour Box Elite クリスタ TourBox Eliteをクリスタで使ってみたレビュー|左手デバイスの強みを実…
  7. Artist Pro TP samnail XP-PEN 4K タッチ対応液タブ Artist Pro 16TP を徹底比較…

人気の記事 TOP10

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP