極細1.9mmスタイラスペン|iPadもAndroidも使えるおすすめがワコムから発売!でも、、

スタイラスペンで極細1.9mmが12月2日に販売される。iPad,iPhone,Androidで実用性のありそうなスタイラスがワコムからやっと発売開始だ。こういうのが欲しかった!価格・スペックを詳しく比較してみる。IpadPro9.7ユーザは必読の情報も。

スタイラスは極細が正義!

iPad,Androidでスタイラスペンはやはり必須。各メーカーから出ているが先が太いタイプのものばかり。しかし考えてほしい。文字を書いたり絵をかいたりするするペンはすべて先が細いのだ。

実際これまでiPad,iPadminiで色々なスタイラスを使ってきたがペン先が太いものは書きづらい。書き出しがどこになるのかが曖昧になるからだ。文章の中の文字と文字の間を選択したい時がある。そこでペン先が太いと自分の思ったところを選ぶのが毎回ストレスになる。

ペン先が細ければ狙ったところをすぐに選べる。スタイラスはペン先が極細が正義だ。

こんなユーザーの声にこたえるスタイラスがやっと販売開始する。ペンタブレットなどを開発しているデジタルペイント専門に携わっているワコムから本気のスタイラスが販売開始。詳しい仕様、価格を見てみよう。

極細1.9㎜のスタイラス|ワコムから発売開始

1

ワコムBamboo Omni

2016年12月2日に発売開始の製品だ。ワコムストアではすでに予約受付を開始している。いくつか特徴があるので見てみよう。

ペン先極細1.9mm

5

ペン先は1.9mm。細く、さらに耐久性もある仕様。写真を見れば分かるが普通のボールペンと変わらない太さだ。ペン先も見やすく、狙ったところから書き出せる現時点で最上位機種だ。

iPad、Android両方で使用可能

このペンで両方のOSに対応している。高機能なスタイラスペンはどちらかのOSでしか使えないものが圧倒的に多い。ワコムから出ているBambooFINELINE、IntuosCreativeStylus2などどれもどちらかのOSのみで利用できる仕様だった。BambooOmniの場合は両方のOSでも使える。わたしもそうだがiPadとAndroidの携帯を併用しているユーザーも多い。どちらも一本で対応できるのはうれしいポイントだ。

デバイスとのペアリングが不要

Bamboo Omniはペアリングが必要。Bluetoothでの接続ではないからだ。本体を回転させればそれで電源がONになり、すぐに書き出せる。ペン先がツイストで出てくる仕組み。必要になった時にワンタッチで使えてこそ利用価値がある。スタイラスペンの基本となる要素だが意外にここを抑えた極細ペンがなかった。

BambooOmniの外形

3

  • 外形:141mm×11mm
  • 重さ:17g
  • 駆動時間:18時間
  • 付属品:マイクロUSBケーブル、クイックスタートガイド

重量はかなり軽めだ。長時間の利用にも耐える仕様になっている。

色はホワイトとブラックの2種類。

 

ペン自体は三角形。エルゴノミクスデザインでさすがデジタルペイント老舗メーカーの持ちやすく疲れないデザインとなっている。

 

iPad,Android両方使える!が、

注意点が一つ。対応デバイスだ。Androiデバイスは問題ないが注意が必要なのはiPadユーザー。注意書きの対応デバイスにはこう出ている。

■ iPad:
12.9 インチ iPad Pro、iPad Air 2、iPad Air、iPad mini 4、iPad mini 3 、iPad mini 2、iPad mini、iPad (第 4 世代)、iPad (第 3 世代)
■ iPhone:
iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus
■ Android デバイス
※Bamboo Omni は 9.7 インチの iPad Pro に対応していません

※で書かれているようにiPad Pro9.7インチは使えない。12.9インチはOK,IpadAirもOK。だがIpadPro9.7のみが対応していない。数ある中でなぜなのだろう。残念。わたしはまさにiPadPro9.7ユーザー。はい、使えません。

BambooOmniは買い?

特徴であるペン先極細は非常に魅力的だ。さらにBluetooth接続が不要だというのも大きい。すぐに使いたいときにポケットから出して、Bluetooth接続して電源入れて、、ではスタイラスペンとしての用途を果たさないからだ。

この点Omniならペンを回転させてそのまま使う!というシンプルさ。これでこそスタイラスペンだ。この点でほかの製品と一線を画しており注目のペンだ。

筆圧は?

残念ながら筆圧感知はない。あくまでメモ用。ペイントで利用したいなら筆圧感知のあるペンがオススメだ。

メモのために直感的に使える極細ペンを探している。という人にとってはまさに理想的な仕様といえそうだ。

ワコムストアですでに予約受付中。詳しい情報はこちらから。予約すれば発売日に届けられる。毎日使うモバイル機器。1日も早く使い出したい。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。




Pentablet.Club編集部PICK UP !!



  1. xp-pen artist reviw 【XP-PEN Artist 15.6 開封徹底レビュー】爆売れの液タブ使い心地…
  2. GAOMON 液タブ 【GAOMON液タブPD1560開封レビュー】筆圧8192ペンの描き心地レビュー…
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

人気の記事 TOP5

  1. amazon fire hd 8

最新記事 Choice10

  1. 【HUAWEI MediaPad T5 価格・スペック】M5と比較検証してどっち…
  2. amazon fire hd 8 Amazon Fire HD 8(第8世代)Newモデルを発表|第7世代との違い…
  3. 【Amazonタイムセール祭りピックアップ】Adobe画像編集ソフト、ノートンセ…
  4. Intel製CPU型番の見方を3分で学ぶ|型番の調べ方から選び方まで徹底ガイド
  5. 【CHUWI Hi9 Air開封レビュー】10.1インチ2Kディスプレイ搭載で2…
  6. 【HUION液タブKamvas Pro13レビュー】初の傾き検知ペンの描き味徹底…
  7. HUION KAMVAS Pro13 pen HUION遂に!傾き検出搭載液タブを発売決定【KAMVAS Pro13】
  8. LG Display sale お絵描きで使えそうなモニターがセール中【Amazonタイムセール祭り】
  9. Teclast F7 Notebook 【Teclast F7 Notebook レビュー】 激安中華ノートパソコンの実…
  10. 外付けSSDの選び方・おすすめBEST8|2018年に価格が安くなっている理由

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP