液タブにおすすめの机|ベストな奥行き・高さは?値段別選び方

液タブにおすすめの机を紹介。液タブに使う机でベストな奥行き、高さを液タブサイズから検証。値段別でベストな選択をご紹介する。

液タブ、ペンタブにおすすめの机|奥行き、高さのベスト

パソコンデスク

液タブを購入してまず悩むのが配置。それぞれのスタイルにもよるがどこへ設置するかで作業効率がだいぶん変わってくる。その基礎になってくるのが机なわけだが必要なスペースがなければ話にならない。液タブを使うのにベストな机の奥行きはどのくらいなのか。まず液タブ、ペンタブの本体サイズを見てみよう。

液タブ本体サイズ 奥行き・高さ

液タブサイズ 本体サイズ 本体重量
13インチ 360 x 235 x 13.9 mm 1.1kg
22インチ 650(W)×400(D)×55mm(H)

(突起部、スタンド除く)

約8.5kg

スタンド付き

27インチ 820 x 510 x 390 mm

(液晶ディスプレイ上向きの場合)

約25 kg

スタンド付き

まず注目なのが製品本体の奥行きだが最大の27インチの場合製品の高さは510mmとなる。全くフラットで使用することはないかと思うが、それぞれどの程度の角度をつけて使用するかで幅が出てくるだろう。

実際に使用する場合はそれプラスモニター、キーボード等を置くスペースが必要になるので、一回り大きいデスクが必要になる。一番小さい13インチのものでも本体縦幅が235mmだ。

  • 机の広さでいうと奥行き最低でも60cm-80cmは欲しいところだ。

さらに注意が必要なのは製品本体重量。27インチの場合に限るが重量が25kgあるのでかなり屈強な机が必要。実際に描画するときには本体へ若干体重がかかるわけなので机へかかる負担はかなりなものだ。グラグラ揺れてしまっては作業できない。

  • 大きいサイズの液タブの場合、強度のある机が必要だ。

ペンタブ本体サイズ 奥行き

製品名 本体サイズ 本体重量
Intuos Small 210.0×169.2×10.7mm 約290g
Intuos Medium 275.0×217.2×10.7mm 約480g
Intuos Pro Small 320.1×207.8×11.5mm 約700g
Intuos Pro Medium 338 x 219 x 8 mm 約700g
Intuos Pro Large 430 x 287 x 8 mm 約1300g

ペンタブの場合パソコンのモニターの手前に設置するようになるので、本体サイズの縦幅プラスモニター、もしくはノートパソコンを置くスペースが必要になる。重量は軽いので問題ない。

  • 60cmのデスクで十分対応できそうだ。

 

液タブ、ペンタブでおすすめの机|値段別

液タブやペンタブで使用するのにおすすめの机を値段別でご紹介する。長時間使用することになるので少し値段をかけても快適に利用できるものがおすすめだ。

10万円クラス こだわりの高級デスクを探している方におすすめ

まずは10万円クラスの机。長時間作業をするプロの方、こだわりの机を探している方へご紹介。fantoniというイタリアの家具メーカーのデスク。

5万円クラス 高級デスクメーカーのおすすめラインナップ

こちらも上で紹介したのと同じfantoniの机。すこしお求めやすい値段だが高級感もあり長く使っていけるデザイン重視の方へおすすめのデスクだ。



3万円クラス  機能性、サイズ感が液タブにあっているおすすめデスク

こちらで重視しているポイントはこちら。

  • 日本製:Made in Japanの信頼性は高い
  • 机の強度:液タブ+パソコン+資料本を置ける強度
  • すっきりしたデザイン:ごちゃごちゃしていないデザイン
  • 資料やガジェットを整理できるチェストも欲しい

これら条件にあっていて3万円台の机がこちら。

PCデスクを専門で扱っているSHOPで販売されているワイドデスクだ。(パソコンデスク屋)

液タブで使えるデスク

本体のサイズ感がこちら。奥行きは750mmと十分。横幅は1800mmと広めだ。部屋の広さと相談になるが横幅が広すぎると感じる場合は他の幅サイズのデスクを選ぶと良いだろう。

液タブで使えそうな机

強度も問題なさそうだ。

デスクの厚み

デスクのサイド、手が届くところにコンセントもあるのでガジェットがどうしても増えてしまう液タブ環境にも対応できそう。3万円台でこの強度、サイズのデスクが購入できる。おすすめだ。

➡ この製品の詳細情報、販売価格ページはこちら。

1万円台 手軽に購入できるおすすめデスク

最後のご紹介するのが1万円台の机。奥行きサイズは60cmでペンタブや液タブでの使用に対応できるはずだ。こちらもパソコンデスク専門店からの情報。(パソコンデスク屋)
奥行きも十分だが、サイドに資料を収納できるスペース、足元にパソコンデスクトップ本体を置けるすぺーすがあったりと欲しいスペースがそろっているのが好印象だ。

ペンタブおすすめの机

ペンタブおすすめの机サイズ

サイズ感もなかなか良い。奥行きは60cm。お手軽な価格でパソコンデスクをお探しの方にお勧めの情報。
➡ 1万円台のおすすめパソコンデスク。詳細価格情報はこちら。

 

液タブでおすすめの机をいくつかご紹介した。長時間作業するなら快適なスペースで暮らしたいものだ。サイズをしっかりと確認して選んでより快適なペンタブライフを!


関連記事

  1. CLIP STUDIO TABMATE|専用左手デバイス2017年冬に販売開始

  2. ミニPC(小型PC)の選び方|性能・価格を比較してのおすすめ3機種【2017年版】

  3. 電子メモパッド開封レビュー|ブギーボードの半額で電池交換可のainol製LCD Writing Ta…

  4. ペン先極細

    【2017年版】ペン先極細スタイラスペンおすすめランキング

  5. wacom-link図式

    Wacom Linkの発売日・価格最新情報|Cintiq ProをMini Displayport・…

  6. SONYデジタルペーパー【DPT-RP1】読みやすさと書きやすさを追求した13.3型電子ペーパー

  7. pixivfactory-top

    Pixivファクトリーの評判|このサービスで得する人、損する人

  8. pro pen 3d

    Wacom Pro Pen 3Dを発売開始!Pro Pen 2との違い・特徴とは




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. GT-191 外観全体 【開封レビューHUION液タブGT-191】コスパ最強5.5万円|筆圧8192レ…
  2. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…
  3. 【HUION液タブの評価まとめ】ワコムと比べてどっちが買いか検証|スペックは意外…

人気の記事 TOP5

  1. GAOMON PD1560 ペン芯
  2. GT-156 V2 デザイン

最新記事 Choice10

  1. ASUS TransBook Mini T103発売日・価格情報|お手軽価格のS…
  2. 【OnePlus 5T SIMフリースマホセール情報】50台限定499ドル by…
  3. 【msiゲーミングノートパソコン】評判と選び方を検証してのおすすめ
  4. 【ASUS NovaGo】Snapdragon835搭載2in1PCに注目!発売…
  5. asus zenpad 3 8.0 レビュー高評価80%の理由を検証|カバーのお…
  6. HUAWEI MediaPad M3 lite 10 wp|防水機能搭載テレビが…
  7. ノイズキャンセリングヘッドホン開封レビュー|飛行機での使用におすすめ(LiteX…
  8. GT-156 V2 デザイン 【HUION液タブ GT-156HD V2開封レビュー】年内セール価格4.9万円…
  9. GAOMON PD1560 ペン芯 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  10. 【acer Spin 5】筆圧1024ペン対応 360°回転2in1PC|Ace…

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP