エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決

エアコンを独自のAI機能で操作して温度以上の快適さを提供してくれるAmbi Climate 2をレビューで紹介。最近寝る時にエアコンをつけて寝るけど寒くなって起きてエアコンOFF、しばらく寝ていると暑くなって起きてエアコンONという悪循環を解決してくれておすすめ。

Ambi Climate 2とは

簡単に説明するとAIを活用したエアコンアクセサリ。エアコンの設定を調節する基準は温度のみだが、それに加えて湿度、日光、気象データ、ユーザーの代謝サイクルを基に分析して自動で調節してくれる。ほかにもiOSとAndroidデバイスで操作するので外出先でも操作できる。

どんな人に必要か

冒頭でも書いたがエアコンの温度設定と格闘している方におすすめ。暑くて寝苦しい夜にエアコンをつけて寝るけど、エアコンをつけると寒くなって起きてしまう方も多いはず。Ambi Climate 2を使いだしてこういったエアコンON/OFFの設定の悩みを解決してくれる。

ほかにも家でペットを飼っていてずっと部屋の温度を一定に保ちたい方にもおすすめ。エアコンの電源をつけたまま出掛ければいいのだがそれでも少し心配になる方も多い。外出先からでも部屋の温度を確認したりエアコンの設定を調整できるのは安心だ。スマホのアプリで動かすので極端な話海外旅行中でも家にいる時と同じ要領で操作できる強みがある。

Ambi Climate 2 の実機開封レビュー

早速梱包を開けてみてみよう。梱包箱はかわいらしくて好印象。

何やら製品梱包箱に簡単なマニュアルが書かれている。

というか暗号みたいになっているがセットアップの方法のようだ。

  1. 電源につないで本体電源ON
  2. スマホにAPPをいれてペアリング
  3. スマホで操作
  4. 快適空間

といった流れの模様。製品に梱包されているのがこちら。

本体のセットアップはいたってシンプルで電源につないで部屋のエアコンが直接見えて人が暮らしているところに設置するだけだ。少し大変なのがAmbi Climate 2とエアコンとのペアリング。スマホに専用アプリを入れてから操作する。

本体のサイズ感がこちら。

かなりコンパクトで片手に収まるくらいのサイズ感。そこの部分がウッドになっていて無駄なロゴなども一切省かれている。どんな部屋にもなじみそうなデザインだ。

Ambi Climate 2 アプリのセットアップ

まずはAmbi Climateのユーザー登録をしてログインする。

その後Ambi Climate 2と部屋のエアコンをペアリングする。基本的にスマホの指示に従ってしていけばOKなので機会が苦手な方でも大丈夫。

ここまでくればあと一歩。

これでエアコンから音がすればセットアップ完了。今回はかなりスムーズに進められたので約5分ほどで完了した。実際に操作していくが方法はかなりシンプル。

Ambi Climate 2 で調節

右下に見えるモードという部分をタップして、今部屋が暑いか寒いかを選択するだけ。

選択肢としては、

  • 暑すぎる
  • 暑い
  • 少し暑い
  • 快適
  • 少し寒い
  • 寒い
  • 寒すぎる

の7つ。少し前は日本語のアプリはここまで詳細に選択できなかったようだが今はアップデートされている。

Ambi Climate 2 実際に使ってみての感想

実際に使いだして2週間ほどたったので使用感を紹介する。

暑くて寝苦しい夜のリモコンとの戦いは終戦

もともと眠りが浅い体質で暑い夜は何度も夜中に起きてエアコンを調節していた。クーラーをつけると寒く、消すと暑くなるという悪循環に苦しんでいたが、使いだしてそれが解消された。これはいいぞ!

