ワコム技術を活かした2画面電子ペーパー楽譜専用液タブ2017年9月に販売開始

テラダ・ミュージック・スコア株式会社からワコムの技術を活かした2画面電子ペーパー楽譜専用端末が販売される。楽譜専用とのことだが液タブの技術が活かされた新製品は注目だ。

2画面電子ペーパー楽譜専用端末GVIDO|2017年9月20日販売開始

ワコムと共同開発されたスタイラスペンの使用が可能。見開きの2画面両方のペンでの書き込み、消去などの編集ができる。いわゆる液晶付きのタブレットだが音楽家の用途に特化して開発されているガジェットだ。

13.3型液晶

Mobius13.3型フレキシブル電子ペーパーを搭載しており、大型の2画面での閲覧、編集ができる。大型ながら薄型軽量設計となっており通常の楽譜とほぼ同サイズで使用できる。

PDF形式に対応

保存はPDF形式に対応しており、内臓メモリーあるいはマイクロSDカードスロットを通して楽譜を保存し持ち運ぶことができる。大量の電子楽譜をこれ一台で管理編集がができる。さらにWifi機能でGVIDクラウド不サービスと接続すればそこで楽譜の保存購入ができるようになる模様。

GVIDOアクセサリー|注目はフットスイッチ

楽譜のページをめくるためのガジェットだ。有線あるいは無線で本体と接続すれば足元のフットスイッチを踏めばページをめくることができる。

使用するユーザーは音楽家のみと限られそうだが、この分野での電子化に取り組んでいるメーカーはほぼなくブルーオーシャン状態だろう。液晶ペンタブレットの技術が進歩している。各方面にその技術が活かされ新しいガジェットが生まれているのはうれしいことだ。


関連記事

  1. おしゃれなデザインでおすすめのモバイルバッテリー【dodocool10000mAh】

  2. 曲面ディスプレイのメリットを抑えておすすめする厳選5台|価格情報

  3. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド

  4. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteXim QW-07)

  5. Bamboo Omniに自主回収のお知らせ!ペン入力検知機能に不具合

  6. イラストで使う左手デバイスの最終形態!!効率2倍に上げるプロのガジェット【Razer】左手用キーパッ…

  7. ワコムiPad Pro対応の筆圧2048スタイラスペン|Bamboo Sketchの実力

  8. 液タブの持ち運びにベストなカバンはどれ?ワコム液タブが入る最強カバンの選び方




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  2. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  3. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  4. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  5. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  6. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  7. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…
  8. raytrektab DG-D10IWP design 【Raytrektab 10】ワコムペン搭載 10インチWindowsタブレット…
  9. 【ワコム液タブ 2018年末特別セール情報】Cintiq Pro13が64,80…
  10. Amazonサイバーマンデーで安く買える液タブ厳選5機種

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP