【XP-PEN Innovator 16】2020年最新15.6インチ液タブの価格・スペックを1分で解説

XP-PENから新しい15.6インチタブレットInnovator 16が発売される。フルラミネートディスプレイかつ業界トップクラスの薄型タブレットであるInnovator 16を1分で理解できるように解説した記事。XP-PEN Innovator 16の発売日と価格、特徴、どんな人が”買い”かを徹底検証。

XP-PEN Innovator 16 発売日&価格

XP-PEN Innovator 16の発売日と価格。。

  • 発売日 2020年6月17日(アマゾン取り扱い開始日)
  • 価格  59,990円

16インチクラスの液晶タブレットとしてはまずまずの価格。スペック面でどのあたりががブラッシュアップされているのか中身を見てみよう。

XP-PEN Innovator 16の特徴|1分でわかる商品解説

ここからはXP-PEN Innovator 16の特徴をサクッとご紹介。一言でいえばXP-PEN Innovator 16は”持ち運びが便利なハイスペック液タブ”

XP-PEN Innovator 16の特徴①超薄型タブレット

XP-PEN Innovator 16最大の特徴は15.6インチの液晶タブレットとして業界トップクラスの薄さだ。わずか9㎜という圧倒的な薄さにより携帯性に優れた液タブとなっている。

一般的なタブレット並みの薄さなので、さっとカバンなどに入れて持ち運べる。アイデアが浮かんだ時に手元にあるInnovator 16ですぐ創作活動が出来るのも魅力の一つ。

XP-PEN Innovator 16の特徴②フルラミネート加工技術

XP-PEN Innovator 16にはフルラミネート加工技術が採用されているので視差(ペン先と液晶間のガラス部で生じる目視誤差)が最小限に抑えられている。

実際の紙に書いているかのように直感的に描くことができ、ペンを一度離してもつなげて線を描きやすい。デジタルイラストで定評のあるiPadなどでも採用されている技術だ。

XP-PEN Innovator 16の特徴③メカニックホイール&タッチパッド

XP-PEN Innovator 16にはメカニックホイールが搭載されていることに加えて、ホイールの中央部がタッチパッドになっているのも大きな特徴

ホイール部でキャンバスのズームイン&アウトまたブラシの微調整などができる。小さなモーションで操作ができるようになるので、視点を動かすことなく作画にも集中しやすい。

さらに各種アプリに対応した8つのショートカットキーを自分好みにカスタムできる。自分の理想のレイアウトで作業効率もUP。

XP-PEN Innovator 16の特徴④バッテリーフリースタイラスペン

XP-PEN Innovator 16は付属しているペンも特徴的。ペンのスペックは傾き検知角60°で筆圧感度は8192レベル。デジタルイラストを仕事にしている人でも申し分のないスペック。

さらに充電不要なのでバッテリー残量を気にすることなく思う存分描き続ける事ができる。

ちなみにスタイラスペンの替え芯8本を大切に保管できるペンホルダーもきちんとセットでついてくる。

XP-PEN Innovator 16の特徴⑤イラストアプリとの高い互換性

液タブを購入する時は、特定のアプリしか対応していないものもあるのでアプリの互換性は購入前に必ずチェックしておこう。こちらのXP-PEN Innovator 16はWindows® 10/8/7 および Mac OS X® 10.10 以降の代表的なデジタルアートソフトウェアほぼ全てに対応している”マルチ液タブ”

その他、ポータブルスタンドや3in1USBケーブルなどもセットになって6万円を切る価格。購入後1年間のメーカー保証がついているのもありがたい。

XP-PEN Innovator 16が買いなのはこんな人

今回のXP-PEN Innovator 16徹底検証の結果、XP-PEN Innovator 16が買いなのはこんな人。

  • 始めて液タブでデジタルイラストに挑戦したい人
  • いつも携帯していろんな場所でイラストを描きたい人
  • スキルアップしても使い続けられるスペックが欲しい人
  • PC周りをすっきりさせたい人

今回発売されたこのXP-PEN Innovator 16は、液タブデビューする人のスターターセットともいえる充実したセット内容。価格だけを考えると同じ16インチサイズでもっと安価な液タブもある。ただし今回は価格だけでなくスペックも含めて比較することがポイント。

”液タブもいっぱいあって選べない!”という方、予算内であればこのXP-PEN Innovator 16買っておいてまず間違いない


関連記事

  1. 【開封レビュー】UGEE液タブHK1560の実力をプロが検証|最安価格情報!

  2. HUION KAMVAS 22Plus

    HUION Kamvas 22Plus 実機レビュー|使ってみてわかった製品の特徴

  3. 液タブ 価格・スペック一覧

    液タブ人気メーカーの最新全機種比較できる一覧(ワコム、HUION、XP-PEN)

  4. HUION ペンタブレット HS611 開封レビュー|音楽操作ボタンがついた異色ペンタブレット

  5. SurfaceStudioスペック・価格|日本での発売日決定!ワコムCintiq27とプロが比較

  6. 液タブの絵を描く以外の使用例

    液タブの絵を描く以外の使用例一覧|Web講義やプレゼンで使うユーザーが激増

  7. 【XP-PEN左手デバイスレビューまとめ】ショートカットリモートキーの使い方

  8. スマホで使えるペンタブ【XP-PEN Deco Pro 先行レビュー】

最新記事

  1. 2021年版 アクションカメラのおすすめの選び方|バイクで長時間使うならコレ!
  2. 日本ペンタブ市場でXP-PENのシェアが初の2桁に上昇
  3. HUION 遂に4K解像度の液タブを発表!Kamvas Pro 16(4K) /…
  4. xencelabsペンタブ発売開始!価格・スペックを徹底検証して分かったこと
  5. 【2021年版】iPadで使えるキーボードのおすすめ5選
  6. 【NEC LAVIE T11】11.5インチタブレットの評判
  7. iPad Pro 2021年モデルの発売日・スペック情報|噂のまとめ

人気の記事 TOP10

PAGE TOP