設定で使用履歴を見れるのだが、夜中に自動で1,2度単位で微調整がなされていた。これまで自分でしていた調整をAI機能でしてくれている。初日に使いだしてから数回暑い、寒いの設定を変えながら暮らしていると自動的に自分が快適に思う環境に調整してくれる。この機能はかなり優秀だ。

レビューを見ると特にここを実感するのは少し古めのエアコンを使っているユーザーのようだ。自分の使っているエアコンもそう。最新のエアコンはエアコン本体についている機能がもともと優秀なのかもしれない。

部屋以外で操作できるのも便利

設置しているのが寝室なのだが、そこへ行かなくても操作できるのがかなり便利だ。外出先でもそうなのだが、意外に使えるのが家の中にいても居間だったり書斎だったり別の部屋にいて、そろそろ寝る準備しようかなと思った時にスマホですぐにエアコンをONにできる。色々用事を済ませて寝室に入るころには快適な温度になっているわけだ。

ペットを飼っていたら便利!だと思う

実際ペットを飼ってないので、だと思う。という感想になるが、外出先から部屋の温度を確認できることに安心感を覚えるユーザーも多いはずだ。特にペットを家で飼っている方。一年中部屋の温度を一定に保っておく必要があるユーザーにはかなりおすすめ。

メーカーの説明ではエアコンのエネルギー消費が最大30%節約されるとのことなので、かなりの電気代の節約になりそうだ。確かにAmbi Climate 2で温度調整を細かくしていけば無駄なエアコンの使用を最小限に抑えられる。

これまでAI家電というものを使ったことがなかったのだが、いざ使いだすとやっぱり便利。エアコンの温度調整は正直AIを使わなくても簡単。温度を調整するだけのことだ。ただ簡単に思える動作をカットし、さらにこれまでよりも高い精度で更に快適な空間を提供してくれる。

ただ単にこれまでしていたことを自動でしてくれるだけではなく、さらに質の高い生活を提供してくれるAI機能搭載のおすすめ製品だ。

ということでご紹介したAmbi Climate 2の現在のAmazonの最安値はこちらからご覧いただける。

記事執筆時点での価格は 16,610円 だったが定期的に安くなっているようなので要チェックだ。


関連記事

  1. 中華ガジェット11月11日大セールを開催 by GearBest

  2. Chuwiノートパソコン・タブレットセール開催中|14.1インチ最安値37,000円 by Gear…

  3. 【7,700円スマホセール】5.5インチ3面ベゼルレス流行取り入れまくりスマホLEAGOO KIIC…

  4. TV BOX初心者にもオススメ|Khadas VIM2 Max TV Box|セール情報

  5. 【GearBestセール情報】9月秋の大セール║Xiaomi,Lenovo,GPD等対象製品に

  6. ZTE AXON 7SIMフリースマホ格安セール情報2.5万円と半額 by Gearbest

  7. 【Amazon2018サマークーポンで最大30%OFF】注目の製品まとめ

  8. 【4月23日開始 amazonタイムセール】液タブ・ペンタブ出品商品まとめ




Pentablet Club PICK UP!!

  1. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  2. HUION 液タブ BEST HUION液タブのおすすめ|全機種レビューして選ぶBest3【2019年版】
  3. Cintiq Pro 16 【ワコム液タブ開封レビュー】Cintiq Pro 16をワコムさんにお借りしての…

最新記事 Choice10

  1. 【中華ミニPC】おすすめ機種の実機レビュー(XCY X35 Mini PC Co…
  2. エアコンをAIで自動調整するAmbi Climate 2で暑くて寝苦しい夜を解決…
  3. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】
  4. Artisul D16 液タブ|実機レビューで描き心地をチェックしてみた
  5. HUAWEI MediaPad M5 lite 8 が売れている理由5つ【Med…
  6. HUION HS64 【スマホで使えるペンタブ】HUION HS610/HS64をAndroidタブレ…
  7. XP-PEN Artist15.6 Pro ペン ディスプレイ 【2019年版】XP-PEN 16インチ液タブ3機種のスペック・価格を徹底比較
  8. XP-PEN Artist15.6 Pro 【XP-PEN液タブArtist15.6 Pro実機レビュー】初の傾き検知ペンを…
  9. ワコム Cintiq16 【ワコム初心者向け液タブCintiq16】価格・スペック徹底検証!
  10. 【GearBest 液タブセール情報】HUION液タブ等が20%OFF!(201…

人気の記事 TOP5

About Us


Pentablet Clubはペンタブ、液タブを中心に最新のガジェットを紹介するメディア。ワコムの新製品の情報をどこよりも早く、詳しく紹介。記事更新情報はTwitterで配信中
PAGE TOP